三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

その他

2万飛び飛び飛び8匹

件の水を抜く番組を観ました。 例によって魚の映像は楽しめますが、教養の感じられない構成は変わりありません。 特にひどかった箇所は、概してこんな感じでした。 どこぞの池ではブルーギルがわんさか獲れて、その数がざっと2万匹。 別種の魚も見つかったも…

コントは嫌いで漫才が好き

私はテレビを見て大笑いするのが趣味の一つで、お笑いが大好きです。 ただし、なぜかコントは嫌いで、漫才が好きです。 更に、コント紛いの漫才よりも、しゃべくり漫才が好きです。 先日のM-1グランプリは録画で観ました。 ネタ以外の部分には興味が無いので…

「感動を与えられるように」

スポーツ選手などが抱負として「感動を与えられるように」と発言するのをよく見かけます。 あまりに頻繁に耳にするので感覚が麻痺している気がしますが、この表現は、あまりにおこがましくていただけません。 「感動を与える」という表現は、感動させた側で…

ながら作業

私は学生時代、常に音楽を聴きながら、いや正確には歌を歌いながら勉強をしていました。 勉強机に座ると、目の前にはミニコンポが鎮座しています。 ただし歌っている曲は、何度も聴いて口が歌詞を完全に覚えているものばかりだったので、 歌う方には全く神経…

「重力と呼吸」

不覚にも、発売されたことに気づいていなかったミスチルの「重力と呼吸」。 早速聴いてみましたが、10曲中で大いに気に入ったのは「秋がくれた切符」のみ。 次いでまずまずなのは「Your Song」と「himawari」くらいでしょうか。 共に、タイトルが英語なのが…

どうした、アマゾン

アマゾンといえば、過去の買い物履歴に基づいて精力的にセールスをかけてくるもの。 ある意味、それを「信頼」して受け身で待っていたのですが、 ミスチルのアルバムが発売されているのを全く気付かずに吃驚しました。 調べてみると、2年くらい前にはシング…

頭痛再発

月曜日の早朝に始まった頭痛。 昨夜はようやく少し寝られて、今日の午前中は快調だったのでようやく振り切れたかと思ったのですが……。 昼からまさかの再発で、しかも痛みは一気に最大レベルへ。 このままだと今夜は寝られそうにありません。 今日の株価も細…

新内閣に対する野党の感想って、いったい誰得?

新しい内閣が発足した時、テレビでは判で押したように野党に感想を求めていますが、 あれは絶対やめた方がいいと思います。 その内閣を支持していても、不支持でも、不快極まりないです。 本当に誰得?という感じですが、一番の被害を被っているのは、コメン…

モンゴル料理デビュー

チンギス・ハーン、及びモンゴル帝国に興味を持って以来、モンゴル料理を食してみたくなっていましたが、 ついに先日、満を持してモンゴル料理店に行く機会を得ました。 店員さんは全員モンゴルの方で(日本語はかなり片言の方も)、 店内も丸いゲル仕様にな…

図書館で幽遊白書

私は普段、頻繁に図書館を利用しています。 株式投資や歴史、将棋の本がメインなのですが、最近はちょっと毛色の違ったものにも食指が。 貸し出しの手続きでカウンターを訪れると、 係の人の向こうに見える壁一面が、予約されている本の置き場所になっていま…

宴の跡

帰宅時に通る公園内のある特定の場所にて、 スマホを凝視しながら立ち尽くす不気味な集団を時々見かけることがあります。 日も落ちかけて薄暗い中に林立している人影は、なかなかの迫力。 ただ、何年か前の馬鹿騒ぎと比べると、その規模は格段に小さいですし…

原発推進派(前編)

私は原子力発電推進派です。 へそ曲がりな性格であるが故に、 右に倣えで原発に軽々に反対している(と私には見える)人に対する嫌悪感が多少なりとも作用していることは否めませんが、 それを差し引いても、原発推進賛成という意見に揺るぎはありません。 …

「家族同然」

私は、「家族同然」という言葉を聞く度に、とても不快な気分になります。 この表現は、一緒に暮らしている動物について形容する際によく使用されますが、 一見の印象とは対照的に、ひどく冷酷な逆説的表現です。 「私の両親は家族も同然」などと言う人がいる…

私は冷徹

先日、早朝5時頃に自転車を運転していたところ、 前方から原付バイクがかなりのスピードで向かってきました。 その原付バイクは、その危険に見えるスピードのまま右折して走り去ったのですが、 とても良識のある運転者とは思えず、時間帯からしても、飲酒し…

珠玉の名作「横山三国志」

現在、図書館で借りて、「横山三国志」を何十年ぶりかに復習しています。 実家にはコミックス全60巻が揃っているのですが、今は我慢してぼろぼろで汚い図書館本を。 公共のものを大切に扱えない精神には、すごく腹が立ちます。 さて、ネット上でも紹介されて…

自転車のサドル盗難禍

先日、自宅の駐輪場に停めていた自転車のサドルを盗まれました。 出かけようとして、サドルのない自転車を目の当たりにした時の不快感は、何とも言えないものです。 再犯されては敵わないので、サドルの裏側にチェーンを通せるような構造があるものを買おう…

プラチナ価格が衝撃の底割れ

昨日の記事に書きましたが、先日、プラチナ地金を売却しました。 santekigon.hatenablog.com 正確には8月6日だったのですが、その直後から、底値圏で横ばいになっているかに思えた価格が更に下落し始め、 今週には(もし売却していなかったら)含み損に転落…

9年半保有したプラチナ地金を売却

2009年1月に購入し、ずっと自宅で保管してきたプラチナの地金1kg分。 santekigon.hatenablog.com 当時はまだ株式投資を始めていなかったのですが、 今となっては、配当がつかないものに何百万円も拘束されているのは我慢ができません。 また、ガソリン自動車…

バカ親

先日、ベビーカーを押しながら、スマホを凝視して歩く母親を見かけました。 目線を一瞬たりともスマホから離すことなく、何十メートルも歩き続けています。 その親にして……という子供になる可能性が高いとは思いますが、 何の因果か、あんな母親から産まれて…

「時間稼ぎ」と「敬遠」

先日、サッカーの試合での時間稼ぎが話題になっていました。 私の印象では、この時間稼ぎに対する是非は半々か、あるいは是の方がやや多かった気がします。 この時間稼ぎ「戦術」の精神は、甲子園で星稜高校の松井秀喜選手に対して行われた5打席連続敬遠のそ…

「孤独のグルメ」

比較的最近になってからですが、「孤独のグルメ」がお気に入りです。 テレビ東京のグルメ系ドラマは、「侠飯」や「ワカコ酒」など、 ドラマというものをほとんど観ない私の好みに合う稀有な作品を連発しています。 「孤独のグルメ」は昨日までシーズン7を放…

歴史的な大茶番劇

昨日の急落を受けて、スイング用に松井証券で購入した積水ハウス (1928)ですが、 今日は、思ったよりも強く反発しました。 これはこれで嬉しいのですが、ちょっと反発の度合いが強く、 しばらくボラティリティが大きい状態が続くかもしれませんので、安全を…

カタカナ用語嫌い(ぎらい)

先日ニュースで「勤務間インターバル」という言葉を見ましたが、これは……。 どうしてもかっこつけてカタカナを使いたいとしても、「勤務インターバル」でいいでしょうに。 「インターバル」は、意味がほぼ浸透しているような気がしますが、それでも敢えての…

核開発施設の廃棄だとか、茶番はもういいよ

ボロボロの今期業績予想を出したルネサスイーストン (9996)が、マイナス9.07%と撃沈。 営業利益は横ばいなのに、諸理由によって利益は激減するそうです。 しばらく含み益状態を謳歌させてもらいましたが、含み損への回帰も視野に入ってきました。 優待目的の…

超保守的

行きつけのマックスバリュが、一週間くらいの臨時休業を経て新装開店したのですが、 私にはいい迷惑以外の何ものでもありません……。 変化を好まない「超保守派」の私にとっては、 商品の陳列がシャッフルされて、目当てのものを見つけるのに手間取る店内はス…

盛況なコメダにて、衣笠選手のエピソードを

先日、祝日の午前10時前にコメダ珈琲店に行きました。 優待のKOMECAを使って、「みそカツサンド」をテイクアウトしたのですが、 店内はかなり混んでいて、注文取りや会計などの処理が一部で追いつかず、 客を待たせる場面も多々見られました。 コメダにとっ…

ひふみんと長嶋茂雄さん

ひふみんこと加藤一二三九段と、長嶋茂雄さんは本質的に良く似ていると思います。 それぞれの専門分野での傑出した才能と実績、 そして良くも悪くも唯我独尊で、自分が世界の中心だと信じて疑わないその人間性。 そこには邪心は無くて純粋であることはわかる…

大満足のグランドフライ

ホームページの「キャンペーン」欄にも載っていませんが、 マクドナルドが「グランドフライ」を期間限定で販売しています。 ホームページのメニュー欄にはぬるっと載っていました。 Lサイズよりもかなり大きく、Lサイズでは全然物取りない私でも、かなりの満…

はしか?

2週間くらい前から体調が悪く、のどの痛みから始まって(さらさらの)鼻水に変わったのち、 咳と鼻水(ひくくらい黄色い)、痰の症状がずっと続いています。 折しも「はしか」の流行という報道があって、風邪のような症状は符合しているので気になりました。…

マイナス6,000円からスタートするギャンブル

カジノへの入場料が6,000円とは驚きです。 そもそも、入場料なんてものを払わなくてはいけないとは知りませんでした。 入場するだけでこんな大枚をはたかなくてはならないのであれば、 カジノによるギャンブル依存症云々という懸念は全く無用だという気がし…