三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ひふみんと長嶋茂雄さん


スポンサードリンク

ひふみんこと加藤一二三九段と、長嶋茂雄さんは本質的に良く似ていると思います。

 

それぞれの専門分野での傑出した才能と実績、

そして良くも悪くも唯我独尊で、自分が世界の中心だと信じて疑わないその人間性

そこには邪心は無くて純粋であることはわかるのですが、私は、お二方とも好きではありません。

 

ひふみんは、藤井聡太四段の関連番組に頻繁に登場していましたが、そこは早送りしたくなりましたし、

彼が解説役の場合は対局の中継も見ません(正確には苦痛で視聴できません)。

ネット上では、聞き手の山田久美女流四段を「介護役」と形容し、その如才ない対応に賞賛の声が上がっていました。

あの状態で数時間も聞き手を務めたら、へとへとになりそうです。

また、ベテラン棋士にとっては、おしなべて避けて通れない厳しい道ではあるのですが、

解説中の形勢判断はほとんど当てになりません(というより真逆であることの方が多い気すらします)。

 

長嶋茂雄さんと決定的に異なっているのは、

私のような個々のファンの好悪は別にして、将棋界全体に対しては、ひふみんは負の貢献はしていないという点です。

長嶋茂雄さんについては、特にジャイアンツ監督時に在籍していた1.5流の若手選手に対して、

極めて大きな負の作用を及ぼしていました。

 

santekigon.hatenablog.com

 

ただこの点については、数々の迷采配も含めて、アンチジャイアンツにはプラス要因になっていたとも言えるのですが。

 

そういえば野球界の「ひふみん」の方は、正真正銘のろくでなしだったようですが、

こういう人間は、混じりっ気なしに大嫌いです。