三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

クリズナル選手も応援リストに追加


スポンサードリンク

先々週に札幌、先週は蔵王にて、

スキー女子ジャンプのワールドカップ日本遠征である第7-10戦が行われました。

 

伊藤有希選手が地元で見事に覚醒。

第7戦でワールドカップ初優勝を札幌で飾ったのを皮切りに、4戦して優勝3回、2位が1回でした。

日本人では伊藤選手を応援していますので、嬉しい結果です。

伊藤選手、インタビュー時は落ち着いていましたが、優勝が決まった際の喜び方が初々しくて良かったです。

 

伊藤選手は優勝した際、海外のメディアからも英語でインタビューを受けていました。

高梨選手のインタビューも時々流れていますが、たどたどしい受け答えが微笑ましいです。

英語のレベルが自分も似たようなものなので、親近感を感じながら見ていました。

自分から話す方はまだいいですが、まずはインタビュアーの言っていることを理解しないといけないので、

そこは緊張すると思います。

 

一方でスロベニア勢では、シュペラ・ロゲイユ選手に少し復調を感じさせるジャンプが出てきました。

順位は14位、14位、9位、12位。

精神的なプレッシャーが原因では、というコーチの談話があったので、

きっかけをつかめば、一気に復活という可能性も充分あると思います。

カティア・ポズン選手は、残念ながら来日メンバーには入ってなさそうです。

同じスロベニアからは、どんどん若い選手も台頭してきていて、

昨年の後半から、ニカ・クリズナル選手がワールドカップに参戦してきました。

リズナル選手は、16歳には見えない無邪気でやんちゃな感じがとてもかわいらしく、

柄にもない父性本能を刺激されてしまいます。

2回目に進めないことも時々ありますが、

日本では39位(1回目のみ)、26位、16位、20位とだんだん安定してきています。

 

日本遠征では、ノルウェーのマーレン・ルンビュ選手が3位、優勝、6位、3位と、伊藤選手に次ぐ活躍でした。

表彰台で伊藤選手と並んでいるのを見て、ルンビュ選手は身長がかなり高いことに初めて気がつきました。

173cmもあるみたいですが、その顔立ちから勝手に小柄なイメージをしていたので、びっくりです。

札幌と蔵王でそれぞれ3位に入った際は、どちらも伊藤選手と高梨選手がワンツーでしたので、

表彰式ではルンビュ選手がひとりだけアウェイとなっていました。

表彰台に登る時や、国歌斉唱で掲揚台の方を向く時など、

説明が行き届いていなかったようで、ルンビュ選手には気の毒でしたが、

困惑している様子がちょっと微笑ましかったです。

彼女は、今期初優勝を果たして好調を維持していますので、

ワールドカップ後半戦でも(スロベニア勢と伊藤選手の)強敵として立ちはだかりそうです。