三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

久しぶりにポートフォリオが動く


スポンサードリンク

先週金曜日と今日、ポートフォリオに2ヶ月ぶりの動きがありました。

 

まず金曜日、ずっと気にしていたウチヤマホールディングス (6059)のやれやれ売りを敢行。

本決算発表をまたぐ選択肢もあったのですが、来期以降の業績も既に折り込まれているのかなと思い、

危機的状況だった買付余力の回復を優先することにしました。

 

そして今日。

それまで全く売る気は無かったKDDI (9433)の余剰200株を売ってしまいました。

きっかけは、NTTドコモ (9437)。

金曜日に本決算発表を行い、今期の増配予想は良かったのですが、

業績の方が減益予想というのが「ショック」になりました。

なんとなく、KDDIよりも業績は堅調なのかなというイメージがあり、

先日は「両者の今期業績が共に堅調か」という内容の観測記事もありました。

しかしながら蓋を開けてみると減益予想ということで、今日の株価はマイナス2.33%と崩れました。

 

この展開を目の当たりにすると、5月10日のKDDIの決算発表も波乱含みかと思わざるを得ません。

おそらく、増配予想は出してくれると思いますが、業績予想の方は……。

という訳で、弱気の安全策として、200株は今のうちに売ってしまうことにしました。

おそらくは同じような思惑の売りが出て、朝は安く寄り付いたのですが、結構きれいな寄り底で力強い日中足になりました。

 

こうした結果、ウチヤマホールディングスとKDDIの売却益が28,000円くらいになりましたので、

それと相殺できる量として、20株の原油ETF(500株中)も売却しました。

金額としては6万円に満たない金額ですが、コツコツと負債を解消です。

 

一連の売却で、買付余力が100万円となりました。

みちのく銀行 (8350)は、ワンテンポ遅れた権利落ちなのか結構下がってきていますし、

JT (2914)もまだ軟調ですので、ナンピン用の資金をある程度確保できたのは安心材料です。

 

JTは今日が第1四半期決算発表でしたので、更なる動乱を招く恐れがありました。

結果的に数字は微増収微減益で、進捗率は25%以上あるので、まずまずなのではないかと思われます。

ひき続き、ナンピンの間合いをはかっていこうと思います。

 

さて、今日は羽生棋聖への挑戦者決定戦が行われています。

三浦九段と豊島八段の対決。

三浦九段は、棋王戦でも挑戦者決定戦の一歩手前まで進んでいましたので、直近の成績は充実しています。

どちらにも挑戦してほしいので、完全なる中立な立場で見守っています。