三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

根尾選手への一球

官房長官の値下げ発言で、KDDI (9433)が爆下げして吃驚しましたが、

あおぞら銀行 (8304)は、陽線で底打ちの足場固めをしてくれたので満足です(希望的観測)。

 

キヤノン (7751)、積水ハウス (1928)、三井物産 (8031)と、

主力銘柄が次々と大きめの下降トレンドに入ってしまった雰囲気です。

雨雲が垂れ込めてきています。

 

残念ながら、金足農の優勝はなりませんでした。

勝負の行方の分水嶺は、初回の大阪桐蔭の攻撃で、

吉田投手が根尾選手に投じた4球目と5球目だったように思えます。

 

立ち上がりのこの回、先頭打者へ与えてしまった四球をきっかけに無死一・三塁というピンチを招き、

大阪桐蔭の主軸と相対することになった吉田投手。

しかし、ここで鮮やかにギアを切り替え、3番中川選手と4番藤原選手はストレートで完全に圧倒し、

最後は共に膝下のスライダーで三振に仕留めます。

 

二死となり、5番の根尾選手が打席に。

2ストライク1ボールと追い込んでから、4球目は外角のストレートでした。

そして5球目は、根尾選手がのけぞって避けるほどの渾身のストレートを内角に。

球審の判定は、共にボール。

6球目のストレートは膝下に外れ、根尾選手は四球を選びました。

 

そして、カウントを悪くした次打者にタイムリーを打たれることになったのですが、根尾選手の時の4球目と5球目。

特に5球目、胸元への素晴らしいストレートは、球審にストライクと判定して欲しかったです。

右投手が左打者の内角にクロスして投げ込んだ軌道ですから、ストライクゾーンを僅かにかすめていた筈。

 

仮に、この5球目がストライクだった場合、

無死一・三塁のピンチから、大阪桐蔭のクリーンアップを三者三振に切ってとったことになりますから、

気持ちが入った吉田投手によって、その後の展開は全く違ったものになったかもしれません。

 

最終的な点差は開いてしまいましたが、

その差を分けたポイントの場面は、紙一重の素晴らしい勝負だったと思います。

 

一方で、大阪桐蔭の柿木投手。

選抜の時から、ここぞという時は根尾投手に先発を譲り、本人は相当に悔しかったと思います。

本大会も準々決勝までは「勝戦処理」のような起用法でしたが、

最後の最後、準決勝と決勝では先発起用され、結果を残しました。

吉田投手の「キレる」ストレートとはまた違って、ズドンとくる重いストレートが見事でした。

金足農・吉田輝星投手

ポートフォリオは指数の倍は下がりましたが、

あおぞら銀行 (8304)の下落は一息ついているので、良しとしましょう。

 

あっという間に涼しくなってしまい、セミに代わって、日が落ちてからは虫が鳴き始めています。

暑いのが好きで、猛暑でも全然平気とはいいながら、涼しい方が過ごしやすいのも確かです。

しかし、去り行く夏の後ろ姿を見送るこの時期は、毎年鬱になります。

 

その夏の終わりを象徴するのが、佳境となっている甲子園。

今日は準決勝が行われましたが、金足農を決勝へ導いた吉田輝星投手、

相手に傾きかけた流れを今一度我が手に手繰り寄せる、その力強さが出色です。

 

日大三との準決勝で、9回表の金足農の攻撃は、この試合初めての三者凡退であっさりと終わってしまいました。

明らかに、直前の8回裏にヒット3本を集めて1点を返した日大三の流れになっています。

そして迎えた9回裏の日大三の攻撃。

一死後の投手ゴロを一塁手も取りに行ってしまい、吉田投手が処理するも一塁がガラ空きで内野安打に。

これはすごく嫌なプレーで、日大三への流れを象徴しているように見えました。

そして次の打者は、その流れに乗るように、鬼気迫る表情で三塁強襲のヒット。

普通の高校、普通の投手であれば、この日大三の勢いを止めることはできなかったと思います。

龍谷大平安や下関国際は、同じような終盤の競り合いで日大三に敗れていました。

 

しかしながら、吉田投手は一死一・二塁から後続を抑え、見事に日大三の勢いを断ち切ったのです。

最後のセンターフライの捕球がかなり危なかったのは、

吉田投手によって断絶された、日大三への流れの後ろ髪たる浜風の影響だったのでしょうか……。

 

吉田投手の「ギアの調節」という高校生離れした投球術が話題になっていますが、確かに卓越していると思います。

普通の投手がやると、ギアを下げた時のレベルがままならないのが関の山ですが、

彼の場合、確かに力を抜いているのにも関わらず、球のキレ(回転)はそれほど落ちていません。

しかも制球力もキープできているので、打者からすると、ギアを下げてもらってた恩恵があまり感じられないかもしれません。

 

しかしそうは言いながら、ギアを最大限に上げた時の投球は明らかに別物です。

これも、並の投手がやると単に力んだだけになり、スピードガンの数字は上がるかもしれませんが、

球質や制球はかえって悪くなってしまうことがほとんどです。

しかし彼の場合、制球力を保ったまま、球速と回転数を更に上げています。

藤川球児投手の、ストレートと分かっていても当たらないホップする球筋が引き合いに出されるのも、さもありなん。

しかもそこに気迫を乗せてくるので、打者は圧倒されるしかありません。

名だたる強豪校の打者に、「あんな球は見たことがない」と言わしめるのは相当だと思います。

 

明日はいよいよ決勝ですが、大阪桐蔭打線と吉田投手の対戦については、

吉田投手のコンディションが一番良い時に実現して欲しかったと思っているファンが多いのでは。

一方的な展開になってしまう可能性が高いのは否めませんが、

これまでの吉田投手を見ていると、まだ底知れぬ力を秘めていて、

「もしかしたら」と期待するのも、あながち夢物語ではないような気がします。

プラチナ価格が衝撃の底割れ

昨日の記事に書きましたが、先日、プラチナ地金を売却しました。

 

 

santekigon.hatenablog.com

 

 

正確には8月6日だったのですが、その直後から、底値圏で横ばいになっているかに思えた価格が更に下落し始め、

今週には(もし売却していなかったら)含み損に転落するという衝撃的な展開になっています。

 

結果的にぎりぎりだったタイミングでの売却となり、冷や汗が出ました。

この資金が長期的に塩漬けになり、しかも配当金も一切もらえないとなると最悪です。

これまで売却しないでいたのは、比較的大きな含み益があったからですが、ここ数年はジリ貧で減る一方でした。

プラチナに関しては、価格が上向く見込みが全く無いような気がします。

 

一時期は200万円くらいあった含み益も、最終的には20万円になってしまいましたが、

まだ株式投資を始める前に投じてしまった資金を無事に回収できたのは幸運だったと納得しています。

 

コモディティの価格が下落すると、経済は不景気に向かうようですが、

果たして、日銀のインフレの目標が達成される日は訪れるのでしょうか。

9年半保有したプラチナ地金を売却

2009年1月に購入し、ずっと自宅で保管してきたプラチナの地金1kg分。

 

 

santekigon.hatenablog.com

 

 

当時はまだ株式投資を始めていなかったのですが、

今となっては、配当がつかないものに何百万円も拘束されているのは我慢ができません。

また、ガソリン自動車から電気自動車へのシフトという話題のせいか、

ここ数年の価格は極めて軟調で、金の価格にもボロ負けしている上に、

ついに含み損転落という最悪のシナリオが現実味を帯びてくる絶望的な展開になっていました。

 

という訳で、9年半の長きに渡って保有してきたプラチナ1kgを先日ついに売却してきました。

支払いは振込みのみだと思っていたのですが、聞いてみると、

振込みだと手数料がかかり、その一方で現金払いは可能だということだったので、

319万円の札束(厚さ3cm強)を受け取ることに。

買った際にも現金で支払いましたが、その時と同じように分厚い札束を所持し、

しかし買った時とは逆向きに道を辿って銀行まで行き、ATMで2回の操作に分けて入金してきました。

 

購入時は300万円弱だったので、300万円を9年半投資して、利益が20万円くらいということに。

単利でざっと計算すると、年利がたったの0.6%ですか。

プラチナを買った2009年とは言わないまでも、

その後のどこかで、この資金を投じて株式を買っていればと妄想せずにはいられません。

 

気を取り直して、この資金は、来たるべき(早く来てほしい)バーゲンセールの時の買い込み資金として、

現金で待機させておくことにします。

ウチヤマホールディングスを買い増し

あおぞら銀行 (8304)は今日もマイナスではあるものの、何とか下げ止まったかもと思えるチャートになりました。

来週以降もスリリングな展開が続きそうです。

 

ウチヤマホールディングス (6059)は、連日で買い増し注文が約定し、

買値の498円で200株を加えて、合計500株となりました。

更に下に向かう可能性があるような気もしてきましたので、

お米券をもらえる400株を確保できた今後は、慎重にナンピンをしていきたいと思います。

 

昨年の記録を見てみると、8月末にはキヤノン (7751)から配当金が振り込まれます。

直近で最後に配当金を受け取ったのは6月29日でしたので、久しぶりの収穫ということに。

株価は長期的に軟調で、もう7ヶ月も下落トレンドが続いていますが、配当金をきちんと頂けていれば問題はありません。

キヤノンは、受け取る配当金額がポートフォリオ中でずっとトップだったのですが、

ここのところのあおぞら銀行ナンピンで、首位を奪われています。

 

ただ、キヤノンは減配しない方針なのに対して、あおぞら銀行は配当性向を厳密に守りますので、両者の印象は対照的です。

増収増益とまでは言いませんので、大幅減配などという展開にはならぬように、

あおぞら銀行には現水準の利益を維持した、手堅く安定した経営を切にお願いしたいと思います。

あおぞら銀行のバーゲンセール、小休止

懸案のあおぞら銀行 (8304)。

ザラ場は右肩上がりになったので気分は悪くありませんが、よくよく見ると、実は昨日の終値比ではマイナスです。

ザラ場の回復も相場に引っ張られただけのような気がするので、

落ちるナイフによる出血劇場は、まだまだ”たけなわ”なのでしょう。

覚悟はできています。

 

スイング用のウチヤマホールディングス (6059)は、

この水準がおそらく底で、今が絶好のチャンスにしか見えないので、

ナンピンではないのですが、買値での指値注文が約定しました。

これで300株保有となったので、あと100株追加すれば、優待のお米券を確保です。

1,000株くらいは保有して、中期的に見守っていきたいと考えています。

 

今日、ポートフォリオ全体はボロボロで、昨日と同じくらいのマイナスになりました。

ダブルインバースは前日比変わらずなのに、散々です。

 

しかしながら、大局的にはこの程度の下げなら大したことはないので、

もっともっと、日経平均であと2,000円分くらい下がって欲しいです。

あおぞら銀行のバーゲンセール開催中

あおぞら銀行 (8304)が、ここ1週間で激しく急落しています。

決算発表については、急落前の7月30日に無難な内容で通過していますし、今回ここまで急落する理由はよくわかりません。

ある程度の信頼を持って主力で保有している銘柄が、明確な理由無くして急落している……。

それは、天佑のバーゲンセールに他なりません。

相場全体の動きとは乖離していますが、ピンポイントでのバーゲンセール到来です。

 

最近ではKDDI (9433)やJT (2914)、少し前ではリコーリース (8566)など、

こういったバーゲンセールを逃さず買い下がれば、遠からず報われる可能性が高いことは経験済み。

逆張りの宿命で大底で拾うことはできないので、

買ってしばらくは含み損が膨らんでいく状態に耐える必要がありますが、そこさえ乗り切れば報われます。

無論、長期的に続く上昇相場が続いていればこそ、という前提条件はありますが、

それはまだ大丈夫だと思います。

 

現在、あおぞら銀行保有株数は900株に達し、取得単価は4,070円。

もう買付余力がほとんど残っていませんが、

今回のは、思い切って突っ込む価値があるチャンスだと思います。

しこたま仕入れた後は、反転の時が来るまでのんびり含み損の数字とにらめっこしていれば良しと。

直に9月の配当権利なので、実利の楽しみもあります。

反転した暁には、全て保有し続けるか、あるいは何株を利益確定するか、

嬉しい悩みを抱える贅沢を味わえることに。

 

相場に関しては、たとえあおぞら銀行も巻き込まれるとしても、もっと激しい下落局面を期待しています。

スイング用のウチヤマホールディングス (6059)も、かなり安いところで200株目を買えましたが、

優待でお米券をもらえる400株までは、早めにナンピンを完了しておきたいところですので。