三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

首吊り線とな


スポンサードリンク

昨日のリコーリース (8566)の日足ローソクは、大きく窓を空けて上に飛んだ位置で長い下ヒゲをつけていました。

買い圧力が強いしるしと思って喜んでいたのですが、

調べてみると、どうやらこれは「首吊り線」という悪いローソクのようで。

 

・上放れで寄り付く。

・実体部分は短く、長い下ヒゲ。

出来高の急増。

 

という具合に「首吊り線」の定義をことごとく満たしてしまっています。

昨日が高値となって、下方への大きな転換点となるというのがそのココロですが、

果たして、今日の挙動はそれらしいものになってしまいました。

 

昨日、今期予想の上方修正と増配を発表した全国保証 (7164)も大幅下落でしたし、

得意な筈の下落日なのに、指数に負けるという冴えない1日となりました。

 

一方、JT (2914)からは配当が振り込まれていました。

先日のあおぞら銀行 (8304)に続いて、春の訪れを告げる使者のよう。

月末にはキヤノン (7751)の配当も届く筈ですが、

どれもポートフォリオの中では金額が大きい部類の配当なので、貴重な精神的清涼剤となります。