三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

一番大事なのは竜王戦

昨日のニューヨークの数字からすると、日経平均は200円高かと思いましたが、見事な寄り天でした。

どうせならマイナスの方が良かったです。

 

連日書いていますが、すかいらーく (3197)。

ここ6日程、真綿で首を絞め上げるように毎日少しずつ下がっています。

ポートフォリオの中でこの銘柄が含み損になっていると、他の銘柄の含み損よりも気分が悪いです。

近いうちに売るつもりにしていて愛着が湧かないからでしょうか。

あおぞら銀行 (8304)を買うために、早いうちに売ってしまおうかという案も頭をよぎっています。

 

王位戦第4局は、かなり早い時間での羽生王位の投了となってしまいました。

1日目に菅井七段が3三に馬を作った時には、

馬を作らせた羽生王位側にも主張点がある定石のひとつなのだろうと思っていましたが、

結局この馬ができたことで形勢が傾いて、そのまま寄り切られたという(初級者の)印象です。

羽生王位が、馬を作らせるこの展開にあっさりと持ち込んだように見えたのですが、

その後はあれよあれよと言う間に旗色が悪くなってしまいました。

 

棋聖戦王座戦など、ここ数年の五局制の棋戦では、

1勝2敗と若手に先に王手を掛けられても、そこから逆転防衛をしてきましたが、

七局制棋戦での1勝3敗は、厳しさが段違いです。

失冠してしまった昨年の名人戦も1勝3敗になり、第5局も敗れる展開でした。

 

藤井四段すら寄せ付けなかった最近の菅井七段の充実ぶりもあり、

王位戦はかなり厳しい状況になってきた気がします。

明後日の金曜日には、竜王戦挑戦者決定戦第2局が迫っていますが、

ファンとしては、こちらは何としても勝って頂きたいです。

 

甲子園決勝、現在6回で花咲徳栄が優位に試合を進めています。

確かに広陵の中村選手はすごいですが、チーム全体の打線の力は花咲徳栄に分があると思います。

5回からの登板を余儀なくされてしまったようですが、清水投手が控えている分、投手力もやや花咲徳栄有利かと。

 

ヤフーからリンクされているSportsnaviのテキスト速報。

ヒットの記述は単に「ヒット」となっていますが、

何故か送りバントの時は、「”見事”送りバントを成功させる」という感情込みの文章になっています。

送りバントは3箇所とも「見事」と形容されていますので、たまたまではなさそうです。

ヒットや盗塁は賞賛しないけれども、送りバントは褒め称える。

なかなかこだわりを持っている人が担当しているようです。

チャーム・ケア・コーポレーション、青天井か

腹をくくって日経レバのナンピンを続けるべく臨みましたが、今日はぎりぎり約定しませんでした。

日経平均は5日続落ですが、その間の値幅はマイナス369円程度なので、まだそれほどでもないでしょうか。

 

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)は、昨日の長い下ヒゲが示唆した通り、今日も力強い陽線が立ちました。

この銘柄は1年前に急に動意付いて、そこから6倍くらいになっているのですが、

週足で見てみると、今回が一番の急騰になっています。

この後の展開は全く予想がつかないですが、高値圏で他銘柄の勢いに陰りが見えてきている今、

ポートフォリオの中で一番の明るい材料なので、もう少し期待をしてみたいです。

 

すかいらーく (3197)は微減で、終値は私の買値である1,610円でした。

ずるずる下がっていく訳ではないのですが、上昇を切望している分だけ、全く元気がないように感じてしまいます。

他の先達個人投資家のブログで、優待条件継続を信じて保有し続けるという意向を拝見すると、

確かに現状の利回りは抜群なので、そっちに賭けるのもありかなあと心が少し揺らいできます。

しかし……。

やはり現行の優待条件の継続確率は低いとしか思えませんし、

仮に以前の条件(現行の3分の1)に戻ったとすると、その利回りには全く魅力が無くなってしまいます。

12月以降の継続保有はあまりにもリスキーなのですが、

もしこのまま含み益がほとんどないまま年末を迎えてしまった場合、

売却益なしで撤退する決断をできるかどうか。

最悪のケースで、もしも年末時点で含み損だった場合には、かえって迷う必要は無くなる訳ですが(損切りはしない方針)、

その後の適時開示速報に戦々恐々とする毎日はストレスが溜まりそうです。

 

年末までには原油ETFの一部損切りも(例外的に)決行するつもりですが、現状の株価ではまだ売れません。

2017年は望外の好地合で、個別株の売買は細り尽くしていますが、

秋から年末にかけては、いろいろと勝負どころがありそうです。

優勝は花咲徳栄かな

日経レバの指値がひっかかり、ナンピンしてしまいました。

「危ないからしばらく様子見しよう」

「いや日経平均のPERは割安だ」

という心の声がせめぎ合いましたが、結局ナンピンして15,200円で12株になってしまいました。

やっちまったような気がしないでもありません。

ダブルインバースも持っていますので、

(いいように形容すると)日経平均を上からと下からで挟み撃ちにしており、

どちらに動いてもどちらかで利益が出せることになります。

ただし、日経平均でいうと1,000円強の幅で「どぼんゾーン」があり、このゾーンにいる場合は、どちらも含み損という悪夢です。

「どぼんゾーン」は18,500円~19,600円くらいでしょうか。

ナンピンすれば、このゾーンをどんどん狭めていける訳ですが……。

 

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)は、かなり長い下ヒゲを引いて、力強い上昇チャートを維持しました。

ここ数日のポートフォリオは、この銘柄におんぶに抱っこ状態です。

 

一番の懸案銘柄であるすかいらーく (3197)は、8月10日の急落後、6日連続で底値(1,610円)付近での横ばいです。

ここでもみ合った後は、果たして上なのか、下なのか。

「ロックアップ」とやらが解除されて初めての取引日でしたが、特に動きはありませんでした。

「ロックアップ」を調べると、株主が株式を一定期間売却できなくする制限のようですが、

今回のすかいらーくの場合、これが誰に適用されているのか、株価にどう影響するのか、いまいちよくわかりません。

今日は影響が無くても、まだ油断はならないのでしょうか。

それもわかりません。

 

週末の甲子園で、春夏連覇を狙った大阪桐蔭が印象的な逆転サヨナラを喫しました。

あの一塁手のプレーの真意は何だったのでしょうか。

タイミング的にかなり余裕がありましたし、

送球を捕球してから、わざとこれ見よがしにベースを踏みにいった怠慢プレーなのかと当初は思っていましたが、

どうやらそうではなさそうな感じです。

日本ハムの栗山監督は、送球が逸れるのに備えて足のスタンスを広く取って構えていたのでは、とコメントしていました。

私は一塁手をやったことがありませんので、正しい方法はわかりませんが、

悪送球に備えて足幅を広く取るにしても、片足はベースにつけておくような気がします。

 

これとは関係ありませんが、4-6-3の併殺で遊撃手が二塁手からの送球を受ける時、

二塁ベースをしっかり踏まずにステップしているのが気になります。

たぶんプロの影響なのでしょうが、

内野手からの送球を捕球するよりも明らかに早く一塁ベースから足を離す一塁手のように、

何か横着をしたり、かっこをつけた感じがします。

 

昔は打席での手袋や肘当て、すね当ても付けていませんでしたが、今や、守備の時まで手袋をしています。

打席で防具を付けなかった場合、怪我をする可能性がどれくらい増えるのかはわかりませんが、

プロのような球威で内角を厳しくつかれる訳ではありませんし、

「必要不可欠とまでは言えないアクセサリー」ではないかという気がします。

 

どこかの私立高校に、「バッティングピッチャー」という肩書きの部員がいたのはびっくりしました。

本人が納得しているのならいいのかもしれませんが、わざわざ肩書きにしなくても……。

“Let It Be”

「変わり者」である私には、一般的に浸透している「見た目にこだわる価値観」がほとんど理解できません。

あるがままの状態を否定して、現状を変更したいと考える価値観が受け付けられないのですが、

たとえ表面的には自分の好きなように変更できたとしても、

その下の地の部分は元のままであるという事実は受け入れられるのでしょうか。

まさにメッキにしか過ぎないので、気持ちが悪くてしょうがないのでは?

 

片腹痛くてしょうがない欧米崇拝思想で髪や目の色を変えたり、

顔に熟練職人顔負けの左官作業を施したり。

 

外見の印象だけで判断しても、何もしない自然な状態の方が全面的に好ましいと思うので、

人工的な変更については見苦しい、醜いとしか感じません。

ですが、本人は好き好んでその作業に手間とお金を費やしている訳ですから、

私にとっては、全く価値観の相容れない宇宙人を見ているような感じです。

 

例えば「禿げること」でも。

なぜか髪の毛が少なくなっていくことを忌み嫌い、その感情が激しすぎた結果、

冷静で客観的な判断ができなくなっている人が多いのではないかと思ってしまいます。

あくまで私の個人的な想像ですが、所謂「バーコード」とか「落ち武者」状態にしている人は、

髪の毛が無くなった部分を隠したい、残っている髪の毛を大切にしたいと思いつめるあまり、

客観的には「みっともない」と形容して良さそうな状態に、自ら陥っているのではないでしょうか。

 

以前から私も少し髪の毛が少なくなってきていますが、

別にとりたてて負の感情はなく、数年前から坊主にしています。

一部分の髪の毛が少ないのであれば、坊主が一番バランス良くすっきりしますから。

 

「禿げ」を糊塗するほう助ビジネスが成り立っているくらいなので、

禿げることを忌み嫌うエネルギーは相当なものなのでしょう。

しかしそもそも、それだけ自分の見た目に囚われずにはいられないということは、

他人を見た目で判断していることの裏返しではないでしょうか。

「禿げている人を見ても、別にみっともないとは思わない」という価値観であれば、

自分の髪の毛への異常な執着も生まれない筈です。

 

分野が全然違いますが、トイレの個室に設置されている「音姫」という装置も同じことだと思います。

大きい方の用を足す時に、音が出てしまうのは至極当たり前です。

この当たり前の生理現象を恥ずかしく感じるということは、

裏を返せば、自分が他人のその音を聞いた時に、少なからず嘲りの感情を抱いているということでは?

それではまるで、校舎では大便をできなかった小学生ではないですか。

トイレの個室に入ると友達に冷やかされるなんて、小学生だからこそ許されるお馬鹿さです。

それとほとんど同じレベルの思考に、多くの大人が囚われているというのは驚きです。

もっと落ち着いた素養を身につけたいものです。

差別思想考

アメリカでの人種差別騒動を報じるニュースを見ていて、

「白人至上主義」をオープンに標榜できる社会であることに改めて驚きました。

そういう存在を抹殺する自浄作用が働かないということは、残念ながらそういう社会だということです。

 

御丁寧にも、自らそうであると声高らかに宣言しているのであれば、有無を言わさず拘束して、

彼らにとっての桃源郷である、白人しかいない国(あるのか知りませんが)に向けて国外追放にしたらいいんじゃないでしょうか。

 

あの気高き中国政府が民主主義運動家を遇するやりかたを是非参考にして、

アメリカ政府は白人至上主義者を遇するべきではないかなと思います。

ネットの検索機能の統制にまで血眼になる中国政府の「真摯な」姿勢には、本当に頭が下がり、常々感服しています。

アメリカ政府もそれくらい血眼になるべき課題なのでは?

そうしないということは、結局、誰もが腹の底では……ということなんだろうと想像してしまいます。

もっとも、鏡が全て無くなったとしても、醜い顔が美しくなる訳ではありませんが……。

 

以前、日本における同種の問題である「部落差別」をやや身近に感じたことがありました。

親戚が「部落差別主義者」であることが判明したのです。

もともと、素養の高からぬ人達であることは認識していましたが、

その低俗さもまさかここまでとは想像だにしていなかったので、愕然としました。

 

私は人を評価するにあたり、血のつながりは一切勘案しませんので、

肉親だろうが、親戚だろうが、下衆は下衆と判断し、そのように接します。

彼らが部落差別をしているのと同じ(かそれ以上の)振れ幅で、私は彼らのことを蔑んでいます。

この先、冠婚葬祭で最低一度は顔を合わせなくてはいけなさそうですが、それが最後になると思います。

藤井四段が森内九段に挑戦するNHK杯戦が生放送に

月曜日よりも下の水準に届いてしまいましたので、何やら変な風が吹いてきたのかもしれません。

かなり心ひかれましたが、ここでの日経レバのナンピンは深みにはまる予感がするので自重しました。

いや正確には、注文は出してしまっていたのですが、そこまでは下がりませんでした。

「ファンダメンタルズからみてすごく割安」という文句は、とても魅力的に耳に響くのですが、

暴落時には割安もくそもなく落ちていくというのは経験済みですので……。

慎重の上にも慎重を期していきたいと思います。

 

全面安の個別株の中、チャーム・ケア・コーポレーション (6062)はプラス3.60%と続騰しました。

天井知らずのチャートになってきたような。

今日の出来高はさほど多くはなかったので、そこまでではないような。

 

ゴールドマン・サックス証券三井物産 (8031)について、増配の可能性が高いとみているとのこと。

今期は60円配予想ですが、3年前に初めて買った時の動機となった配当は64円でした。

それからずっと持っていますが、大幅な減配による雌伏の時期を経て、ようやく元の水準に回復してきました。

皆さん同じだと思いますが、個別株に関しては、

まとまった株数(といっても最大1,000株程度ですが)の高配当株を安く買い込めるような地合、

すなわち大暴落局面を渇望して久しいです。

あおぞら銀行 (8304)や、蔵王産業 (9986)を狙っていますが、手が届く日はいつになるのやら。

 

藤井四段が森内九段に挑戦するNHK杯戦が、なんと生中継されるとのこと。

まだ連勝中だった千田六段戦は普通の録画放送でしたので、

NHKは、森内九段戦であるということに重きをおいて判断したようです。

これまでのような、売り出し中の若手との対局も興味深いですが、

初めての羽生世代との対局、しかも重厚な棋風の森内九段との対局はとても楽しみです。

この対局が決まった当初は、連勝がここまで続いていて、森内九段がそれを止める展開を妄想していました。

仮に連勝がここまで続いていた場合、NHK杯の前に竜王戦挑戦者決定戦で羽生三冠と対局することになりますので、

その場合は生放送にはならなかったような気がします。

解説者は是非羽生三冠に!と思いましたが、佐藤康光九段でした。

当然そういう話になったと想像しますが、

竜王戦挑戦者決定戦の第2局(8月25日)と第3局(未定?)に挟まれた日程ですから、

NHK側が配慮したのかもしれません。

チャーム・ケア・コーポレーションが噴火して高値更新

昨日少し期待してしまったチャーム・ケア・コーポレーション (6062)は、

材料無しにも関わらず、いきなりプラス8.93%と噴火してくれました。

5月9日の高値を明確に抜いて事実上の上場来高値更新。

更なる上昇路に踏み出した第一歩に見える(見たい)のは私だけではない筈。

 

昨日、あかつき本社 (8737)から、中間期配当10円(2.5倍という大幅増配)と優待廃止が発表されました。

少し前にも、

「優待廃止文言を含むリリースを出した後で、優待廃止の部分については削除訂正する」

という怪行動がありましたので、ある程度予想はできた結末だったと思います。

また、期末配当も10円と仮定すると、利回りは4%半ばになりますし、

優待も来年3月分まではくれるということなので、かなり良心的で誠意のある配慮です。

 

現状の配当利回りは十分高いとは言え、

今後も長期間安定してそれを維持できるかどうか、私に想像できる業種ではありませんので、

良きタイミングで利益確定するつもりです。

今日、もし優待命の人たちが売りまくって含み益に転落することがあったら、

900株ナンピンして1,000株にしてやろうかなと手ぐすね引いていましたが、

プラス2.78%という結果で拍子抜けでした。

あと2回の優待と配当をもらうかどうか、株価との天秤にかけながら売却タイミングを沈思する日々になりそうです。

と言っても、たったの100株ですけれど。

 

すかいらーく (3197)はずるっと安値引けで、含み損へ。

この水準に対する底値感はかなり強いですが、さりとて浮上していく雰囲気はさっぱり感じられません。

含み益が全く無い安値圏で次の売り出しが来てしまったら最悪の展開ですが、

売る方としてもさすがにそれはしないでしょうか。

もうすぐバブリーな優待券も発行されますし、売上の下押し圧力になりそうなのも懸念されます。