読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ニラの植え替え

昨年からベランダの植木鉢にて、大好きな野菜であるニラを育てています。

春から秋にかけて、ある程度は収穫して食べることができたのですが、

いかんせん葉幅が2mmくらいしかなく、市販のものと比べると著しく見劣りがします。

2年目に入るのに合わせて植え替えを行うと、葉幅も広くなるという情報があったので、早速先の日曜日に実施しました。

もう少し暖かくなってからの方が、私の体にも、そしてニラにも良かったのかもしれませんが、

スギ花粉が本格的に飛び始めてしまうと、ニラの世話どころではなくなってしまいます。

先週末がぎりぎりの折衷ラインでした。

 

さて実際に挑戦してみると、文章で読んだイメージ通りにはなかなかいきませんでした。

根がかなり張り巡らされているために、掘り起こすのも、1株ずつにほぐすのも一苦労。

 

また、植え直してみると、何故か水はけが極端に悪くなり、しばらく溜まって染み込まないようになってしまいました。

植え直す前は水はけ抜群で、水を遣ると数秒後には下から流れ出てきていたんですが……。

水はけが悪いのはよろしくなさそうなので、今後も状況が変わらないとすると、かなりの不安要素です。

なんにせよ、まず植え替えた後にちゃんと根付いたかどうかを確認できるまでは、落ち着きません。

しかし今は葉も枯れている時期なので、根付いたかどうかの明確な反応を確認することはできず。

花粉が大量に飛散して、近所の公園がすさまじい喧騒に包まれる一ヶ月後まで待つしかなさそうです。