三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

伊藤匠叡王


スポンサードリンク

昨日行われた叡王戦第5局を伊藤匠七段が制し、新叡王となりました。

振り駒で先手番を取れず、中盤でリードを許しながらの逆転勝ちは見事です。

 

観る将にとっては、この対局の結果は非常に大きいと思います。

王者に立ちはだかるライバルとしての伊藤叡王の存在感が高まることで、

再びの八冠を目指す藤井七冠の対局をより一層楽しめますので。

 

特に、叡王戦では予選に参加することになるのが新鮮。

段位別予選は免除だと思いますが、

本戦トーナメントでは、年下の藤本五段との初対局を期待します。

 

その藤本五段が出場する五段戦トーナメントを見てみると、結構厳しめな顔ぶれで、

初戦が池永五段、勝ったら西田五段、その次は高田明浩五段が出てきそう。

五段というとやはり、指し盛りの若手だらけといった感じです。