三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

沖縄セルラー電話がダブル増配

今日から保有銘柄の決算発表が始まりました。

 

まずは、キヤノン (7751)の第1四半期決算と、沖縄セルラー電話 (9436)の本決算。

キヤノンについては事前の観測報道通り、のっけの第1四半期から通期予想をマイナス16.7%(純利益)に下方修正しました。

元々、上へも下へも修正しまくる前科がありますので、今後も思いやられそうです。

ただ、減配はしないと踏んでいるので、根本のところは大丈夫といえば大丈夫かな。

 

沖縄セルラー電話は、親会社のKDDI (9433)に引きずられて、ここのところの株価はボロボロです。

しかし、まだ人口が増加しているという特殊な経済圏で圧倒的なシェアを持っているという強みが極めて魅力的に映るため、

結構な値がさ銘柄ではありますが、200株ナンピンして300株保有になっています。

また、今回の決算発表内容で、株価が底打ちになるのではという期待がありました。

 

蓋を開けてみた結果は、昨期の着地は堅実な増収増益。

今期の予想は、微々たる減収減益ですが、ほぼ横ばい。

そして配当は、去る3月権利の昨期期末配当は、62円予想から68円へ増配(年間では130円)。

今期予想は年間136円なので、更に6円の増配となります。

業績については、昨期も、ほぼ横ばい予想からの増収増益着地だったので、今期予想も悪くはなさそうです。

むしろ、通信銘柄に対する逆風の中で出してきたこの数字なので、力強いと評すべきかもしれません。

株主還元に積極的なことは再確認できましたので、300株を安心して保有しておけます。

明日の株価が噴き上がってくれれば嬉しいのですが。

 

野次馬根性で、ファナック (6954)の本決算を覗いてみました。

昨期の純利益がマイナス15.3%という着地でしたが、今期予想はなんとマイナス59.6%!!

要するに半分以下になるという訳ですが、確か、ファナックは控えめな予想を出すことで知られていた気がします。

おそらくは、これから上方修正を連発していく流れになるのだと思いますが、それでも、明日の株価は興味津々です。

 

5月14日に本決算発表予定のみちのく銀行 (8350)からは、ご丁寧に直前の下方修正リリースがありました。

売上はプラス3.4%に修正するのに、純利益はマイナス45.8%!!

ファナックの数字で楽しんでいる場合ではありません。

しかもこちらは期初の予想ではなく、本決算直前の修正です。

1株あたり利益も24.64円になってしまいますので、20+20=40円の年間配当は絶望的です。

既に中間配当で20円は支払ってしまっていますので、期末の20円は霧散しそうな気がします。

そうなれば必然的に、今期予想も無配に近い数字が出てきそう(恐)。

まあ、この御時世、ある程度の惨状は覚悟して100株だけを保有しているのですが、

それでも、ポートフォリオに無配銘柄があるのは気分が悪いので、せめて1円でも2円でも残して欲しいです。

離職票をようやく受領

ネット上の声を聞くと、そろそろJT (2914)の優待が届いている模様。

遅い遅いと思っていましたが、どうやら「4月中旬から順次発送」という記載があったようです。

今回で200株グレードは最後で、次回からは晴れて1,000株グレードに。

レトルト御飯の個数が増えてもイマイチなので、(しつこいようですが)非常時用のミネラルウォーターを所望します。

 

気になるウチヤマホールディングス (6059)は、今日も下落でマイナス1.01%。

どうか、もうすぐ上向く200日線に触れてしまう前に跳ね返って下さい。

 

3ヶ月くらい綺麗な横ばいを続けているティア (2485)ですが、

急に思い立って、ふらっと100株買い増してしまいました。

ナンピンではなく、保有買値ちょうどでの買い増しで計400株に。

社長さんのIRセミナーを2回も拝聴している縁もあり、長期的な成長・値上がりを期待して保有しておきます。

低位銘柄ですし、キリよく500株まで増やしてもいいかな。

 

だいぶ遅くなりましたが、本日、簡易書留で離職票が送付されてきました。

これでようやくハローワークへ行くことができます。

ちょっと天気が怪しいですが(自転車行なので重要な問題)、早速明日にでも。

 

折角なので、出かけるついでに優待券を使ってマクドナルドへ寄りたいところですが、さすがにてりたまの期間は終了しています。

現在はグランドビッグマックですか。

大きいのはいいですが、ビッグマックの味はそれほどでもないので悩みます。

まあ、どれくらい大きいのか、一度頂いてみるとしますか。

それにしても、花粉が心配です。

天気も心配ですし、どっちに転んでも被害を被りそう。

決算発表迫る

今週水曜日から、保有銘柄の決算発表が始まります。

キヤノン (7751)とNTTドコモ (9437)は、既に観測報道が出てしまっていますが、

NTTドコモに関しては、今期の配当予想に注目です。

多分、僅かばかりの増配はしてくれそう。

 

あと重要なのは、水曜日の沖縄セルラー電話 (9436)と、金曜日の三井物産 (8031)。

沖縄セルラー電話は、この決算発表(+今期予想)をきっかけに株価底打ちとなったりはしないかなと期待しています。

三井物産は、このところ散々増配を渋ってきている前科があるので、今期も据え置き予想という覚悟済み。

その場合は、株価はひどいことになりそうです。

 

今日のウチヤマホールディングス (6059)は、マイナス3.31%と軟調

このところ、プラスにもマイナスにも2-3%は振れる日が多く、売り買いが交錯しているようです。

出来高は完全に平常運転に戻り、今日でいうと69,800株というガチガチの低流動性なので、

少数の個人株主の取引でかなり振り回されていそうな気がします。

しばらくして落ち着いた後で、粛々と75日線を引っ張り上げていく軌道になれば万々歳なので、

やきもきしつつ静観するしかありません。

 

さて、元職場の世界では、今週末の27日から29日まで、しょうもないイベントにサクラとして駆り出される運命にありました。

「何が悲しゅうて、そんなボランティア(そもそも「自発的」ではないし)に献体しないといけないのか!」

と憤るところだったのですが、今の私には無関係なのでどうでもいいです。

それよりも、今週中に鼻水が止まって欲しい……。

よくよく考えてみると、通勤しなくてもよくなったので、全然運動をしていません。

鼻水さえどうにかなれば、走る気満々なのですが。

ミミズの生態

釣り餌にすべく、十分量のミミズを庭に自生させるというのが目標の一つです。

庭の3箇所に落ち葉を積み上げていて、それをうまく堆肥に発酵させてミミズに住んでもらおうという作戦。

先日、大変な思いをして手に入れた堆肥も、この落ち葉に混ぜて発酵を促します。

ミミズは日の当たらない湿った場所を好みますが、生憎この落ち葉溜まりは陽が当たる場所にあるので、対処が必要です。

現在は毎日水を撒いているだけですが、日差しが強い季節になる前に、何かしら日よけの算段をせねばなりません。

ただし、雨天の日には逆に雨を受けなくてはいけないので、簡単に着脱できる構造でないといけません。

有り合わせで調達できる材料を使って、なんとかうまいこと作れないか試行錯誤中です。

 

現段階でも既に、落ち葉溜まりの中にちらほらミミズが見つかります。

ところが、そのほとんどが太さはあるものの短く、変な状態。

ミミズの生態としては、大人のミミズが細く短くなった相似形を「幼体」として想像していたのですが、

もしかすると、この「太さは大人と同じだけれども短い」というのが幼体なのでしょうか。

まだ朝晩は寒いですし、ミミズもそう活発に活動して成長してはいないでしょうから、幼体が多い筈です。

現時点で、発見した4匹中3匹がその太く短いバージョンだったので、これが幼体である可能性は高い気がします。

最初の1匹を見たときには、私のスコップで切断された被害者かと思ってしまいました。

 

もう少し暖かくなるのを待って、雨上がりの日にミミズさらいの散歩に行くつもりです。

庭には、アパートから連れ帰ったどんぐりとアボカドも鎮座していますが、

ミミズの養殖についても、いろいろ試行錯誤していくのが楽しみです。

あとは鉢でビオトープも作りたいですし、楽しみは尽きません。

国民年金の保険料を納付

何と気持ちの良い天気なのでしょう。

花粉さえ飛んでいなければ、網とバケツを持って近所の田んぼの畔に飛んでいくのに。

釣りもいいですが、網で捕まえるのも大好きです。

釣りでいうと、針にかかった魚を想像しながら手繰り寄せている時間。

網だと、掬って持ち上げた瞬間。

どちらもワクワクしてたまりません。

 

今日は食料品の買い出しと、国民年金の保険料を振り込みに行きました。

近所のスーパーまでの距離は、引っ越し前よりやや遠くなりましたが(1.8kmほど)、

自転車での道程には人も車も少なく、気分はこちらの方が段違いです。

 

これまでは、桜というと近所の公園の喧騒がセットになっていたので、周囲が静かになる葉桜の方を好んでいました。

今年は、人がほとんどいない状態で桜の花を見ることができ、不純物無しで本来の価値を感じられた気がします。

それでも葉桜の方が好きですけども。

 

国民年金は、今月から来年3月までの1年分を一括納付で193,420円。

これだけまとまった金額だとクレジット払いにしたいところですが、

年度が変わってからの申し込みでは間に合いませんでした。

来年からの2年分を一括でクレジット払いにする予定です。

ただ、免除申請もできると思うので、来春までに調べてみようと思っています。

行政の現状を鑑みた場合、自分が実際に年金を受給することになる年齢まで生きるつもりはさらさら無いので、

免除してもらって、その分は今の楽しみに使う方が良いに決まっています。

出てくるのはため息ばかり

何度見た光景なのか、もはや数え切れませんが、日経平均が三桁上昇の日にポートフォリオはがっつりと下落。

しかも絶対値は同じくらいなので、相当な差です。

日経平均は「高値がどう」とかいう話題になっていますが、ポートフォリオはまさかの年初来安値圏(泣)。

来週から始まる本決算発表の内容によっては、惨憺たる状態で10連休に突入することになりそうです。

 

キヤノン (7751)は今日も大幅続落でしたが、

ここは現金もプライドも持っていると思うので、減配の心配はほとんどしていません。

減配の不安さえなければ、株価の青い数字は何とかやり過ごすことが可能ですので。

 

現在の状況の戦犯であるKDDI (9433)、NTTドコモ (9437)、JT (2914)にも共通する要素はありますので、

含み損の数字を見ないことにすれば、それほど深刻な状況ではないと言えます。たぶん。

まあ、その含み損の影響力が結構曲者である訳ですが。

 

今日の光明は、ウチヤマホールディングス (6059)。

場中にかなり上下動があったので売りと買いがせめぎ合っている感じですが、最終的にはプラス2.60%でした。

出来高はほぼ通常運転に戻りましたので、それでもプラスで引けたということは、

安定的な上昇気流が絶えてしまった訳ではなさそうな気がします。

 

引き続き、対岸の火事である大和ハウス工業 (1925)は、結構派手に燃えております。

「明日は我が身」にならぬことを祈るばかり。

くわばら、くわばら。

スギ花粉だと言ってくれ

何のことはない。

早速元のペースに戻って、指数の1.5倍下げです。

「下げる日には指数に強かった」時代は遥けくなりにけり……。

 

来たる第1四半期業績発表について、下方修正の観測記事を書かれたキヤノン (7751)がマイナス3.96%と撃沈。

リコーリース (8566)もずるっとマイナス2.23%の大陰線で、75日線から一気に下放れています。

 

そして、ウチヤマホールディングス (6059)は今日も踏ん張れず、一昨日の急騰分が2日で吹っ飛びました。

昨日と今日で、一昨日の出来高の8-9割に達していますので、お祭りは早くもお開きということのようです。

「大相場」という虫のいい妄想は諦めますので、せめて緩やかな上昇基調は維持してくれますように。

 

なんということか、一度はマスクを卒業してみたというのに、再び最盛期レベルの鼻水が!

世の中は完全にヒノキ期に移行している雰囲気なので、心中穏やかではありません。

ただ、朝晩はまだ異常に寒いですし、庭のどんぐりを見ると、芽吹いた小さい葉が開きかけたままで逡巡しています。

通常、若葉が芽吹いてくると、あっという間に開いて大きくなるものなので、明らかに例年とは違った振る舞いです。

ということは、スギ花粉の飛散ペースも例年とは異なっている可能性はある筈。

気象庁の予報には、どうもそれが反映されていないようですが。

5月の声を聞く時期まで鼻水で溺れそうになるのはうんざりですが、せめてこの原因がスギ花粉であることを祈るばかりです。

ヒノキは勘弁してくれ……。

 

雨上がりで暖かくなってきたということで、鼻水をすすりつつ、ミミズ狩りに近所を回ってみました。

道端の植え込みの根元や、公園の木の根元など、堆積した落ち葉を退けると下から湿った層が現れて、

如何にもミミズが好きそうな環境だったのですが、ただの一匹も見つけることができませんでした。

まだ寒いこともあって、繁殖が進んでいないようです。

鼻水がとめどなく溢れだし、20分ほどでギブアップと相成りました。