三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

呪文を唱えながら筋トレに励む


スポンサードリンク

ここまで下がった段階から、更に日経平均で1,000円を超える大暴落が来るとは想像していませんでした。

2万円を切ったどころか、19,000円も風前の灯。

ポートフォリオ全体の含み益は、かろうじてプラス1.75%。

いやあ、ここまで下がるとは。

 

投資の「筋力」をつけるのには絶好の環境になってきました。

ここ何年か続いた「食っちゃ寝」のだらけた生活で貯め込んでしまった贅肉を削ぎ落とすチャンスです。

さすがにポートフォリオの含み損額をじっくり確認する気にはなりませんが、

「どんなに含み損が増えようとも、配当金が減る訳ではない」

という呪文を繰り返し唱えつつ、バーゲンセール価格を慎重にチェックして安いものを着実に買っていこうと思っています。

 

如何にもクライマックスっぽい下げだなと思ったのですが、年末という時期的なものもあり、出来高はさっぱりでした。

この流れで、1月も波乱含みになるのでしょうか。

 

こうなってくると、まとまった資金無しではさすがにどうにも動きようがありませんので、

明日にも思い切ってSBI証券口座に入金して、来たるべき買い込み時に備えようかなと。

 

そんなこんなで、少し前には水面など遥か彼方に仰ぎ見るレベルだったのに、

いつの間にかダブルインバースの含み損が残り僅かに!

もし明日も今日くらいの暴落となれば(!)、ついにプラ転です。

結局、ダブルインバースがプラ転するボーダーラインは日経平均18,000円ちょっとでした。

 

それにしても、個別銘柄の含み損の金額はものすごいことになっています。

私の場合、含み損の数字そのものは別に大丈夫なのですが、

「その銘柄を持っていない人にとっては、今は、私よりもずっと安い株価で悠々と買えるチャンス」

という状況が悔しくて仕方がありません。

 

逆に、人よりも安く買えていると優越感があって嬉しいので、

要するに性格が悪いということでしょうか。