三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

「重力と呼吸」

不覚にも、発売されたことに気づいていなかったミスチルの「重力と呼吸」。

早速聴いてみましたが、10曲中で大いに気に入ったのは「秋がくれた切符」のみ。

次いでまずまずなのは「Your Song」と「himawari」くらいでしょうか。

共に、タイトルが英語なのがいただけませんが。

 

「秋がくれた切符」は、ミスチルにしては珍しく、シンプルで覚えやすい曲でした。

ミスチルも含めて、男性ボーカルの曲はあくまで自分で歌って楽しむのが主目的であり、

それ自体を目的としてじっくり「聴く」ということはありません。

 

先日のアメトーークも観ましたが、

個人的には全く興味のない「ライブ」ネタが多かったので、あまり面白くはなかったです。

 

チャンカワイさんのトークネタで、強引でこじつけ的な韻踏みや、

「タガタメ」が「他がため」だという紹介がありましたが、これらは正確な情報なのでしょうか?

「タガタメ」については、「誰がため」だとずっと思っていましたが、

歌詞全体の意としてもこちらが正しいのではないでしょうか。

 

桜井さんが、レコーディングでボーカルを細切れに繰り返し録音しているシーンの紹介がありましたが、

これも個人的にはちょっと残念な感じです。

(歌唱の技巧的に)いいとこ取りの細切れなつなぎ合わせだと、最終的な作品の歌詞に心がこもらない気がします。

多少歌唱的にはいびつになったとしても、心をこめた一発録りの方が個人的には好ましいです。

一発録りとまではいかなくても、パラグラフひとつくらいは続けて歌いきって、息継ぎが収録されているくらいでないと。

息継ぎが全く収録されていないと、不気味な感じすらしてきます。

 

後半で推されていた「Starting Over」も確かにいい曲なのですが、

個人的には、この英語タイトルが台無しにしてしまっているという評価です。

 

かっこつけた英語の濫用が、とにかく嫌いで仕方がないひねくれ者の独り言。

IR三昧の週末

この週末は忙しく、今日はIRセミナー、明日はストボフォーラムがあります。

こういう催しには、それほど参加する方ではないのですが、巡り合わせで連戦となりました。

 

IRセミナーでは、3社の担当者の話を聞くことができます。

その中で社長が登場するのは1社だけですが、

そこは実は、クオカード優待目当てで買った後、一度ももらうことなく廃止の憂き目を喰らった思い出深い銘柄です。

しばらく塩漬けた後、無事にやれやれ売りでお別れすることができました。

その業種からして、二度と保有することはなさそうですが、話はしっかり聞いてみようと思います。

 

3社の話の他に、東京マーケットワイドに毎週電話で出演するアナリストの講演もあるのですが、こちらはそれほど期待していません。

 

同じ主催者によるセミナーには、以前にも一度参加したことがありますが、

その時は3社ともそれなりに興味を持ち、多少なりとも買うかどうか検討してみようかなと思わせる内容ではありました。

 

貴重な週末の時間を費やすので、今回も何か収穫があればいいのですが。

緊張の中間決算発表へ

今日は200株以上保有している銘柄が総崩れで、得意な筈の軟調地合の中、指数と互角でした。

 

来週からは中間決算発表が始まります。

株価が下落する局面でも、

「業績そのものはいいから割安」という楽観的な論調がまだ目立つ気がしますが、本当にそうなのでしょうか。

 

主力どころでは、キヤノン (7751)、リコーリース (8566)あたりの決算発表は怖くて仕方がありません。

三井物産 (8031)は、好業績は間違いないでしょうが、中間配当の増配が無かった場合の株価急落は不可避でしょうし。

 

あおぞら銀行 (8304)は、1,000株も保有しながら含み損に馴染んでいますが、

明らかに資金を投じ過ぎなのを自覚しているだけに居心地が悪く、早くやれやれ売りでない利益確定をせねばなりません。

買付余力がすっからかんというのも、由々しき問題ですので。

やはり今回の中間決算は重要になりそうです。

確か前回の決算は、可も不可もない内容で急落したような記憶がありますが……。

明日はどっちだ

上がったり下がったり、酔いそうで目まぐるしい展開が続いています。

日経平均は、接近している75日線と200日線にローソク足が絡みついており、

果たして上下どちらに抜けるのでしょうか。

チャートの形は、いかにも上に行きそうに見えますが、

もし下に行く展開になれば、21,000円くらいまでは届きそうです。

 

確か、バルチック海運指数を先行指標とした場合に、11月に急落が来る可能性が指摘されていました。

タイミング的には、ここらあたりから下離れればぴったりです。

また、アメリカの中間選挙共和党が負けた場合に、相場がどちらに転ぶのかわかりませんが、

11月はいろいろ波乱含みな感じです。

 

ウチヤマホールディングス (6059)は、相変わらずのマイペースで微プラスでしたが、

13時半過ぎに謎のスパイクがありました。

一瞬だけ前日比4%近いプラスになり、すぐに元に戻っています。

出来高が極めて少ない銘柄なので、誤発注でもあったのかもしれません。

その上ヒゲ部分では75日線を上抜きましたが、ローソク足本体はまだまだ。

75日線の下向き角度が緩くなってきたので、なかなか接近できません。

ただ、75日線が横ばいになってきているのは良い兆候なので、このまま長期上昇トレンドに転じて欲しいです。

 

アクトコールという銘柄が、優待廃止と無配転落、そして赤字という救いようのない悪夢のような発表を行い、

株価はまさに阿鼻叫喚の地獄になっているみたいです。

最近の印象では、優待の新設より廃止の方が多い気がしますので、

優待をもてはやす流れもピークを過ぎたのかもしれません。

 

衝撃的なマイナス材料という点ではKYBの件もしかりですが、

このような爆弾案件が保有銘柄から発生しないことを改めて祈らずにはおれません。

 

これまでに、小型株で優待の廃止は何度か喰らっていますが、

おおごとになるような不祥事の経験は、幸いにしてまだありません。

これからも無縁でいたいものです。

痛し痒しの大幅続伸

保有する30銘柄は、コメダホールディングス (3543)以外は全てプラスでした。

昨日の引け間際の勢いを持続したようにも見えますが、日中の推移は横ばいか、やや下がり気味という弱含み。

まだ今後の展開はわからない気がします。

 

地合に乗っただけではありますが、あおぞら銀行 (8304)も崖っぷちから押し返しています。

暴落の日は詳しい数字を見ていなかったのですが、いつのまにか、相当な含み損額になっていて吃驚。

今日くらいの上昇があと2回ないと含み損を解消できません。

 

ウチヤマホールディングス (6059)は、もう一度、75日線への挑戦。

昨日はナンピンしそびれてしまいましたが、今日は一気に含み益に復帰しています。

買っておきたかった……。

 

昨日、イオンの優待で2,500円ほどのキャッシュバック通知を受け取りました。

現在は株価が買値の2倍になっており、嬉しいことに含み益が蓄積しています。

早期引退した場合には、イオンを利用できない環境になるのですが、その際に売るべきかどうか迷います。

マックスバリュなんかが新たにできるかもしれませんし、

一旦売ってしまうと、二度と安くは買い戻せない気がしてしまいますので。

一方で、優待を除いた利回りは2.8%なので、長期保有する銘柄としては物足りなくなってしまいます。

 

KYB (7242)に、結構派手な不祥事が。

ちょっと身近に感じる縁があった企業でしたが、こんな形で注目することになってしまうとは。

今日はストップ安でしたが、配当利回りは4.69%で、数字だけ見ると魅力的です。

ただ、報道をあまり詳しくチェックしてはいないものの、この件は致命傷になる可能性がありそうな気がします。

どうせ買付余力はありませんが、もしあったとしても、野次馬に専念するのが賢明でしょうか。

あおぞら銀行は、テクニカルの崖っぷちに

引けにかけての1時間で見事な滝登り。

寄り付き前は大幅続落かと期待していましたが、なかなか思った通りにはいかないものです。

 

昨日、ダブルインバースを少し損切りしたので、

その資金でウチヤマホールディングス (6059)のナンピン注文を出しましたが、1円の差で約定しませんでした。

ここのところは買値を挟んだ小動きのボックス相場になっているので、

細かい値幅で利益確定とナンピンを繰り返して小銭を稼げそうな誘惑が。

 

あおぞら銀行 (8304)は、ここを割っては相当にやばいと思われる、ここ2年の底値ラインで踏みとどまりました。

ただ、ここ最近は相場の流れのままに上下していますので、完全に日経平均と一蓮托生。

日経平均は暴落してほしいものの、その場合はあおぞら銀行の惨状に耐える精神力が求められます。

 

原材料費と人件費の高騰で厳しい状況の外食銘柄ですが、

先日手堅い決算を発表したコメダホールディングス (3543)の株価は順調です。

ここのところの荒れ相場は、全くチャートに反映されておらず、上場来高値圏で安定推移中。

日本マクドナルドホールディングス (2702)と共に、好業績が際立っています。

 

一方で、すかいらーく (3197)は、業績はイマイチなくせに株価は堅調なようです。

まだ優待改悪せずに頑張っているようですが、

明光ネットワークジャパン (4668)と、どちらが先にXデイを迎えるでしょうか。

ストボフォーラムに当選

週明けに改めて下げが来たのは意外でした。

日経平均も75日線と200日線を下抜けしたので、これは期待できるかもしれません。

あおぞら銀行 (8304)など、手痛い出血を被っている銘柄も当然多い訳ですが、

下がっていくことに対する恐怖感はほとんどありません。

 

今週末に名古屋で行われるストボフォーラムに無事当選しました。

これで4年連続の参加になりますが、競争率はさほど高くないのでしょう。

内容の方は、残念ながら年々貧弱になっている印象で、ほとんど得るものも満足感も無いのですが、

今年は小川真由美さんを拝見するためだけに参加してきます。

キャスターのゲストは櫻井英明さんなので、しょうもないアノマリーの話ばかりでしょうか……。

 

昨日のNHK杯は、解説が豊川孝弘七段、聞き手が飯野愛女流初段ということで、

豊川七段のダジャレで笑う飯野女流初段をたくさん観られて大満足でした。

ダジャレで人を笑わすのはなかなか難しいと思いますので、豊川七段の腕は相当なものだと感心します。

ネット中継では、やや暴走気味の下ネタも放り込んでくるエンターテイナー。

来週も飯野女流初段が聞き手ですが、解説がちょっと個人的に難のある棋士なので、非常にもったいないです。

あまり笑顔も引き出せそうではないですし。