三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

あれ続落、と思ったらプラ転するんかーい


スポンサードリンク

アメリカは休みだし、さすがに反発かと拍子抜けしていた寄り付き直後。

ところが、あれよあれよとマイ転してきました。

ところがところが、最後はプラ転してしまいました。

閑散相場で、動きがいかにも軽そうです。

 

ダブルインバースは、見事に前場の安いところで売ってしまいました。

その資金で、日本商業開発 (3252)をナンピンしています。

合計500株に達しました。

優待グルメジェフカードが6,000円x2回へと昇格するのに、あと200株。

 

今日は、居住まいを正してSBI証券口座に新たな資金を投入し(これで最後)、

JT (2914)を100株(計600株)と、キヤノン (7751)を100株(計800株)、それぞれナンピンしました。

共に配当権利落ちで下がったところを「打診ナンピン買い」です。

どちらも1,000株まで買っておきたいので、

このバーゲンセールがどれくらい持続するのか慎重に探りつつ、ナンピンを挙行していきます。

 

蔵王産業 (9986)も1,000株まで買い増したいと考えていますが、

こちらは今日が権利落ちという訳ではなく、順当に反発してしまったので、

今後の下り具合と相談しつつ、慎重にナンピンを。

 

直近のぬるま湯ムードが蔓延しきっているせいか、

リーマンショック後では一番ひどい暴落」といった感想も散見されますが、

元々が相当な高値圏ですし、私は過去と比べて殊更ひどいとは感じていません。

 

2016年2月12日(日経平均が760.78円下がって14,952,61円)とか、

2016年6月24日(同1,286.33円下がって14,952.02円)の方が、よっぽど酷かった印象があります。

 

日経平均が、再びこの頃くらいの水準に低迷する氷河期が訪れた際にも、

「配当信仰念仏」を唱えて生き抜きたいと思います。