三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ボラティリティの高いチャーム・ケア・コーポレーション


スポンサードリンク

日経平均は今日も上がりました。

騰落レシオ(25日)は先週末の時点で151.16です。

今日も東証1部の70%が値上がりだったので、それほど冷却されてはいないでしょう。

年頭の派手な下落途中の株価を除けば、それ以降の高値は全て明確に抜いてしまっていますが、

テクニカル的には、もっと上を望める強いチャートなのでしょうか。

素人目には、今にもはしごを外されそうでハラハラします。

日経レバの目標は、あと475円。日経平均でいうと350円くらい?

どかんと波が来れば、1日で到達する可能性もなくはない距離になってきました。

 

現在、ポートフォリオのトップ(損益パーセント順)にいるのが、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)とJCU (4975)です。

株価が、ちょうど5,000円を超えたあたりで競っている頼もしい値がさ株の2トップ。

チャーム・ケア・コーポレーションは、分割発表の後で爆騰していましたが、今日は一服でした。

しかしその値幅は、先週末比+370円から-180円まで、実に550円にも及びました。

実際に分割されるのは年明けですが、これで流動性はかなり改善すると思います。

単純に株数が2倍になるという意味だけでなく、

これまで100株だけを握りしめていた人が半分だけ利益確定して、

その分が市場に出回るというケースが増える気がします。

かく言う私も100株ホルダーなのですが、分割後も利益確定はしないつもりです。

確固たる根拠はありませんが、10,000円くらいまで目指せそうな気が……。

今回の分割や増配なども絡まって、保持しているだけで満たされるような銘柄になってくれるといいなと妄想しています。