三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

将棋めし


スポンサードリンク

昨年、「将棋めし」というテレビドラマが放送されていました。

3月のライオン」という将棋のアニメも放送していましたが、

録画はしてみたものの、どうしても興味が持てずに視聴は断念しました。

「将棋めし」の方は、実店舗の料理紹介を目当てに観てはみたのですが、

やはり、内容はつまらなさすぎて途中で脱落しました。

 

すると先日、普段拝見している将棋ブログにて、この「将棋めし」に対する感想が書かれていました。

このブログの作者の方は、かなり指す実力も備えておられますが、

「将棋めし」に関する感想が見事なまでに私と真逆だったので、びっくりしました。

 

「無きに等しいストーリー(ギャグドラマ)」もまた良し、という感想を書かれていましたが、

私には視聴が苦痛なレベルでした。

 

「キャストが良かった」とのことですが、私にはいまいちピンとこなくて、

主人公の内田理央さん、そして男性棋士役(名前を知りません)共に、

将棋の棋士というイメージには全くはまりませんでした。

 

そして、将棋を指す手つき。

私はこれが一番ひどいと思えて、もうちょっと練習すべきだろうと思ったのですが、

将棋ブログの作者は高く評価しておられました。

 

1年前の大事件に関する考えが私とかなり一致していたり、

しかもかなりヘソが曲がっておられる(!)のも共通していると思って勝手に親近感を持っていたのですが、

意外に将棋に関してだけでも、全然噛み合わない面があるようです。