三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

水カビ禍が継続中

8月にマドジョウに水カビ病が発生し、グリーンFリキッドで薬浴をしました。

 

santekigon.hatenablog.com

 

しかしその後、9月に入ってまたカビをまとったマドジョウを発見。

てっきり、前回と同じ個体に再発したのだと思ったのですが、後に別個体らしいと判明しました。

 

当初は再発だと思っていたので、1回目は3日間の薬浴でしたが、もう少し延長するつもりでした。

しかし、薬浴中に別個体だとわかったので、やはり今回も3日間に。

治療中は絶食になるのが、どうしても心配です。

 

そうして今回も3日間の薬浴を行い、見た感じは症状もおさまったように見えたので、60cm水槽に戻りました。

が、その数日後、同じ個体のエラ付近にほんのり白い異物がついているような気が。

その後、ほとんど目立たなくなったので、現在は様子見中です。

 

60cm水槽には、現在中層魚はカワムツ1匹とモツゴ1匹のみ。

総勢で10匹くらいいた時にはそうでもなかったのですが、

匹数が減ってくるとカワムツの縄張り意識が刺激されるのか、最後の1匹がかなり暴力的になっています。

先日はマドジョウをしつこくつつき回していて、その尾びれが赤くなっていました。

傷を負ってしまうと、傷口から水カビが生えるかもしれないので非常に危険です。

 

匹数が多いと水質が汚れがちですし、水槽の運営はなかなか難しいです。

飼育してみて、カワムツはかなり荒っぽい性格だということがわかりました。

互いに交雑するくらいの超近縁種であっても、オイカワの方は温厚なので全然違います。

今後は、中層魚としてはオイカワを選んでリクルートしようかなと思案中。

庭カエルの訃報

つい最近、庭の水瓶でカエルのご遺体を発見したのですが、

 

santekigon.hatenablog.com

 

それから程なくして、もう一つの水瓶でまたしてもご遺体を……。

こうなると、水瓶に入り込むのが偶然とは言えないので、早期発見できるように監視見回りを強化中。

また、庭で相当数のカエルが生活している可能性が高いということにもなりそうです。

 

そうこうしているうちに、ついに元気なカエル君にも遭遇しました。

 

 

大きさや柄からして、アマガエルではなさそうですが、

ちょっと調べた感じでは、何ガエルなのかよくわかりません。

 

うちの庭で複数のカエルが生活してくれているとして、

少し離れた森の中で育った個体が、皆でうちまで移動してきたとは考えにくい気がします。

うちの庭で生まれ育っているとすれば、オタマジャクシが住める環境はやはり睡蓮鉢しかありません。

 

なかなか時間が取れませんが、近いうちに睡蓮鉢の探索をやってみます。

何が出てくるか、とても楽しみ。

風呂場に仔ヤモリ君

先日、シャワーを浴びていたところ、

窓ガラスの向こう側に小さなヤモリのシルエットを発見しました。

こんなところにもいたのかと微笑ましく見守っていたのですが、

よくよく考えてみると、窓ガラスの向こう側には網戸があるので、

窓ガラスの外側に張り付いているということは、既に浴室内に入っています。

窓の構造上、ヤモリ君のところまで手が届かないので、どうしたものかと考えていたのですが、

水がかからないように気をつけてシャワーを終えるころになると、

うまい具合に浴室の天井に出てきました。

以前しつらえた「ムカデ保護器」を使って確保。

 

 

santekigon.hatenablog.com

 

5cmくらいの可愛らしい仔ヤモリ君でした。

今年は、ヤモリを見かけることが例年より多い気が。

子供の目撃も2回目なので、うちでの生活も順調な様子で何よりです。

昼食代は誰が

今日は、里見香奈女流五冠の棋士編入試験第2局。

第1局は落としてしまったので、今日は負けられません。

持ち時間は少なくなってきましたが、形勢はまだ互角のようです。

 

将棋の内容とは関係ありませんが、面白いシーンが。

午前中の昼食注文の際、里見女流五冠が御用聞きにきた職員の方に代金を支払おうとすると、

「必要ありません」みたいな応答をされたように見えました。

「第1局の時は支払ったんですけど」という里見女流五冠の声がマイクに拾われていましたが、

結局、支払いはしなくてよかったみたいです。

この直前、対戦相手の岡部四段の注文の際も同様な感じで支払いがなかった気がします。

更に、普段の対局ではありえないことなのですが、最後に記録係にも注文を訊いていました。

もちろん支払いはなし。

 

里見女流五冠の反応からして、事前にそのように決まっていた訳ではなさそうです。

なんとなくの予想ですが、立会人の飯野健二八段が対局室の3人にごちそうしたのかなと。

水槽の水換えがあり、昼前後は中継をみていないので、

もしかしたらその間に答え合わせがあったのかもしれませんが、正解がちょっと気になります。

気がつけば月末

いつの間にか、9月の権利日までもうあと4営業日。

狙っている9月権利の新規銘柄は一向に下がってきません。

それどころか、上場来高値圏……。

優待には長期保有条件もあるので、超高値ながら涙を飲んで100株だけ確保しておくべきか。

 

しかし、そんな株価にあっても配当利回りは4%半ばなので、現状でも立派な高配当と言えます。

優良銘柄の株価は長期的には右肩上がりなので、「思い立った時が買い時」な訳ですが、

逆張り族にはちょっと抵抗があって難しいです。

財布の紐を緩めるのは、「何とかショック」で投げ売りが乱れ飛んでいる時しかありません。

しかし、直近最後のショックは2020年3月。

もう2年半も無風ですか。

やる気が失せすぎて、3ヶ月ごとの四季報チェックもいつの間にか忘れていました。

テレビ東京の経済ニュースの録画もやめてしまいましたし。

 

やはり今は、アメリカの金利でしょうか。

 

santekigon.hatenablog.com

 

この調子でいけば、11月時点での金利もかなり期待できそう。

肩透かし

やや気合を入れて台風対策を準備していたのですが、

幸いにも、雨風ともに大したことはなかったようです。

雨が上がるのを待ちかねて自転車で出かけましたが、

歩道に落ちている木の枝や川の水位も、思っていたほどではありませんでした。

 

一方、昨朝から頭が変に痛んでいたので、あれは気圧の変化を察知していたのかもしれません。

いつもの頭痛ではなく、局所的・断続的にズキズキくる痛み。

悪化するかもと戦々恐々でしたが、慣れてきたのか、夕方くらいからおさまってきたので助かりました。

 

近づいている最中の雨風は瞬間的にそれなりのものでしたが、

その天候の中で、1羽で飛んでいるツバメを発見しました。

もう見納めの時期なので、渡りの群れに入りそびれたはぐれものかと心配になったのですが、

少し後に4-5羽になっていたので、少し安心。

「越冬ツバメ」という言葉はありますが、どう考えても、冬に食べ物(羽虫)は調達できないでしょうから、

東南アジアへ渡っていけなかったとしたら、ここではまず生き残れないと思います。

 

旅の途中で進行方向に台風が発生した場合には、気圧等で察知して避けることができるのでしょうか。

心配は尽きません。

来春に帰ってきた際の生存率は、如何ほどなものなのか……。

カナヘビとスリッパ

庭にたくさん住んでいるカナヘビ

同じ個体なのかどうかはわかりませんが、毎日一定の場所でよく見かけます。

 

面白いのは、庭履きとして置いてあるスリッパを気に入っている子。

わざわざ窓の下のまできて、スリッパの上に乗ってじっとしています。

 

 

おそらく、日向ぼっこで体温を上げているのだと思いますが、

わざわざスリッパに乗っているのが可愛らしいです。

一度は庭に出る際に踏んづけそうになり、それ以来、足を出す前の指差し確認が欠かせません。

 

ところで、人間が近づくと彼らは当然逃げていく訳ですが、

油断して逃げそびれた場合には、「下手に走り出さずにじっとしてやり過ごす」というのが防衛本能のようです。

こちらが一旦間合いに入ってしまうと、手を近づけても逃げません。

うかつにも間合いに入られてしまった以上、

向こう(私)が自分(カナヘビ)の存在に気付いていない可能性に賭けているのでしょうか。

確かに、下手に走り出すと目立つので、じっと動かずに、気づかれないか見失ってくれるのを期待する方が妥当な気がします。

こちらが調子に乗って手をどんどん近づけていっても逃げませんが、

指で口元をツンツン触ってみたところ、流石に逃げてしまいました。

 

先日、スリッパ置き場のあたりにサッと鳥影が走ったことがありました。

かなりリラックスしているので心配になりますが、

わざわざスリッパの上を好んでいるのは、自分の体色と似ているからかもしれません。