三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

Jackeryのソーラーパネルが突然お亡くなりに

5月以降、晴れている日はフル稼働してきたJackeryのソーラーパネル、SolarSaga100でしたが、

去る11月23日に突然お亡くなりに。

その直前まで発電できていたのですが、突然ランプが消え、ポータブル電源700への充電量がゼロになりました。

 

不調の原因に心当たりはなく、2年保証がついているので、

Jackeryのカスタマーサービスへメールで問い合わせます。

 

以前、使用方法についてカスタマーサービスへ問い合わせたことがあったのですが、

迅速に丁寧な応答があったので好印象でした。

 

santekigon.hatenablog.com

 

そして今回も、祝日である11月23日の昼過ぎにメールを送ったのにも関わらず、

当日の夕方に返事が届いてびっくり。

 

私としては、無償交換してくれれば助かるのですが、現品を送り返すのはひと苦労だなと思っていました。

ところが、カスタマーサービスからの返事は、

ソーラーパネルの不具合と判断したので、現品の返送は必要なく、代品を送る」とのこと。

 

返送する必要がなくなったので喜んだのですが、その後でいろいろ考えました。

まず、不良の現品をこちらで粗大ゴミとして廃棄するにしても手間とコストがかかるので、

着払いで返送する手間と比べたらトントンかな、と。

 

また、返品を求めないJackeryの対応についてですが、邪な購入者に悪用されかねない気がしますので、

お節介かもしれませんが心配になります。

 

そして一番気になるのが、ソーラーパネルの品質。

今回の不良が、どのような性質のものなのかが問題です。

メールでの説明のみで代品提供を申し出てくれたことから、

どうも、この手の不良が一定程度発生することを把握しているようです。

では、ソーラーパネルの品質に対して、この不良が重大なものなのかどうか。

即座に代品を提供してくれたことから推測するに、

この不良はどうしても発生してしまうものの、その頻度は十分低く、

その都度代品を提供しても充分採算が取れるということではないかと考えられます。

不良品を着払いで返送させるコストを省いているのも、その方針の一貫でしょうか。

という訳で、私の運が余程悪くなければ、

2台目は問題なく長期に渡って使用できるのではないか、という希望的観測。

 

とにもかくにも、Jackeryのカスタマーサービスは対応が非常に行き届いています。

ソーラーパネルとポータブル電源を買う際、もう一つの候補だったメーカーについては、

カスタマーサービスの悪対応に関してのレビューがあったので、

それが本当であるとすれば、Jackeryを選んで大正解でした。

代品のSolarSaga100が、問題なく長期間機能してくれれば……。

 

santekigon.hatenablog.com

水合わせって大事……

11月24日(火)に、O川で岸からガサガサをしました。

先日買ったタモ網の威力を確認し、カワムツかオイカワの稚魚を10匹連れて帰るのが目的です。

 

santekigon.hatenablog.com

 

しかし、新タモ網のリーチの長さを活かせないことが早々に判明。

考えてみれば当たり前のことではあるのですが、カワムツほどの遊泳力を持つ魚の場合、

障害物の無い開けた場所を泳いでいるのをタモ網1本で掬いとるのは至難の技です。

 

という訳で、今回も岸近くに寄ってくるのを辛抱強く待ち続けるハシビロコウスタイルになりました。

それでも何とか1時間粘り、稚魚を8匹確保。

気温が下がってきたこともあってか、この日は弱らせずに持ち帰ることに成功し、

先住の稚魚2匹が泳ぐ20cm水槽へ入れました。

 

f:id:santekigon:20201125201131j:plain

 

が、ここで最悪の失敗を……。

この日は天気がよく、陽が当たる屋外に置いてある20cm水槽の水温は、真夏並みの30度に達していました。

一方で、川の水はひんやりしていて、おそらく20度を切るくらいでしょうか。

この温度差は流石に気になったので、稚魚を入れる前に、

稚魚達が入っているふぉっとっとと20cm水槽との間で少量の水の出し入れを繰り返して慣らしたつもりだったのですが……。

20cm水槽に入れた直後から稚魚達がふらふらになり、

2時間後には6匹が死亡、1匹が行方不明、1匹が迷泳状態という大惨事を引き起こしてしまいました。

 

水槽との水温差については、「水槽に入れた直後に少しふらついて元気がなくなる」くらいの軽い経験しかなかったのですが、

今回については、秋の川と日向の水槽との水温差があまりにも激しすぎたようです。

折角網に入ってくれたのに、実に申し訳ないことをしてしまいました。

 

結局、8匹のうち1匹は何とか生き残り、先住の2匹と一緒に暮らしています。

当日の夜には迷泳が治まっていたのですが、その後も少し元気が無い感じがするので、

後遺症がまだ残っているのかもしれません。

しばらくは注意して見守ります。

 

f:id:santekigon:20201125201200j:plain

f:id:santekigon:20201125201209j:plain

 

次回からは、ガサガサのバケツにも水温計を入れておき、日除けをつけた20cm水槽共々水温を確認します。

そして稚魚をビニール袋に入れて20cm水槽に浮かべ、しばらく水温合わせ。

これまでは水温よりも酸欠への危惧が強かったので、

持ち帰ったバケツから早く水槽へ移さねば、という考えでした。

水合わせの途中で酸欠になる可能性も考えられるので、いろいろ神経を使わねばなりません。

Eストアーは眩い黄金ロードに乗るか

Eストアー (4304)が好調です。

11月13日に噴き上がって高値キープ、17日に再び噴き上がって高値キープ、

そして今日、更にプラス13.10%と直近で3度目の高騰となりました。

11月12日に1,300円くらいだった株価は、今日の終値で2,314円に達しています。

 

優待目当てで100株、その直後のナンピンで100株、ということで200株しか保有していませんが、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)のように、

株価上昇と株式分割を繰り返す黄金ロードに乗ってくれないかなと妄想しています。

 

動意付いている最近はまだしも、普段のEストアー出来高はかなり小さいので、

株価がもう少し上がったところで維持できれば、株式分割は期待できそうです。

黄金ロードに乗った場合、株式分割して株価が半分になったとしても、

いつの間にかまた同じ株価にまで回復するのが常。

 

チャーム・ケア・コーポレーションの場合は、

私が買ってから4回も分割してくれたので、100株が1,600株になる計算です。

一連の分割の途中で一部を売り、現在は600株を保有していますが、

買値は16分の1になっているので僅か78円。

現株価は1,319円なので、実に16倍以上になっています。

売却益も50万円くらい出してくれましたし、歴代の貢献銘柄としてはトップクラスです。

 

Eストアーについては、今後の業績を想像できそうな業種ではありませんので、運任せではありますが、

第2のチャーム・ケア・コーポレーションになってくれることを夢見つつ、

握力を強めにして見守っていきます。

怪しいチョコファッション男

いやあ、一体どうなってんでしょうか。

主力銘柄の半分くらいは前日比マイナス……。

海外の機関投資家には好かれない銘柄ばかり保有しているようです。

もう年越しの準備は終わったことだし、9月優待を全部受け取ったら、冬籠りに入るかなあ。

 

今日、いつものように死ぬほど好きなチョコファッション(6つ)を求めにミスタードーナツに行ったところ、

店員さんに「3つずつ袋に、ですか?」と言われました。

確かにいつもそう頼んでいるのですが、もしや顔が割れている(マスクをしているのに)?!

 

チョコファッションの在庫が6つに満たない時もあり、

お願いして、オールドファッションにチョコをつけてもらったり、

30分後に戻ってくるということで新たに作ってもらったりしたから?

 

いや、そもそも平日の昼間に足繁くチョコファッション6つを買いに来るおっさんがいたら、

印象に残るのは必定でしょうか。

店員さんの間で、怪しい「チョコファッション男」とか言ってネタにされとるかもしれん(笑)。

 

ミスタードーナツは月ごとにクーポンがもらえるのですが、

最近はずっと、「5つ買ったら1つプレゼント」でした。

今月のそのつもりでいたのですが、よくよく見ると「6つ買ったら1つプレゼント」というアコギな変更が!

今日、店頭で指摘されて初めて気がついたのですが(もちろんチョコファッションを1つ追加して対応)、

去る11月4日と16日に買った際は、

何も言わずに「5つ買ったら1つプレゼント」ということで処理してくれていたのは何故?

上得意様の「チョコファッション男」が、自信満々にチョコファッション6つとクーポンを差し出したので、

「違ってます」とは言いにくかった?

 

基本的には、マクドナルドに行くのとセットなので、

マクドナルドの優待券が半年で6枚ということは、月に1回平均しか買わない筈なのですが、

2月以降は花粉を避けて「花籠り」するので、ちょっと早めに消費しないといけないのです。

損出し(損切り)完了

マイナスだったポートフォリオのことはさておいて、

もう上がる気配はなさそうなウチヤマホールディングス (6059)を600株損切りし、

今年の節税売りが完了しました。

 

昨年の確定申告では、申告分離課税で-738,111円を繰り越していましたが、

そこへ今年の配当益と売却損益を合算した結果、〆てプラス34円!

ここまでぴったりになるとは思いませんでした。

まだ年内に夢真ホールディングス (2362)を売る可能性はありますが、

幸いにして(やけくそ)、ここのところのズル下がりで買値から10%以上も遠ざかってしまったので、

ポートフォリオに入れたまま年越しになりそうです。

 

あれだけ地獄絵図だったコロナショックが、今年のうちに無かったことになるとは、

そして日経平均2万6千円などとは、3月の時点では想像もできませんでした。

不振をかこつ古株の主力銘柄連中のせいで、

ポートフォリオ全体の時価総額は今年の1-2月に遠く及びませんが、

3月からのバーゲンセールで買った11銘柄409万円分だけでいうと、現在では582万円の額面になっています。

しかしながら、パソコンの画面上で含み益の数字がいくら大きくなっても何の実利もないので、

配当の上積みという確かな実利が得られるバーゲンセールを待ちわびています。

3月時とは違って、現在は買付余力をだいぶ確保できているので、あの3月の凄惨な地獄絵図よ、再び!

信じられない

狂ったような高騰相場も信じられませんが、

まるで蚊帳の外のポートフォリオの方がもっと信じられません。

 

国家権力からハラスメントを受け続ける通信銘柄、

そして株式の売り出しを発表していたアサンテ (6073)等、逆行安銘柄が多発しております。

早晩相場が巻き戻す時には、しっかりとその流れに乗ってしまうに違いありません。

割りに合わんなあ。

 

今日は、明光ネットワークジャパン (4668)から、優待のクオカードが届きました。

今回から半分に改悪されたので、1,000円+500円という中途半端な内容に。

現在が業績のどん底だと思いますが、ここから巻き返す可能性よりも、

恐怖のお父さんが来る可能性の方が高い気がしてなりません。

優待プラスそこそこの高配当銘柄だった時代は、遠い昔であります。

ダニ退治

先日、両腕に痒い発疹が多数出現したのですが、

その3日前に羽毛布団を出していたこと、

そして、就寝中に羽毛布団に直接触れ易い腕にしか発疹ができていないことから、

ダニではないかと思い至りました。

 

これまで、ダニ禍に見舞われたことは1度も無かったのですが、

今回は果たして何がいけなかったのか。

とりあえず、どう対処すべきか考えたのですが、布団乾燥機にダニ退治モードがあるのを発見。

熱がよく伝わるように、布団のセット方法が解説されています。

また、乾燥機をかければかけるほど効果が増すとあったので、

羽毛布団で4時間、そして敷布団で4時間という1日がかりのダニ退治を決行しました。

 

これで効くかどうかは五分五分くらいかなと覚悟していましたが、

幸いにも、その後、新たな発疹は現れずに収束してくれました。

 

それにしても、ダニに噛まれるとあんなに痒いとは知りませんでした。

一応、毎年羽毛布団をしまう時には乾燥機をかけていたのですが、

今度からは、4時間の徹底的ダニ駆除コースにかけてから片付けることにします。