三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

緊張の中間決算発表へ


スポンサードリンク

今日は200株以上保有している銘柄が総崩れで、得意な筈の軟調地合の中、指数と互角でした。

 

来週からは中間決算発表が始まります。

株価が下落する局面でも、

「業績そのものはいいから割安」という楽観的な論調がまだ目立つ気がしますが、本当にそうなのでしょうか。

 

主力どころでは、キヤノン (7751)、リコーリース (8566)あたりの決算発表は怖くて仕方がありません。

三井物産 (8031)は、好業績は間違いないでしょうが、中間配当の増配が無かった場合の株価急落は不可避でしょうし。

 

あおぞら銀行 (8304)は、1,000株も保有しながら含み損に馴染んでいますが、

明らかに資金を投じ過ぎなのを自覚しているだけに居心地が悪く、早くやれやれ売りでない利益確定をせねばなりません。

買付余力がすっからかんというのも、由々しき問題ですので。

やはり今回の中間決算は重要になりそうです。

確か前回の決算は、可も不可もない内容で急落したような記憶がありますが……。