三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

けちょんけちょん


スポンサードリンク

今日は、すこぶるひどい下落でした。

軟調な日には指数に勝るというジンクスもどこへやら、

保有株数の多い銘柄が手痛く下落してしまい、なす術がありません。

 

あおぞら銀行 (8304)については、何かが割れてしまった「パリン」という音が。

ただ、僅かばかり慰められるのは、銀行銘柄全体が同じ状態であること。

あおぞら銀行だけじゃないのなら、まあいいか……。

 

ウチヤマホールディングス (6059)が、いつでもナンピンできる水準になっています。

ティア (2485)が、ナンピン心をくすぐる水準になっています。

日本商業開発 (3252)の含み益が、風前の灯になっています。

 

もうすっかり忘れてしまっている、激しい下落トレンドにある時の心の持ちよう。

日経平均TOPIXは共に、明日も大幅下落なら新しいトレンドへ、ということになりそうですので、

急いで何年か前の苦い記憶を引っ張り出しておかないと。

それにしても、甘やかされた「ぬるま湯相場」がずいぶんと続いてきたものです。

 

ざっと見積もってみたところ、SBI証券口座の個別株が含み損に転落したとしても、

松井証券口座のダブルインバースが含み益に転じるのは難しいそうです。

両者のこの交錯を、最低限ヘッジとして拠り所にしたかったのに、なんてこったい。