三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

「ただ春を待つ」その他編

春になったら楽しみなことの続き。

 

昨日の水槽関連以外だと、まずはテンカラ釣りで、

昨秋に道具だけ揃えたのですが、いよいよ始められます。

いかにもカワムツが釣れそうな場所はいくつか目星をつけてあるので、暖かくなったら、いざ出陣。

もし大物が釣れたら、さばいて食べてみるところまでやってみるかもしれません。

まずは塩焼きかな。

 

続いては庭仕事で、黒土作り。

獲ってきたミミズを放牧し、毎日水をやって、秋から冬に集めた落ち葉を肥沃な黒土に変えます。

出来上がったサラサラの黒土は、実に美しい。

もちろん、その土を使って作物を育てるのが最終目的ではあるのですが、

この土作りの作業それ自体がかなり楽しく、黒土を見ると、なんとも言えない満ち足りた気持ちになります。

 

庭仕事としては他に「趣味の養蜂」にも興味津々なので、現在鋭意情報を収集しています。

 

santekigon.hatenablog.com

 

巣箱を手作りして、ニホンミツバチの招聘を目指すのが本筋かと。

時期的には、巣箱を用意して準備を始めるならばまさに今なのですが、

流石にちょっと間に合わないので、今年は下調べと準備ということになりそうです。

情報収集と勉強を進めつつ、実際に庭や周辺でミツバチが見つかるかどうか、

近場に十分な量の花が咲いているかどうか等、環境を確認しなければなりません。

できれば、野生のミツバチの巣も見つけてみたいです。

アシナガバチの巣と比べると露出していないと思うので、外勤働きバチを見つけて尾行するしかないかも。

「ただ春を待つ」水槽編

夏好き冬嫌いの私にとって、例年、春の訪れは待ち遠しいものですが、

晴耕雨読生活1年目の今年は特に、春を待ちわびています。

寒い時期には色々行動が制限されるので、自由な生活を最大限に謳歌するには暖かくないと……。

 

春の到来が楽しみなのは、まずは水槽の中。ヌマエビの繁殖です。

 

現在、屋外の20cm水槽と室内の60cm水槽に、それぞれヌマエビが暮らしていますが、

ここ数ヶ月は目立った問題が無さそうですので、飼育条件としてはようやく安定してきた感じ。

このヌマエビ、寿命は1年くらいだそうなので、水槽内に継続的に居てもらうには世代交代が必須です。

春から秋にかけて、水路では頻繁に抱卵したメスが獲れますので、

我が家のヌマエビ君達にもしっかり繁殖してもらいたいところ。

20cm水槽には捕食者はいませんし、

怖いカワムツ君とタモロコ君がいる60cm水槽にはウィローモスが相当繁茂しているので、

小エビの成長も十分可能な筈と見込んでいます。

 

こちらも繁殖を期待しているのは、タモロコ。

60cm水槽にはタモロコが7-8匹住んでいて、うち何匹かはお腹がでっぷりと肥えているので、

成熟した雌ではないかと期待しています。

水草も石もあるので、こちらもなんとか繁殖してほしいです。

 

更に、カワムツが成熟して婚姻色や追星を見られないかなと。

現在一番大きい9cmくらいのカワムツ君は期待できそうですが、6匹から成る第2グループはまだ5-6センチ。

彼らがここからぐっと成長して、今年中に成熟するのかどうか、興味津々です。

 

一方で、暖かくなったら魚たちに活きのいい御馳走をふるまって喜んでもらうのを楽しみにしています。

考えているお品書きは二つで、ミミズとボウフラ。

今年もミミズ狩りに精を出すつもりですが、小さいのが獲れたら、刺身盛りにして提供予定です。

昨年は睡蓮鉢に投入したところ、どぜう君が喜んで頬張っていました。

 

夏の庭では猛烈な数の蚊が発生しますが、その駆除も兼ねて、ボウフラを食べてもらえれば好便です。

大量の豆腐のパックに水を張って庭に置き、そこに湧いたボウフラを片っ端から食卓へという計画。

昨年は、かなり食べ応えのありそうな太ボウフラをたくさん目にしたので、喜んでくれそうです。

60cm水槽に傷が!

先日、60cm水槽の前面ガラスに大きな傷がついているのに気がついてしまいました。

下辺から5cmくらいの高さに水平に走る9cmほどの傷……。

ちょうど砂利がそのくらいの高さまで入れてあるので、

マグネットでコケを掃除した際に小石を巻き込んでしまったのでしょうか。

あれだけの傷となると、小石で引っ掻いた時にしっかり音がしそうなものですが、全然気がつきませんでした。

 

何十分も飽かずに魚たちを眺めるのが好きなので、前面ガラスの綺麗さは重要です。

どちらかというと目立たない箇所だったのが不幸中の幸いでしたが、

今後はもっと気をつけないといけません。

 

尚、前面以外の3面については、魚たちのための目隠しとして苔が生えるのに任せているので、

ふさふさ緑の縦草原になっています。

生えた苔はヌマエビ君のおやつにもなっていそうなので、一石二鳥。

くしゃみが出始めたし、しばらく「春眠」か

夢真ホールディングス (2362)、ウチヤマホールディングス (6059)、ビーネックスグループ (2154)と、

注目どころは全く下げ止まる気配なし。

しばらくは取引の機会が無さそうな感じなので、相場監視のモチベーションがだだ下がりです。

鼻水とくしゃみにも参ってしまうので、しばらくは春眠するとしましょうか。

今年は、昨年までより外出する時間が激減するので、案外楽にやり過ごせるかもしれませんが。

 

今年の花粉量は少ないそうですし、一方で飛び始めは早かったので、

収束も前倒ししてくれると嬉しいです。

ニホンミツバチの分蜂は桜が散ったすぐ後に始まるということなので、

4月に入ったらすぐにフィールドワークに出かけたい!

私には「花」を愛でる感性が全く無く、これまでは花に視線をやることもなかったのですが、

これからは、ニホンミツバチの姿を求めて近所の花々を凝視します。

嗚呼、今日も逆行安!

う~む、なんと今日も逆行安とな。

花粉症の症状も本格的になってきて、待ちわびる春を前に試練の時を迎えています。

 

今朝、ラジオのニュースで聞いたのですが、

二次試験を来週に控えたある大学が、新型コロナウィルス陽性の受験生に対して、

1、試験を受けに来るな。

2、追試はしない。

3、受験料も返さない。

という三行半を突きつけたそうです。

なかなかパンチの効いた態度ですが、本当なのでしょうか。

 

そのニュースでは、大学はホームページでこの旨を発表したとのことでしたが、

ざっと見てみた限りでは、そのようなリリースは見つかりませんでした。

真偽の程は不明です。

嗚呼、逆行安

今日はほぼ一日外出していましたが、帰宅してみると日経平均は反発。

ところが、SBI証券ポートフォリオはまさかの逆行安でずっこけました。

 

積水ハウス (1928)、リコーリース (8566)、あおぞら銀行 (8304)の主力3銘柄で、

〆てマイナス125,500円也。

だめだこりゃ。

 

松井証券ポートフォリオでは、

元々指数とは連動しないウチヤマホールディングス (6059)もマイナスに沈みましたが、

リテールパートナーズ (8167)は、プラス0.87%とやや上昇。

あと4営業日で3.44%の含み損を跳ね返す奇跡を。

 

今日の外出の帰路は16時過ぎでしたが、中学生の群れとかち合ってしまい、歩道で追い越すのに難渋しました。

まあ外様なのはこちらなので、慎み深く追い越さないといけません。

最近は自転車が加害者となる事故もよく聞くので、

突然向こうからぶつかってきても避けられるように、

万一ぶつかっても大事にならないように、極力徐行して追い越します。

 

先週は、13時過ぎくらいだったのにも関わらず、帰宅する中学生の群れに遭遇してしまいました。

午前授業という訳でもなさそうな、中途半端な時間の不気味な一斉下校。

試験後に給食だけ食べて解散?

雪やこんこ、あられやこんこ

昨夜から今日にかけて、瞬間的に雪やあられが舞いましたが、相場も荒れ模様に。

松井証券ポートフォリオの崩れは止まらず、時価総額は昨年10月7日以来の低水準に達しています。

10月7日頃というと、日経平均は2万1千円台前半でした。

下がったとはいえ、今日の日経平均終値は23,193円ですので、

松井証券ポートフォリオはずいぶん劣後しています。

 

生憎、買付余力も払底中。

かなり久しぶりな気がしますが、初級個人投資家の伝家の宝刀である「死んだふり」作戦の発動です。

 

どうも、花粉が結構飛び始めている雰囲気。

腕立て伏せの最中に鼻水が垂れてきます。

明日は一日外出なのですが、マスクをして、ティッシュをしこたま持参することにします。