三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれ者の悠々自適な晴耕雨読生活

動物

ヤマガラ来訪

今朝、窓外の木に知らない鳥が飛んできました。 カメラを取り出す暇は無く、特徴を記憶するのに専念。 頭と顎が黒く、その間は白。羽が灰色でお腹がオレンジという特徴的な配色だったので、 「日本の野鳥 識別図鑑」で調べたらすぐに”ヤマガラ”と判明しまし…

夕暮れモズ

秋が近づいてきたせいか、暑さの中ではほとんど見なかったモズの姿と声が帰ってきました。 EOS R7を傍らに虎視淡々と待っていた中、ようやくチャンスが到来しました。 声がしたので窓外を見やると、30mほど離れた電線にその姿が。 ただ、あいにく夕暮れ時だ…

コウモリ?

昨日の日の入り直後、ツバメのような声が聞こえたので窓外を見てみると、空にたくさんの鳥が。 ツバメのようなシルエットもあり、ちょっと大きいそうなのもあり、 正体はわかりませんでしたが、とりあえずEOS R7での撮影を試みました。 予想はしていたものの…

クモ同士の対峙

先日、部屋の隅で小さなクモ2匹が身動ぎもせずに対峙しているのを発見しました。 早速、EOS R7で撮影。 2mくらい離れたところから、焦点距離400mmで撮ったのですが、 望遠レンズでも、割としっかりしたマクロ写真に。 ピントもしっかり合っていて頼もしいで…

ミラーレスカメラ+望遠レンズのお手並拝見

初めて手にとった本格的なカメラである、 キヤノン (7751)のEOS R7+RF100-400mm F5.6-8 IS USM。 これまで使用してきたコンパクトカメラ(価格差30倍)との違いは如何程と、早速撮影してみました。 窓外の60mくらい先に止まったムクドリの群れです。 この距…

来年3月までバイバイ

うちの周りでは全く姿を見なくなってしまったツバメですが、 今日、街へ出て田んぼや大きな川を通ったところ、群れでいるのを確認することができました。 今年はもうこれでお別れでしょうか。 ”キャキャッ”という可愛らしい鳴き声も、来春まで聞き納めです。…

APS-Cミラーレスカメラと望遠レンズを購入

キヤノン (7751)のAPS-Cミラーレスカメラ”EOS R7”と、 望遠レンズの”RF100-400mm F5.6-8 IS USM”を購入しました。 望遠レンズについては、 初心者は実際に使ってみないと400mmでどれくらい望遠できるのかがわからないので、 もう一つ上のものと少し迷ったの…

飛びツバメを目撃

今朝、声がしたので窓外を見やると、1羽のツバメが飛んでいました。 少し前にはあんなにたくさん飛んでいたのに、一気にいなくなってしまい、 いつ今年の見納めになるかわからないこれからは、1羽1羽の目撃が貴重です。 去年は、もう少し後まで団地内にとど…

旅支度

早朝に通りかかると、ツバメが20-30羽くらい止まっている電線があって楽しみにしていたのですが、 ここ最近はとみにその数が減っていき、とうとう今日は1羽もいなくなってしまいました。 まだ暑さの峠は越えていませんが、ツバメ界隈では、早くも渡りに向け…

恒例、庭の怪事件

暑くなってから、モズの姿をほとんど見ていないことに気が付きました。 避暑で山中に移動しているのでしょうか。 少し前には部屋からでも頻繁に姿を見られていたのが嘘のようです。 一方で、モズの標的になりかねない立場ですが、 うちの庭のカナヘビは順調…

雨水貯水タンク

昨日は、言われなければ台風だと認識しないレベルの風雨でした。 雨はともかく、強風はほとんど吹かず。 昨夜も快適に寝られました。 今回の台風に際して、古くて働いていなかった雨水貯水タンクを復旧させることができたのは収穫でした。 普通に庭に置いて…

ヤモリ君も台風宿り

今朝、まだ雨風が本格的になっていなかったので、 屋内の空気を入れ換えておくべく雨戸を開け閉めしていたところ、 おそらく雨戸の内側を寝床にしていたと思われるヤモリ君が入室してきました。 屋内で台風宿りしてもらうのは全然構わないのですが、 目を離…

ヤモリの狩り

先日、夜中に窓の方で激しい羽音がしたので見やると、 ヤモリ君が大きな蛾を仕留めていました。 蛾の胴体部分をがっちり咥えて、その左右に羽が広がっているので、シュモクザメのようなシルエットに。 www.youtube.com ヤモリは振る舞いがちょっと弱々しく見…

ウグイスの歌唱力

ウグイスの鳴き声はよく聞こえてくるのですが、 警戒心が強いらしく、その姿は2回しか見たことがありません。 ただ、探しても姿は確認できないものの、 (おそらく)止まっている木のすぐ横で鳴き声を聞くことは度々あります。 その際にびっくりするのは、そ…

いくぜ、40万円

少し前からくすぶっていた件ではあったのですが、 ここにきて、とある高価なものへの購買欲が噴出してきました。 「野鳥を撮影するためのカメラ」です。 カメラに関する知識は全くのゼロなので、まずは図書館で情報収集。 収集癖のある私は、使えもしないの…

またもニイニイゼミ(の土左衛門)

今朝、窓外に置いているウィローモス栽培用パックを見たところ、 ニイニイゼミが浮いているのを発見……。 去る7月3日には、同じ場所にニイニイゼミが止まっていたことがありました。 santekigon.hatenablog.com ニイニイゼミはほとんど見かけないので、前回と…

助けたアブラゼミに誤解されて逃げられる

昨日、水やりで庭に出たところ、草むらから羽ばたき音が聞こえてきました。 草をかき分けてみると、アブラゼミの姿。 地面近くにいますが、草に阻まれて飛び立てない様子です。 おそらくは、うちの庭で羽化したアブラゼミでしょうか。 助け上げたのですが、…

”獣医”だった

もし、今から高校生に戻ってやり直すとしたら、大学以降について同じ経路は辿りません。 自分に向いている職業を高校生のうちに見極めるのは至難の業でしょう。 ある程度人生を経験をしないと判断できません。 現実の選択は、100%満足できるものではありませ…

梅雨明け

数日前には雨の心配をしていましたが、今日になってみると関心は暑さの方に。 梅雨も明けたようです。 朝から自転車で街へ出ましたが、そろそろ帽子を被った方が良さげ。 同じ被るならヘルメットにすべきなのですが、まだちょっと検討中です。 「危険な暑さ…

出てきちゃ駄目だよ

昨夕、車から何かアナウンスしている声が聞こえてきました。 当初は選挙カーかと思ったのですが、”警察署”と名乗っています。 「何かを目撃」と言っているのですが、肝心の目的語がなかなか聞こえません。 しばらく耳をそば立てていると、ようやく聞き取れま…

早すぎるニイニイゼミ

7月3日の夜に、窓外でちょっと大きな羽音がしたので見てみると、ニイニイゼミが来ていました。 最近目にするのはアブラゼミとクマゼミばかりで、 ニイニイゼミを見るのは、虫取り網を持っていた子供の時以来のような気がします。 姿とは言わず鳴き声にしても…

モズ3羽の共演

今朝、速歩を終えて自宅そばの広場を通りかかったところ、 鳴き声と共にモズが飛んできて、木に止まりました。 その姿を見ていると、もう1羽が飛んできて同じ木へ。 1羽目が雄で、2羽目が雌。 うち周辺を縄張りにしているつがいなのかもしれません。 雌の方…

モグラ

今日は自転車で外出。 再びのニホンカモシカを探してみたものの、姿はありませんでした。 普段は横を通り過ぎるだけで、しっかり眺めたことはなかったのですが、 ニホンカモシカが入っていった森は鬱蒼としていて、 いかにも野生動物が住んでいると思わせる…

今年も庭にカエルが

今週、ソーラーパネルを広げるために庭に出たところ、草むらで何かが動きました。 物音から察せられる重量感からすると、カナヘビよりも大きい印象。 こちらに見つかったことに気がついて、全く動かなくなりましたが、 蚊に刺されながらよく探してみたところ…

睡眠不足でダブルヘッダー

昨年末から日課としている速歩ですが、 同日に市街地へ出かける場合には、免除ということにしていました。 往復で1時間くらいは自転車を漕ぐので、ある程度、代わりの運動にはなっていると。 一方、ここ最近は速歩を朝の日課に組み入れているので、 その後で…

衝撃! モズのはやにえ

去る5月14日、この日はモズの声がしきりと部屋に聞こえてきていました。 窓外を見ると、屋根に止まって鳴いている雄モズの姿。 その後、かなり近くで大きな鳴き声が聞こえたので、再び窓外を見てみると、 今度は庭の木で雌モズが鳴いていました。 www.youtub…

大型哺乳類との遭遇

今日は自転車で街へ行きました。 目的は、イオン (8267)のキャッシュバック受け取りと、 ファミリーマートでの”白玉クリームぜんざい”の購入です。 出発の前に先週の仔マムシ君の件を思い出し、念のためにデジカメを持っていくことにしました。 すると……結果…

仔マムシに遭遇

5月8日に、クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)から優待券が届いたので、 今日は夏の陽気の中、早速金券ショップに持っていきました。 いつも通り、額面の56%で買い取ってもらえましたが、近隣に使える店がないのにありがたい限りです。 さて…

モズ君の勇姿

速歩の際にモズ君を見かけるので、手持ちのデジタルカメラで写真を撮ってみました。 もっとも、普通使いのデジタルカメラなので、 遠くにいる小さい鳥影を捉えるのは到底荷が重く、結果はこんな感じ。 なんとかモズだと判別できなくもない写真もあるかな、と…

木からぶら下がる芋虫

この時期、並木道を歩いていると、自身の吐いた糸で木からぶら下がっている小さい芋虫によく出会います。 私が気がついてないものもかなりあるでしょうから、実際には相当な数がぶら下がっているのでしょう。 いつの間にか、体に芋虫がくっついていたりしま…