読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

やっぱり、さようなら

モリト (9837)は、案外下げ渋りました。

寄り付き直後の安値では、ぎりぎり水面下に沈みましたが、

時間と共に回復してきましたので、やっぱりお別れすることにしました。

 

低すぎではないにしても、保持しておくほどの配当利回りではないですし、

売れるうちに買付余力の足しにしておこうということで。

相場の風向きが変わってしまったら、すぐに含み損になってしまいそうな気もします。

 

ネット上では、今回のモリトの対応が酷評されているのを散見しますが、

株主優待を廃止する手順としては、私は十分に誠意があるものだったと思っています。

 

もともと、10月と11月の権利確定銘柄を持っていませんでしたので、

1-3月は配当も優待も来ない「冬」の時期でした。

唯一、モリトが2月末に訪れるオアシスだった訳ですが、来年からはこれも無くなってしまいます。

雪融けは、3月末のキヤノン (7751)の配当までお預けということに……。

もともと嫌いな季節の冬とも重なっており、鬱々とした季節です。