三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

通期予想の上方修正3連発

今日は、主力どころの業績発表が相次ぎました。

 

やや愛着を失って、100株分の売却を決めたサカイ引越センター (9039)。

ちょうど今日が第1四半期決算発表でしたが、ひとまずこれは通過して様子を見ることにしました。

発表は14時20分と予定されていましたが、それに先立って後場寄り直後に謎の急騰。

そして決算内容は……。

ここまでの月次売上が良かったので、予想通りとも言えましたが、

各利益額は前年同期比で70-80%の増加となり、通期の業績予想も15%くらい上方修正しました。

この好調な業績は既に織り込まれていて、

発表後は「出尽くし」で下げるかなとも思っていたのですが、実際の反応は爆騰げでした。

さすがにここで売ってしまおうという考えも頭をかすめたのですが、

どうやら引越業界はサカイ引越センターの一人勝ちの様相なので、まだ業績好調は続くとみて思い留まりました。

長期的な方針でドライバー等の人材を育成してきたことが、一人勝ちにつながっているようなので、

このリードに対して、他社が短期で追いついてくることはないかもしれません。

社内報でも経営陣の自信満々な言葉がありましたので、もう少し利が乗る可能性に賭けてみます。

 

未だ残る塩漬けの中にあって、比較的多めの資金を投入してしまっているため、

その業績が気になるデクセリアルズ (4980)。

これまでの流れから、数字は良さそうだという雰囲気にはなっていましたが、その通りにいい内容が出てきました。

通期利益を46%も上方修正なので、さすがに明日の株価は素直に騰がってくれそう。

さあ、塩漬け解消に向けた上昇トレンドを加速することができるでしょうか。

 

既に観測報道が出ていたキヤノン (7751)の第2四半期決算。

やはり通期業績予想を上方修正してきました。

純利益を20%ほど上方修正で、1株あたり利益が202.68円です。

また、今回の中間配当は75円と発表され、これは昨年度の年間150円と同じペース。

配当性向が70%以上と、まだ高めではありますが、一時はタコ足配当になっていましたから、

それと比べれば雲泥の差です。

 

と、この3社は揃って通期見通しを上方修正して、文句の無い決算無内容でした。

最後に、エクセディ (7278)の第1四半期業績は修正無しの無風。

最近の自動車業界は、明るい話題がやや少ないでしょうか。

なんとか、下方修正はしないように頑張って欲しいと思います。

 

業績発表組とは対照的に、リコーリース (8566)は2日連続の大幅安。

もともと高値圏だったとは言え、かなり不安な展開になってきました。

更に積水ハウス (1928)が配当権利落ちだったので、

1,000株保有しているこの2銘柄の激しいマイナス寄与によって、

業績発表の明るい話題とは裏腹に、ポートフォリオの損益は寂しいかぎりの数字でした。

 

特に、明光ネットワークジャパン (4668)のマイナス3.93%と、

吉野家ホールディングス (9861)のマイナス2.57%は気になります。

吉野家ホールディングスに関しては、輸入牛肉の関税引き上げというニュースがありましたが、

明光ネットワックジャパンの方は、何だったのでしょうか。

 

良くも悪くも賑やかな1日となりましたが、上方修正3銘柄の明日の株価を楽しみにしたいと思います。

東芝の野球部

昨日の決算発表を受けて、何故か急上昇したリコーリース (8566)ですが、

今日は昨日以上の強烈な下げが待っていました……。安値引けで特大の大陰線です。

上にブレイクしたと喜んでいたのも束の間、明日以降も悪い予感しかしません。

 

今日は原油ETFがプラス4.47%と騰がりましたが、

もし個別株のみだったら、ポートフォリオ全体ではなんとマイナスという惨状。

明日は決算発表が何社かあるので、気を取り直して注目したいと思います。

 

昨日のニュースで、社会人野球都市対抗でのNTT東日本の優勝が報道されていましたが、

それを見た時ふと、東芝の野球部は今どうなっているのかと気になりました。

東芝の野球部というと名門で、プロ野球選手も多数輩出していますが、

本業がこんな状態である今も活動しているのだろうかと。

昔でいうとプリンスホテル熊谷組など、本業が芳しくないと野球部が廃部になるのは世の常です。

 

調べてみると、東芝は今回の都市対抗にも出場していて、優勝したNTT東日本に準決勝で惜敗していました。

「まだ」廃部にはなっていません。

ただし、一連の不祥事が明らかになってからもう何年かは経っているものの、

事態がさらに深刻化したのはここ最近ですから、やはり、早晩廃部という憂き目になる気がします。

選手やコーチを見てみると、名前を見るだけで甲子園の経歴が思い浮かぶ選手もいました。

金沢高校で完全試合を達成した中野投手(現コーチ)や、駒大苫小牧で何度も優勝した林選手など。

野球部の運営にどれくらいの費用がかかるのかわかりませんが、

その多寡には関わらず、本業がこのような状況下では、真っ先に削減される項目なのではないかと思います。

リコーリースの第1四半期決算発表

今日は、お気に入り銘柄序列1位タイであるリコーリース (8566)の第1四半期決算発表でした。

まだ第1四半期ですし、通期見通しの修正等も無く、至極無風の内容だったと思います。

一桁%の増収増益を確実に積み重ねていく「堅実さ」を全面的に信頼して、これからも保有していきます。

 

この決算内容が14時に発表されるのと同時に、株価が2%以上も上昇しました。

内容に予想外という要素は無かったと思いますし、決算発表後の反応は全く予想がつきません。

その後、一瞬の花火だったかに見えましたが、再び盛り返してほぼ高値引けとなりました。

これで3週間前の高値を抜いて、上値を切り上げて行く上昇トレンドを継続しているようにも見えてきました。

 

先日の経済番組を見ていて、

ガソリン自動車の動力「エンジン」と、電気自動車の動力「モーター」は、

原理や構造が全く異なっていて、全くの別技術であるということを初めて認識しました。

今後、社会が電気自動車にシフトしてしまった場合、

現在のガソリン自動車メーカーは、これまでの技術を全く使えなくなってしまうようです。

そもそも、そんなに頻繁に売れるものでも無い気がする自動車の生産販売を生業にできること自体、

個人的にはピンとこないのですが、

もし本当にガソリン自動車が過去の遺物となった場合には、日本の自動車企業、日本の経済はどうなるのでしょうか。

 

私は自動車関連銘柄でエクセディ (7278)を持っていますが、

同社の作っているクラッチは、電気自動車にも必要なのかどうかが気になるところ。

必要である気もしますが、定かではありません。

 

将来の事業環境について、さすがに大企業はある程度準備をしていると思いますが……。

株主になって応援する分には気楽なのですが、実際に企業を経営するのは大変です。

社会の変化や未来を見通さねばならず、我々株主からは、常に増収増益を求められます。

おそらく、趣味に打ち込むような楽しみややり甲斐を感じることができるからこそやっていけるのでしょうが、

私には絶対無理です。

ウチヤマホールディングスのナンピンは是か

今日みたいな日は、どうせなら日経平均が200円を超える幅で下落した方がすっきりするのですが、

引けにかけて50円くらい戻りました。

こういうふらふらした状態が長期間続くという展開は、

2014年に株式投資を始めてから初めてじゃないかという感覚です。

 

長期のチャートで見ると、今年4月の急落はそれなりに下がってはいるのですが、

短期間で急激に元の水準に戻り、その後はまた横ばいになっているので、

急落の印象がほとんど抜け落ちてしまっているようです。

日経平均が、1日で200円を超えて上下した最後の日はいつだったでしょうか。

 

日々の感想もあんまり浮かばなくなってきましたが、

今日は、ポートフォリオの底の方に長らく沈んでいるウチヤマホールディングス (6059)がふと目に止まり、

久しぶりに買い注文(ナンピン)を出してみました。

控えめに出したので約定はしませんでしたが、少し買う気分が湧いてきた気がします。

 

ウチヤマホールディングスは、このぬるま湯相場にあっても尚、

20%を優に超える含み損をキープしている筋金入りの塩漬け銘柄です。

投資を開始したごく初期の頃に塩漬けにしてしまい、来る9月には保有3年を数えます。

肝心の業績に関しては、介護関連の事業が順調に成長してきているようで、

株価はここ1年ほどゆっくりと着実に上昇してきています。

それでもまだ20%後半の含み損があるというのが悲しいところですが、

逆に言えば、1年という長期に渡ってじっくりと上昇トレンドを確認できた後にも関わらず、

それでもまだナンピンの余地が十分あるとも考えられます。

株価も低位ですし、200株買っても10万円以下。

それで買値を60円近く下げられます。

 

一方で、相場とは逆行することが多い印象のある銘柄ですが、

それでも暴落にはまきこまれるでしょうから、もしナンピンしてから暴落が来たら……と考えてしまうと二の足を踏みがちです。

ナンピンのタイミングは、へっぽこ投資家の永遠の課題ですが、

こんな相場展開では、こんなことでも思い悩めるネタがあるのは幸せかもしれませんので、

しばらく株価とにらめっこして慎重に検討してみます。

自転車

私の愛車はビアンキ社のカメレオン2(自転車)で、

公共交通機関はほとんど使わず、どこへでもこれで出かけていきます。

 

ただ、自転車に乗ることそのものを目的として外出することはありません。

あくまで目的地があった上で、そこに至るための移動手段として自転車に乗っています。

 

目的地を目指して自転車をこいでいくのは好きですし、何より運動になるのが一番です。

体重増加防止、そして体力維持のためには貴重な機会。

草野球をやっていますが、野球は一部のポジションを除いて運動量があまり多くありません。

個人的にはスポーツだと思っていないゴルフほどではありませんが、

打席に立っても出塁できなかったり、守備位置に打球が飛んでこなかったりすると、

一試合をこなしたとしても、それはまあ虚しいものです。

そこで、野球グランドまでの往復で自転車に乗ると、やっとスポーツを嗜んだといえる運動量になります。

片道15kmで50分くらいの道のりですが、これも含めて私の「草野球」となっています。

 

自転車を自分でメンテナンスする技術を身につけたいと思って本も購入したのですが、

なかなか実技を身につける練習の時間とモチベーションが確保できません。

自転車を趣味にしている人は、そういった部品いじりも好きなようですが、私はそうではありません。

あくまで実用的な目的のもと、技術を身につける必要があると考えている次第です。

一年で一番幸せな時期

夏が大好きな私は、梅雨明けした直後のこの時期が一年で一番好きです。

 

陽炎でゆらめくアスファルトも、

そこに夕立が降った後の独特な匂いも、

耳をつんざくようなクマゼミの鳴き声も、

全部うっとりとしてしまう至福の要素。

夕暮れに鳴くヒグラシの声も、郷愁を誘ってまた絶品です。

 

あまりに夏が好きすぎて、季節レベルでの「サザエさん症候群」に毎年見舞われます。

甲子園でのベスト8進出の勝ち名乗り、

ツクツクボウシの鳴き声、

といった秋の気配とともに、かなり憂鬱になるのが常。

 

秋は秋で、夜のコオロギやスズムシ、アオマツムシの大合唱も気持ちが落ち着いて好きなのですが、

これらは、もう秋もだいぶ深まってからの音ですので、その頃には、ある程度落ち着きを取り戻しています。

 

一方でツクツクボウシの声は、夏の後ろ姿と完全にリンクしてしまっていて、

彼らには申し訳ないのですが、鳴き声に対する個人的な印象はすごく悪いです。

 

今の子供は虫捕りなんてしないのでしょうか。

私は小学生時代、虫や魚を追いかけて、公園や森林、池などを駆けずり回っていました。

小学生でいる時代は、中学受験なんかに時間を費やすのはもったいないくらいに、

その時にしかできないことがたくさんあると思います。

この時期に夢中になって集めた情報や知識は、スポンジのように頭に吸い込まれ、そして恒久的に刻み付けられますから。

黄金時代の貴重な時間は、やらされるしょうもない勉強などではなくて、自分の好きなことに費やすべきです。

好きなことといっても、テレビゲームとかでは何の糧にもならないと思いますが……。

キヤノン、第2四半期業績も好調持続!

第1四半期の時点で増配発表なんて、安川電機がうらやましいなあと思っていたら、

来週の正式発表に先駆けて、キヤノン (7751)の業績観測記事が出ました。

 

いきなりの上方修正でスタートした第1四半期の勢いを持続できているようで、

今回も上方修正が期待できるとのこと。

配当に関しては、どんどん増配を期待するというよりは、

今の高水準を安定してキープして欲しいという控えめな気持ちです。

株価の方は、先日の罰金報道で下がった分を完全に回復しました。

こちらも、4,000円を超えてどんどん上を目指して欲しいとまでは欲張らず、

このあたりの水準を維持してくれれば、安心して見ていられます。

 

明光ネットワークジャパン (4668)が、今週の4日間だけで突然10%近く上昇して動意付き、

事実上の上場来高値を更新し続けています。

何も材料は出ていないと思いますが、15分足のチャートを見ると、

4日間とも寄り付きの最初のローソクが巨大な陽線になっていて、いかにも意味深です。

100株しか持っていないので売る訳にはいかず、実益はありません。

 

一方、クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)は、

金曜と火曜で急騰した分を、急速に消しにかかっています。

値固めして欲しいところでしたが、一時の花火になってしまうかもしれません。

 

テイクアウトについて問い合わせていたコメダから、返事がありました。

実際にはテイクアウトは可能で、従業員が勘違いをしてしまったらしいとのこと。

3人で相談していましたし、何をどう勘違いしたのか、狐につままれたような気分ですが、

ちゃんと今後はテイクアウトができるのなら、今回の無駄足くらいは良しとしましょう。

 

因みに、この件の返事メールの文面に誤字脱字がありました。

また先日、ある企業の決算短信を見ていたら、やはり誤字脱字があり、

さらに、WordファイルをPDFファイルに変換した時にありがちな、文字の重なりもありました。

コメダの返事メールはまだしも、決算短信に不注意なミスが出るようでは、

その企業を信頼することはできませんし、株主にもなろうとは思えません。