三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

冴えない日が続く

今日の持ち株は、寄り天か、そうでなくても引けにかけて急落していくものが多く、

ポートフォリオ全体では悲しきプラマイゼロでした。

原油ETFがかなり騰がったのにこれですから、個別株は事実上マイナス……。

最近は気分が冴えない日が続いています。

こういう時は優待で癒されたいところですが、一番直近で届くのはイオン (8267)のキャッシュバック。

これはあんまり物としての嬉しさはありませんので、癒し効果は望めません。

 

先週金曜日に決算発表したクリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)は、マイナス7.54%と派手に急落し、

先週木曜日に決算を発表して、金曜日にマイナス10.76%だった明光ネットワークジャパン (4668)は、

今日もマイナス3.51%と力なく続落。

 

一方で完全に野次馬なのですが、神戸製鋼所 (5406)は週末にかけて第二弾の逆噴射があったので、

再びストップ安かと思って(わくわくして)いたところ、まさかの反発です。

今後の展開はいかにもやばそうな感じに見えますが、このあたりが適正な株価水準だと見られているのでしょうか。

 

約定まであと2歩くらいの原油ETFですが、これが売れれば少しは慰められるので、今週中の達成を期待しています。

損切り注文なのがなんとも悲しいところなのですが……。

 

立憲民主党

民進党(民主党)時代から、酷い負のイメージがこびりついて手の施しようのない状態でしたが、

何が幸いになるかわからないものです。

「議員バッジあっての物種」を座右の銘とする同胞たちが、全ての憑き物を背負って極厚塗り都知事の船にすがったおかげで、

残った立憲民主党のイメージはかなり浄化されているようです。

とはいえ、「極厚塗り都知事から「排除」されたから立憲民主党に入った」という人は憑き物がついたままですから、

選挙戦では、自分が都知事船に乗ろうとしたのかどうかははっきり自己申告して下さい。

一日二食

私は、平日には夕食を食べないようにしています。

このパターンにして3-4年になると思いますが、肥満防止には極めて効果的です。

 

概して食欲には抗い難い性分なのですが、何も食べない状態で我慢する方がまだ簡単です。

少しでも食べるとそれが呼び水になってしまい、

腹八分目といった適当なところでやめるというストッパーがほとんど効きません。

夜、特に寝る前に食べ過ぎるのは致命的ですから、

いっそ夕食としては何も口にしないことにして、その分、昼食に好きなだけ食べることにしたのです。

一日合計すると、摂取カロリーは多くなっているかもしれませんが、

全てを昼過ぎまでに食べ終えておくと、体重への反映具合は全然違います。

 

このスタイルを採用するにあたっては、

空腹でも寝られて、夜中に目を覚ますこともない、という条件が必要です。

私の場合、寝つきは極めて良く、いつも横になって1分も経たないうちに眠ってしまいますが、

空腹であっても全く寝つきや睡眠の質に支障は生じません。

それどころか、空腹状態で寝た場合、朝起きると食欲が無くなっているくらいです。

ただし、朝のうちは一時的に食欲を感じないだけで、

そこは無理にでも食べておかないと、昼食までにふらふらになってしまいます。

 

また、夕食を食べないメリットは他にもあります。

夕食に費やす時間が浮くので、その分を自分の好きなことに費やせます。

夕食を食べていた頃は、予定のものを食べ終わってもまだ物足りないので、

あと何を食べるか、やっぱりやめておくべきか、という葛藤と逡巡で時間を浪費していました。

迷ったとしても大抵は食べてしまうので、迷うだけ時間の無駄だったのですが……。

夕食を食べなければ、夜の時間をゆっくりと有意義に過ごすことができます。

 

夕食抜きスタイルはメリットばかりで、デメリットの方は特に思いつきません。

尚、休日の場合は、多少夜更かしをするので夕食も食べています。

 

私は太りやすい体質であり、実際にやや小太りというべき体型なのですが、

完全な「デブ」は、自己管理ができていない象徴のようにも感じ、見た目にも見苦しいと思っているので、

そこに我が身を投じてしまうのは、なんとしても避けていきたいです。

日本銀行 (8301)

先日、日銀が上場していることを初めて知りました。

SBI証券で知らべてみると、四季報情報は白紙、業績情報も白紙、予想配当も白紙、

上場している市場も単に「東証」のみ、そして成長性等のスコアはほとんど中間値の5と、

なんとも不気味なページになっています。

 

ネット上で解説してくれているページを読んでみると、

僅かながら配当は有って、東証JASDAQに上場しているとのこと。

また、厳密には上場株式とは違うそうです。

上場している意味も説明してくれていましたが、ちょっとピンときませんでした。

 

以前にふと気が向いて調べたのですが、新聞社はどこも上場していませんし、

地元の味「寿がきや」も非上場です。

 

プロ野球球団なんて、それこそ親会社から独立して上場すべきではないかという気がします。

ファンを自認する人達ならば、喜んでタンス預金をつぎ込んで株主になるでしょう。

 

先日のように阿呆な選手が馬脚を現した場合などは、臨時株主総会を開いて処分を議決すべきです。

また、財務諸表を公開すれば、選手がどれだけ法外な年俸を要求しているか明確になります。

「あなたの働きが反映されているこの財務状態を踏まえた上で、

あなたを雇う人件費としてそれだけの金額を計上できる妥当性はありますか?」という話です。

特殊な業界だと決めつけて、

企業経営の原則を適用していないことで生じてくる不具合は非常に多いのではないでしょうか。

親会社の広告宣伝費として賄うという前提で、

球団経営は赤字が前提になっていることが、この世界のいびつな歪みの原因のひとつだと思います。

天井なし空

こんなにふわふわと上がり続けていく展開は、私の短い投資歴で初めてです。

逆に落ちていく方であれば、まるで底なし沼に吸い込まれるような、

連日の真っ青なポートフォリオの記憶は残っているのですが。

現状では、ダブルインバースのチャートが、まさにその底なし沼コースになってしまっています。

含み損の数字もものすごいことになっているので、

それを見ても心が微動だにしないよう、精神が鍛えられる貴重な毎日です(半分やけくそ)。

 

個別株がせめて日経平均と同じくらい騰がっていれば、まだ慰めになるのですが、

そこも完敗しているので、どうもいけません。

 

昨日の決算発表を受けた明光ネットワークジャパン (4668)は、

懸念した通り、白目をむきそうなマイナス10.76%ということで、増配の効果は消し飛んでいます。

出来高もすごかったですし、ちょうど200日線上ということで区切りも良いので、

ここから仕切り直してもらえれば結構です。

 

キヤノン (7751)が、緩やかな上昇気流を持続しているのと、

オリックス (8591)が、昨日と今日で急に跳ねたのが主力銘柄の好材料ではあります。

 

日曜日のストボフォーラムは、完全に雨模様。

生西谷さんは楽しみですが、歩いていくのが大変そうです。

 

意気揚々としたドヤ顔で「進水」したかに見えた極厚塗り都知事氏の船、

溺れかけた議員バッジ亡者にこぞって寄りすがられた結果、激しく「浸水」しているようです。

なんの政策も持たず、ただ議員の身分を維持することだけを至上命題としている亡者さん達ですが、

この刺客としての切れ味は賞賛に価すると思います。

報道の中間経過通りの結果になったとすれば、論功行賞の第一等は間違いなく前原さんですね。

さらば、すかいらーく

ついに日経平均は、2年前の高値をも抜いてしまいました。

一方で、TOPIX終値はぎりぎり届いていませんか。

暴落切望状態なので、気分がすこぶる良くありませんが、

何かやっておかねばということで、すかいらーく (3197)の残り500株を売却しました。

目標には届いていませんが、ベインの影にを気にするのもしんどいですし、

買付余力を回収しておく方が、精神衛生上よろしそうだったので踏み切りました。

2-3月に1,000株買って、7ヶ月ほどの保有でしたが、

優待で26,400円、配当で12,750円、売却益で30,000円程度、という訳で、

4%くらいのリターンとなりました。

当初は、優待改悪に怯えながらずっと持っておこうかとも考えたのですが、

やはり他にも懸念事項が多かったので愛着も弱まり、短期間でのお別れとあいなりました。

これで買付余力は15%くらいに回復。

あとは年内に原油ETFの注文が約定すれば、20%程度になる見込みです。

 

かなり大きな存在だった上値を超えたので、レンジブレイクということで更に上値を追うのでしょうか。

順張りの基本的なセオリーですが、ごりごりの逆張り派である私の感覚では、ちょっと受け入れ難いものがあります。

ここから日経レバを買うなんて、怖すぎます。

 

今日は、明光ネットワークジャパン (4668)の本決算発表がありました。

優待のクオカードと高配当目的で100株だけ保有していて、業務内容は全く好みではありません。

今期の業績は昨期比で良かったようですが、来期の予想がぼろぼろです。

かなり長い期間連続で増配していて、(その記録を継続すべく?)来期も2円増の42円配予想です。

1株あたり純利益予想は44.85円なのですが……。

明日は暴落しそうな予感。

 

さて、ついに羽生「棋聖」の一冠になってしまいました……。

獲得タイトル数は通算98期ですが、

現時点で出場が決定しているタイトル戦は、来週から始まる竜王戦挑戦と、来年の棋聖防衛戦の二つです。

その二つを両方制すればちょうど100期で、同時に永世七冠達成となります。

一方で、どちらかでも落とすことになると、

100期達成のためには、他のタイトル戦を予選から勝ち抜く必要が出てきますので、

いかに羽生棋聖と言えど、容易ではなさそうです。

まずは、来週からの竜王戦

渡辺竜王も調子はイマイチのようですが、

この二人が盤を挟めば、お互いに特別な力が出て壮絶な死闘になる筈。

売り出し中の若手が対局者でなくとも、この秋は竜王戦が盛り上がりそうです。

今日はストップ安にはならなかった

二日連続の寄底ですか。

薄気味悪く感じてしまう堅調な地合です。

確固たる好材料がある訳ではないと思いますので、選挙終了をきっかけに一転しないかなと希望的観測。

何も考えずに、寄りで粛々とダブルインバースを買う毎日を過ごしていて、

これで19営業日連続で買い続けています。

嵐のような減価を喰らってから2週間経ち、

ダブルインバースの買値がようやく日経平均で19,000円台を回復しました。

「総楽観は売り」という訳で、そろそろ相場にも秋風が吹いてくるのでは。

いや、吹いてきて欲しい。

 

最近は、油断して保有銘柄の決算発表を見逃してしまうことがしばしばです。

今日はコメダホールディングス (3543)の第2四半期決算発表。

決算の数字は問題無さそうですが、同時に優待内容変更のリリースもありました。

どうしても一瞬ドキッとしてしまう表題ですが、内容は幸いネガティブなものではありませんでした。

 

手持ちのKOMECAへのチャージ方式にするということと、

次回のチャージ日が12月1日(金)に早まったという2点です。

この二つは、ささやかではありますが、株主の希望に沿った好ましい改善だと思います。

 

カド番が続く羽生王座ですが、今日は特に難解な形勢の終盤戦に。

プロの見立てもかなり揺れていますので、相当に難しい形勢のようです。

結果がどちらに転ぶにせよ、早くに終局を迎えそうですので、緊張しながら見守ります。

げに恐ろしや、対岸の火事

神戸製鋼所の板を見ると、背筋が寒くなってきます。

完全に対岸の火事ではあるのですが、その燃焼力が何故か現実味を持って伝わってくるのが不気味。

倒産に至る可能性もあるのでしょうか。

 

こういった事態については、いくらIR情報を読み込んでも予測不能でしょうから、

保有銘柄に爆弾が炸裂しないように祈るばかりです。

政治資金の使い方などについては、叩いてわずかの埃も立たない議員は居ないと想像していますが、

大なり小なり、企業の不正も同じような感じなのかもしれません。

「埃が出ないこと」ではなく、「叩かれないこと」を祈るしかないと。

「品質基準のデータを改ざん」となると、酌量の余地の無い所業にしか聞こえませんが、

下請け企業への圧力が遠因という可能性はないのかなとも思いました。

 

神戸製鋼所の株価をよそに、相場は気持ち悪いくらいに堅調です。

原油ETFは、ちょっと大きな押し目(であってほしい)になって足を引っ張っていますが、

リコーリース (8566)は、高値から更に上放れか!?と期待させるローソク足となり、

キヤノン (7751)も、上放れして4,000円の厚い壁の突破に挑もうとしています。

すかいらーく (3197)は1,700円に肉薄してきたので、そろそろ逃げ出す頃合いかも。

 

含み損三羽烏のひとつ、ウチヤマホールディングス (6059)も、2週間くらい前に突然動意付いた勢いを維持しています。

まだマイナス14.51%なので遥かな旅路ですが、ちょっと期待してきました。