三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

サカイ引越センター、壮絶な「行って来い」


スポンサードリンク

昨日、好業績と書いたサカイ引越センター (9039)

今日も前場10時前には、前日比プラス6%超の4,500円まで達していたのですが、

そこからは真っ逆さまで最終的にはプラス0.12%の微増でした。

上場来高値圏で現れた強烈に長い上ヒゲということで、なんとも嫌なチャートになりました。

 

昨日、良好な月次売上を発表した日本マクドナルドホールディングス (2702)も、高値圏での上ヒゲです。

 

散々暴落希望と言ってはきましたが、事ここに至っては、

日経平均2万円超え圏でダブルインバースをがっつり買い込むつもりになっていましたので、

ここに来て弱含んでしまうと、気持ちの持っていき方に苦慮してしまいます。

 

明日明後日はいろいろとイベントがあるみたいですが、

金曜日には積水ハウス (1928)の第1四半期決算発表もあります。

まだ年度の序盤なので緊張感はそれほどでもありませんが、良いスタートを切って欲しいところ。

 

製薬会社はあまり好きではありませんが、

長期の下落トレンドにどっぷり浸かっているアステラス製薬 (4503)には、度々食指が動きます。

しかし下落トレンドが2年以上に及んでいますので、

このナイフはちょっと危険すぎるかも、と毎回思い留まっています。

小野薬品工業 (4528)もこの1年くらいさっぱりですし、製薬業界の浮き沈みは怖いです。

無配当、赤字が当たり前のマザーズ上場製薬企業となると、私には毒饅頭にしか見えません。

上場時に得た資金が尽きる前にヒットを飛ばせるかどうか、という恐怖のサバイバルゲームなのでしょうか。

そもそも無配では私の投資対象にはなりませんが、

こういう銘柄に賭けるのは投機と言うべきだという気がします。

一般の個人投資家が、製薬会社のリリース情報のみに基づいて、その将来の勝ち目を推し量れるとは思えませんので。