三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

積水ハウスが第3四半期決算を発表


スポンサードリンク

昨夜のニューヨークは、大暴落からの劇的なV字回復だったようですが、

今日の東京市場も、同じようにV字を描く日中の値動きでした。

ポートフォリオは、その動きに全然ついて行けず。

 

よくみると、JCU (4975)のチャートがひどいことになっているのを発見。

底値での横ばいから、再び年初来安値を更新して沈み始めています。

カタログギフト優待を5,000円にグレードアップさせたいので、

あと400株を買い足すチャンスは欲しいのですが、ナンピンできる程の下落となると非現実的です。

含み益という点では、ありがたい状態ではあるのですが……。

今後の更なる下がり具合によっては、(個人的に)禁断の「ナンピンではない買い増し」も検討するかもしれません。

 

今日は、積水ハウス (1928)の第3四半期決算発表がありました。

予想の修正は無く、通期の純利益予想に対する進捗率は65%ちょっと。

昨年は67%、一昨年は74%、その前は73%ということで、今第3四半期での進捗率は良いとは言えませんが、

67%だった昨年度は、最終的には104%で上振れ着地していました。

今期も、最終四半期での追い込みを期待します。

株価は、ここのところ安値圏でのボックス相場が続いていますが、

来週以降の値動きに関しては、下に抜ける覚悟は必要かと。

 

保有銘柄ではありませんが、武田薬品工業 (4502)が6年来くらいの安値を更新しています。

民主党政権が倒れてアベノミクスが始まって以来の安値ですから、かなりのインパクト。

年間配当はずっと180円で固定していますので、現在の4.63%という利回りは魅力的ではあります。

ただ製薬業界は、ものすごく金額スケールの大きい自転車操業にしか見えず、

長期的な安定感とは対極の存在なので、高配当目当てのポートフォリオにはとても加えられません。

 

買うとすれば、リバウンド狙いのスイングトレードですが、

値がさでもありますし、危険度の高い「落ちるナイフ」という気もしますので、今のところは静観しています。