三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

業績底辺コンビの決算発表


スポンサードリンク

今日は、直近の業績が圧倒的底辺の”モストデンジャラスコンビ”が決算発表を行いました。

 

まずは、吉野家ホールディングス (9861)の第3四半期。

そもそも「純利益」ではなくて「純損失」の世界なので、

この第3四半期の数字をどのように受け取ればいいのか、よくわかりません。

本第3四半期の時点では、純損失が1,558百万円。

通期予想は変更なしで、1,100百万円の純損失見込み。

 

因みに、前回の第2四半期時点では850百万円の純損失でした。

つまり、この第3四半期の3ヶ月分のみで考えると、

1,558 - 850 = 708百万円もの赤字になっています。

ところが、通期予想の純損失1.100百万円を達成するためには、2月までの3ヶ月で458百万円の”黒字”を叩き出さねばなりません。

 

まさか、牛すき鍋膳で急激V字回復を達成できるという見込みなのでしょうか。

4月発表の本決算が大幅下振れ着地となって、株価が改めて大暴落というシナリオを覚悟せざるを得ません……。

いや、すでに今日も派手に下がりましたし、明日の暴落で早めに織り込みにいくんでしょう。

 

そして明光ネットワークジャパン (4668)の第1四半期。

こちらはまだ序盤戦なので、「撃沈した昨期よりは、やや回復」という予想に沿った数字です。

恐怖の本番は3ヶ月後、6ヶ月後でしょうか。

 

保有してはいませんが、

景気敏感大型銘柄の先陣として注目されている安川電機 (6506)の適時開示速報が目に留まったので、見てみました。

やはり通期予想を下方修正です。

前回は純利益が50,000百万円から47,000百万円へ(マイナス6.0%)、

今回は更に45,500百万円へ(マイナス3.2%)と、連続の下方修正となっています。

修正幅は小さくなりましたが、そんなのは気休めにもならないんでしょうねえ。

 

週末ですし、明日は日経平均500円安かな。