三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

元プロ野球ファンの独り言


スポンサードリンク

成績低迷を免罪符にして、FA選手を買い漁る金満球団。

大金や長期契約をちらつかせた金満球団を選ぶFA選手。

FA選手による補強を歓迎する金満球団のファン。

 

どれも全く共感できません。

高額FA選手の費用対効果について、これまでの統計を取ったとしたら、おそらく有意に費用が上回っているのでは。

 

かつてファンだった時代、FAで「出て行かれる」ことについては全く不満はありませんでした。

退団する意思を示したその瞬間に、その選手に対する愛着は霧散していましたので。

これは別に怒りややせ我慢などではなく、ただただ、一瞬で「興味が無くなって」いました。

翌シーズンに、仇と思って罵声を浴びせることも別にありません。

単に、相手球団の一選手に変わるだけです。

 

逆に、ひいきの球団がFA選手を獲得するのは嫌でした。

実際に獲得した例は数えるほどでしたが、もしGやTやHのような補強をしていたら、

もっと早くファンをやめていたことでしょう。

 

最後に一つ。

FA選手獲得の人的保証制度には賛成できません。

補償による移籍で活躍の糸口を掴む選手もいますが、

いつだったかの岩瀬投手のように、プロテクトのさじ加減でいろんな波紋が生じるデメリットの方が大きいのでは。

ここはアメリカの制度を倣って、ドラフトの指名権を譲渡する方が賢明です。

こちらの方が、戦力均衡としての効果が大きく、FAで選手を失う球団側への「補償」として機能すると思います。