三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

その他

池の水を抜き、低俗な番組を作る

最近話題になっている(らしい)「池の水を抜く」番組を観ました。 私は、幼い頃からザリガニやカエルやらを追いかけ回して育ちましたが、今でもその興味は全く薄れていません。 もし近所で池の水を抜くことになって、ボランティア参加者を募集していたら絶…

老眼?!

最近、目を10cmほどの至近距離に近づけると焦点が合わないことに気がつきました。 子供の頃から、読み書きの時には常に40-50cmくらいの距離をとっていましたので、 そもそも10cmという距離で物を凝視する機会はほとんどありませんでした。 なのでこの現象に…

印象操作する番組編集

昨日の続きですが、これも最近のNHKの再放送番組で、かなりお粗末な構成をしているものがありました。 責任者は懲罰ものだと思います。 私は古代エジプト文明にも興味がありますが、 問題の番組は、8年前に放送された「呪われたツタンカーメンと王妃」です。…

考古学の特集番組に、芸能人出演者は不要

以前にNHKで放送されたチンギス・ハーンの発掘調査の番組を再放送しないかなと思っていた矢先、 信じられないようなタイミングで先日再放送されました。 3年前の本放送も視聴してはいたのですが、当時はチンギス・ハーンにとりわけ興味があった訳ではなく、 …

自転車のチェーン外れ

先日、普段使いのママチャリのチェーンが外れてしまいました。 自転車のメンテナンスに精通しておきたいという願望は強いのですが、 いかんせん、そのための時間が取れないので、隠居するまでは無理そうです。 これまでにチェーンが外れた際には、自転車店に…

もはや「あっぱれ」としか言えねぇ

血眼で議員バッジのみを追い求めて、極厚塗り都知事にすがった旧民進党の亡者さん達。 寄りすがった効果が期待したほど見込めないとわかった途端、 すがすがしく反旗を翻して「極厚塗り都知事離れ」だそうです。 ここまで露骨な「議員バッジを手にいれるのに…

一日二食

私は、平日には夕食を食べないようにしています。 このパターンにして3-4年になると思いますが、肥満防止には極めて効果的です。 概して食欲には抗い難い性分なのですが、何も食べない状態で我慢する方がまだ簡単です。 少しでも食べるとそれが呼び水になっ…

緊張性頭痛持ち

私は結構ひどめの頭痛持ちです。 大人になってから発症したのですが、 ・後頭部から首筋、目の奥の鈍い痛み。 ・コーヒーや入浴で和らぐ傾向。 ・我慢して普通に生活出来る第一段階と、眠ることすらできず、強い吐き気も催す第二段階がある。 といった特徴が…

平和ボケから逃れられるか

「平和ボケ」ていられるのは幸せです。 現在のほとんどの日本人にとって、戦争や紛争は100%対岸の火事ですし、 その悲惨さなど想像すべくもなく、それが我が身に降りかかる可能性なんて微塵も考えていません。 もちろん、かくいう私も所詮、同じ穴のムジナだ…

政党政治のデメリット

普通、先進国は政党政治だと思いますが、 あらゆる政策をパッケージにして、投票先をひとつの政党に決めるのは難しいですし、 あまり納得のいくものではありません。 必然的に、政策の優先順位を自分の中で決め、最優先政策の方向性が一致する政党に投票する…

アマゾンの杜撰な梱包に辟易

アマゾンの梱包の方法に、非常に不満があります。 本を購入すると、A4サイズくらいで緩衝材付きの封筒に入って送られてきますが、 封筒のサイズが大きいため、中で本がかなり動きます。 漫画本は、実店舗の本屋のようにビニルで包まれている訳ではないので、…

アウフヘーベン?

極厚塗りの都知事氏、英語の次はドイツ語ですか。 本人はもちろん、彼女を支持している人も、これが「カッコイイ」と思っていると。 かっこつけが鼻につきすぎて、強烈な拒絶反応を禁じ得ませんので、私は彼女の党には投票しません。 泥舟の民進党からとっと…

だから私はひねくれもの

今週、有名なアイドル歌手が引退するというニュースが流れましたが、彼女が同い年であることを最近知りました。 巷では相当な人気があるようで、将棋界でも瀬川晶司五段が大ファンだとか。 ひねくれものの私はというと、昔から彼女の中に好ましい要素は全く…

電気自動車は本当にエコなのか

最近にわかに電気自動車が話題になり、 私のポートフォリオでもカワタ (6292)が関連銘柄に該当するらしく、株価が動意付いています。 ガソリン自動車より、電気自動車の方がエコであるとされていますが、 本当に二酸化炭素の排出量を厳密に比較した結論なの…

“Let It Be”

「変わり者」である私には、一般的に浸透している「見た目にこだわる価値観」がほとんど理解できません。 あるがままの状態を否定して、現状を変更したいと考える価値観が受け付けられないのですが、 たとえ表面的には自分の好きなように変更できたとしても…

差別思想考

アメリカでの人種差別騒動を報じるニュースを見ていて、 「白人至上主義」をオープンに標榜できる社会であることに改めて驚きました。 そういう存在を抹殺する自浄作用が働かないということは、残念ながらそういう社会だということです。 御丁寧にも、自らそ…

ヒアリ考

先日、テレビでヒアリについて紹介した番組を観ました。 これまでの報道をなんとなく聞いていた限りでは、刺された場合に被害が出るということで騒いでいるという印象でした。 これだと、20年くらい前に話題になったセアカゴケグモの時を思い出します。 その…

自転車

私の愛車はビアンキ社のカメレオン2(自転車)で、 公共交通機関はほとんど使わず、どこへでもこれで出かけていきます。 ただ、自転車に乗ることそのものを目的として外出することはありません。 あくまで目的地があった上で、そこに至るための移動手段とし…

一年で一番幸せな時期

夏が大好きな私は、梅雨明けした直後のこの時期が一年で一番好きです。 陽炎でゆらめくアスファルトも、 そこに夕立が降った後の独特な匂いも、 耳をつんざくようなクマゼミの鳴き声も、 全部うっとりとしてしまう至福の要素。 夕暮れに鳴くヒグラシの声も、…

ドヤ顔とワイズスペンディング

先日、私の嫌いな某都知事が、ドヤ顔で「ワイズスペンディング」と言っている映像をニュースで見ました。 「一般には馴染みの無い英語を使うとかっこいい」と考えている価値観がにじみ出たそのドヤ顔は、 見ているこちらが恥ずかしくなるほどでした。 明日、…

便潜血検査デビュー

私も齢四十を迎えることとなり、健康診断にて便潜血検査を受けることになりました。 以前にアメトーークで話題になっていたので、 便を一時的に受け止める紙みたいなものがセットに入っていると思っていたのですが、 いざキットを見てみると、袋に入っている…

趣味は探すものではない

どうやら、チンギスハーンを始めとしたモンゴル帝国の歴史にはまってしまいそうです。 三国志にのめり込んだ小学生時代の感情と興奮を彷彿とさせます。 もちろん当時とは異なる要因もあります。 モンゴル帝国の人名はカタカナなので、漢字だった三国志の時よ…

共謀罪法案考

「共謀罪法案」。 リスクのみを(過剰に?)あげつらって反対するのは如何なものかという印象を持っていますが、 その内容をしっかり理解している訳ではないので、先日の日経プラス10の特集を観ました。 日弁連としては反対の意思を示しているのにも関わらず…

同じ半島のムジナ?

韓国の新大統領は、正式な国際的約束事を反故にすることを公約に掲げていたそうです。 仮に、反日国民にへつらって票を稼ぐための選挙戦略としてぶちあげただけで、実行する気はないのだとすれば、 言動に信を置けないそのような人間をトップに戴く国とお付…

“uh-huh”と”you know”

私の現在の仕事では、英語を使用しなければならない場面が比較的多く、 日本人が学生時代から培ってきて得意としている「読み書き」の力は、かなり役に立っています。 一方、日本人の弱点である「会話」については、多分にもれず上級者とは言えません。 英語…

裏切りのサーカス

少し前に、「裏切りのサーカス」という映画をテレビで観ました。 映画は、ほとんど「パニックもの」か「ミステリー・サスペンス」しか見ないのですが、 映像を見てストーリーを把握するのが苦手なので、特に後者のジャンルの場合、 一度見た後でネット上の解…

中身のない軽薄な主張が飛び交う日

毎年この日は、自宅に居てもやかましい声が降りそそぐので迷惑極まりないです。 不毛な示威行動そのものも幼稚ですが、口角泡を飛ばしている内容もあまりにお粗末すぎます。 意見を主張するならするで、もっと説得力のある内容を喋ればいいものを、 口をつい…

ミスチルにツッコみ

私が高校生の頃、”Cross Road”がヒットしてMr. Childrenが有名になりました。 多分にもれず私もファンになり、20年以上が経ちます。 もちろん曲が好きなのですが、その詩にはツッコミどころがいくつかあるのです。 キン肉マンのように、愛すべきツッコミ箇所…

民度が低すぎる

私はヘソが強烈に曲がっていますが、 事件を伝えるニュースを見て、いつも思うことがあります。 他人に危害を及ぼすような凶悪な事件を報じる際、 周囲の人に取材して、容疑者のひととなりを紐解くのはまだわかります。 しかし、被害者のひととなりを紹介す…

今年の花粉症

今年の花粉の飛散量は、昨年の2倍だか3倍だかという触れ込みだったので不安がありましたが、 なんとかアレグラを一度も飲まずにやり過ごすことができました。 希望的観測ですが、体質が年々改善しているような気がしないでもないです。 舌下免疫療法が有効な…