読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

春の選抜甲子園考

野球

プロ野球のファンからは卒業した私ですが、高校野球はまだ興味を持ってみています。

昔は地方の県立高校を応援していましたが、

今は特定の高校を応援するという訳ではなく、セミプロの強豪校同士が共喰いする様を楽しんだり、

親近感の湧く草野球みたいなレベルのプレーに頬を緩めたりといった感じです。

 

毎日新聞朝日新聞というライバル同士が主催する春と夏の甲子園大会ですが、

どうみても、興業的には後者が圧倒しています。

高校最後の大会であり、一度でも負けたら終わりという方式もわかりやすいので、

その盛り上がりは春と比べるまでもありません。

 

春の選抜も、何かと工夫をして盛り上げようとしていますが、

残念ながらその効果はイマイチではないでしょうか。

 

いつからか二十一世紀枠などという制度ができたことで、

実力的に劣る可能性の高い高校が甲子園の舞台で試合をするようになりました。

対戦相手次第では、テレビ中継の実況アナウンサーと解説者が気まずくなってしまうような

試合展開に陥ることもしばしばです。

 

私は、この二十一世紀枠とは真逆の方針で選抜大会を運営した方が、

夏との住み分けがはっきりしてアピールできるのではないかと思います。

つまり、完全な実力主義を目指すのです。

例えば、大阪や兵庫、神奈川や埼玉などは一般的に県大会のレベルが高く、

敗れはしたものの、もし出場できれば甲子園で結果を残せる高校がたくさんあると思います。

このような、都道府県の間での実力差を出場校数に反映させるのです。

 

まず現行通りに都道府県大会を行って、各1位から4位を決めます。

次に、各都道府県からその4校ずつが参加して地区大会を行います。

地区大会のトーナメントは4つのブロックに分けた上、同じ県の高校は各ブロックに1校ずつとし、

ベスト4までは同県同士の対戦がないようにします。

この地区大会の結果を受けて、各地区からは以下のいずれかのパターンで代表校を決めます。

 

1. 優勝校1校のみ

2. 優勝校と準優勝校の2校

3. ベスト4の4校

4. ベスト8の8校

 

地域性や、敗れた相手とその試合内容などといった要素で比較したりはせず、

機械的に1, 2, 4, 8校というどれかのパターンで選びます。

各地区について、どのパターンを当てはめるかについては、

前年度の選抜大会における地区代表の成績に基づいて明確な基準を設け、毎年変更していきます。

北海道、東北、関東、東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州の10地区に対し、

例えば8校x2地区、4校x2地区、2校x2地区、1校x4地区で合計32校です。

 

このように実力主義の大会は、高校野球の精神に合わないという批判はもちろんあるでしょうが、

野球留学にしろ、室内練習場といった豪華設備にしろ、

半分プロみたいな条件の高校が跳梁跋扈している現状であれば、

このような興業スタイルも一考の価値はあるのではと個人的に考えています。

イーブックイニシアティブジャパン、今回の炎もあえなく鎮火

株式投資雑感

今日は逆行安ではなかったものの、指数には惨敗でした。

積水ハウス (1928)とニプロ (8086)が、この地合の中で何故かマイナスだったのが痛いです。

 

一方で、イーブックイニシアティブジャパン (3658)は、どうやら元の木阿弥コースに入ってしまったようですので、

覚悟して電子図書券を拝受することにします。

 

そのイーブックイニシアティブジャパンも含めて、来週火曜日に権利確定する優待は、17銘柄です。

実物が届くのは3ヶ月先なので、権利確定日にはそれほど意味はないのですが、

翌日の権利落ち株価は気になります。

ずっと保有しておくつもりの銘柄がほとんどなので、一時的な下げは気にする必要はないのですが、

それでも権利落ちが軽いと得した気分になりますから。

あとは、先物が現物の株価が一致すると、わかりやすくて助かります。

 

SBI証券では、キヤノン (7751)の配当予想が150-160円になっています。

前期の実績が150円ですが、今期の公式な予想は発表されていません。

増収増益と予想している今期業績を有言実行できた場合でも、その1株益は155円なので前期の配当額ぎりぎり。

その上で160円までを予想しているということは、上方修正の可能性を見込んでいるということでしょうか。

どちらかというと、前期の150円から減配されるシナリオを想定せざるを得ないような雰囲気なのですが……。

増配なんて贅沢なことは言いませんので、なんとか150円配を維持してくれるように祈っています。

最初のハードル、緊張の第1四半期の業績発表は、1ヶ月後に控えています。

逆行安

株式投資雑感

今日は逆行安に沈みました。

主力どころも含め、ポートフォリオは全体に青色が優勢です。

三井物産 (8031)やコメダホールディングス (3543)、日本管財 (9728)は、

昨日と今日でチャートがいかにも嫌な形になってきました。

前者2つは、75日線をしっかり割り込んでしまっています。

三井物産と日本管財は、あと3営業日で3月権利確定なのですが、月末にはどうなっていることやら。

 

イーブックイニシアティブジャパン (3658)も結構下げてはいますが、

「今回の急騰による高値圏内」となんとか言えるレベルでのローソク足7個目です。

すぐに元値に戻ってしまっていた、これまでの噴火とは少し違うかもしれません。

 

適時開示速報に保有銘柄の名前を見つけた場合、基本的にはまず嫌な予感に襲われます。

今日はすかいらーく (3197)の名前があり、「すわ、優待改悪か(!)」と思いましたが、

幸い「執行役員の辞任」でした。

ネット上の雰囲気では、当初多かった優待条件持続に対する懐疑論はほとんどなくなり、

どんどん買い増しているという声にかき消されています。

ややもすると、その気にさせられてしまいそうになりますが、

あの優待条件がずっと維持されるかというと、やっぱりそう甘くはないと思います。

常に逃げ場を考えておかないといけません。

全国保証が逆行高

株式投資雑感

昨日、全国保 (7164)が次期中期経営計画、今期業績の上方修正、そして今期期末配当の増配を発表しました。

好業績と増配は以前から噂されていましたが、中期経営計画の中では、

今回発表した昨期55円から今期61円という増配だけでなく、

2018年3月期に74円、

2019年3月期に80円、

2020年3月期に86円、

と、純利益目標と配当性向から配当金予想を計算してくれています。

配当金の予想金額を具体的に計算してくれるのは珍しい気がします。

 

配当利回り自体は高い水準とは言えませんが、この増配傾向はなかなか力強いですし、優待もあります。

権利確定まであと4日ですが、このまま保有し続けようという気持ちで固まってきました。

ここ5ヶ月ほどの軟調なトレンドに終止符となるでしょうか。

 

一方でJPX (8697)も今日、2017年3月期の業績上方修正と増配(期末21円から26円へ)を発表しました。

JPXは業績が年によって激しく変動しますし、配当もそれに連動しますので、

来年以降の配当に対しての期待を含ませるものではありませんが、

ありがたく今期の増配分(5円 x 100株 = 500円)を頂きます。

 

今日の相場は、本当に久々の暴風雨でした。

国保証の火もかき消されるかなと思いましたが、なんとか逆行高を演じてくれました。

前場は、アドバンスクリエイト (8798)も謎の逆行高でしたが、後場はあえなく荒波に飲み込まれました。

れいさっぱりとした全面安。

同じくらいの下落日がもう1日あれば、ダブルインバースが水面に出そうです。

明日は確か胡散臭い理事長の国会証人喚問ですし、可能性が無くは無さそう。

 

ふと見てみると、チャーム・ケア・コーポレーション (6062)が、

緩やかで一定の下り坂チャートを2ヶ月くらい継続しています。

2週間前からは、75日線も割り込んでしまいました。

それほど急な勾配ではありませんので、2,500円前後での値固め中だと信じておきます。

 

新規上場したインターネットインフィニティ (6545)は、いきなり高騰しています。

チャーム・ケア・コーポレーションとは違って、在宅介護やデイサービスの分野みたいですが、

株価と相談して様子を見守ろうと思います。

個人的には無配なのが厳しいですが、マザーズ新規上場なのでこの点は仕方がないでしょうか。

インターネットインフィニティーに、ちょっと興味が

株式投資雑感

寄り付き後の雰囲気からして、日経平均で200円くらい下げることになるのかなと思ったのですが、

結局はなんとも底堅い動きでした。

相変わらず、ここから更に上に行く展開があるとは想像ができませんが、

さりとて下がらない粘り腰も相当なものです。

 

アホくささの極みたる森友問題で論戦(?)をしている国会ですが、

もし、インチキ理事長の自爆テロを野党が幇助して、首相辞任などという展開になったとしたら、

株価は待ってましたの大暴落になるのでしょうか。

株式投資を始めてから、首相が交代する場面に遭遇したことがまだないのですが、

一時期のように、短期間に首相がころころと変わるのが相場に悪影響なのは間違いないと思います。

 

政党政治は、あらゆる分野についての方針を全部ワンセットにして投票しなくてはいけないので不満です。

経済政策は今のままで続けて良いが、憲法改正には反対という場合、

どのような行動をとればいいのでしょう。

 

今日は、日経新聞積水ハウス (1928)の中期計画についての論評記事がありました。

 

対米を中心とした海外戦略について、過去に対中国で失敗した例がある点と、

それら成長投資に資金を振り向けるために、株主還元を緩めたことをマイナス材料として挙げています。

 

配当性向は60%から40%に引き下げたものの、来季は増配予想ですし、

積極的な海外戦力によって、下がった配当性向を補って余りある利益が出てくるよう、

株主としては祈るしかありません。

 

極端ですが、最近では東芝の悪しき例もありますし、

数年後にどのような結果が出てくるか、緊張して見守っていきたいと思います。

私は厳然たるアンチです

その他

先日、有名な俳優の訃報が報道されましたが、

その経歴が「やくざ映画で活躍し……」と紹介されていました。

 

洋の東西を問わず「やくざ」が主役の映画などがたくさんありますが、

これはつまり、多くの人が好んで視聴しているということになります。

やくざのファンがこんなにたくさんいたのでは、

現実世界で彼らを駆逐することなど、できようはずがありません。

 

やくざを肯定・美化する思考、やくざ映画を鑑賞するに至る動機が、私には全く理解できません。

不良にあこがれるお馬鹿な中学生ではあるまいし、

大の大人がどういう思考をしたらそういう価値観になるんでしょうか。

 

先日は京都府立医科大学のお偉いさんが、やくざの熱烈サポーターだと報道されましたが、

この場合は特に、公立組織に属する人間なので看過すべきではないと思います。

仮に私立であれば、倫理的な面はともかくとして、

私財でやくざを応援したければ勝手にやってくれと言ってもいいかもしれませんが、

税金が費やされている公立病院なので完全にアウトでしょう。

 

やくざの皆さんは、わざわざアンチである善良な市民にたかって法を犯したりしなくても、

津々浦々こんなにたくさんいる熱心なファンに援助してもらったらいいんじゃないですかね。

高いチケットを買わせて握手会でもしたら、行列ができて大盛況ですよ。きっと。

魅惑のスロベニア

今季のスキー女子ジャンプのシーズンが終了してしまいました。

もう終わりかという感じで、今冬はかなり短かったです。

 

前半は高梨選手、後半は伊藤選手とマーレン・ルンビ選手が中心となりました。

日本選手の中では、伊藤選手の台頭は嬉しい材料です。

高梨選手、後半の不調はあのヘンテコなまつ毛の所為では?

などとしょうもないことを考えてしまいます。

今季、表彰台で高梨選手と伊藤選手が並び立つシーンが何度もありましたが、

その度に2人の間の「差」が際立っていました。

 

シュペラ・ロゲイユ選手はシーズンを通して不調で、上向くきっかけもつかめない様子でした。

冴えない表情が多く心配になりますが、ファンとしては来季の復活を願って応援したいと思います。

カティア・ポズン選手に至っては、序盤で一度見かけたのみでした……。

同じスロベニアでは、ニカ・クリジュナル選手やエマ・クリネツ選手が伸びてきていますが、

どの選手も個性的な雰囲気が画面から伝わってきて、すごく魅力的な国だなと思います。

 

全般的に外国には全く興味がなく、仕事以外で旅行に行ってみたいとは微塵も思わないのですが、

スロベニアにはちょっと興味が湧いてきています。

検索してみると、日本で唯一のスロベニア料理店が京都にあるとか。

京都に行く機会があったら是非食べてみようと思います。