三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

古株の塩漬け銘柄が水面へ


スポンサードリンク

落ちている真っ最中のナイフだった2014年9月12日に買って以降、

3年半もの間、含み損に沈み続けてきたウチヤマホールディングス (6059)が、今日ついに水面に顔を出しました。

 

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)と同じく介護を手がけていて、直近の業績が非常に好調のようです。

「塩漬け」とは言え、優待でお米券2,200円分があり、配当と合わせて買値で計算した利回りが2.42%ですので、

微々たる運用にはなってくれていました。

 

さて、普段なら嬉々としてやれやれ売りを敢行するところです。

実際に直前までは注文を出す気だったのですが、現状の勢いを見て思い留まりました。

ここら辺りから参戦してくる順張り派も結構いそうですし、

介護事業は今後も期待大ですので、目標は定めずにしばらく推移を見守ってみようかという気になっています。

とか言って、急転直下で売ってしまう可能性も無きにしもあらずですが、株価1,000円の大台を夢見るのも悪くはなさそうです。

 

一方で、ポートフォリオには不穏な動きの銘柄が目白押し。

JT (2914)は、元気なく再び含み損へ。

チャーム・ケア・コーポレーションも、月曜日に騰がった分を、昨日と今日でほとんど帳消しに。

積水ハウス (1928)は、やはり一昨日のニュースが尾を引いているのか、マイナス1.08%に沈みました。

 

最後に配当や優待が来てから、もう2ヶ月。

季節と同じく、郵便受けも真冬の真っ只中です。

春の訪れを告げるのは、3月中旬のあおぞら銀行からの配当の予定ですが、まだまだずっと先。