三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

「むむむ(横山三国志において、登場人物が困惑した際に漏らす特徴的なうめき声)」


スポンサードリンク

狐につままれたような、すさまじい相場環境になってきましたが、フルポジでこの局面を迎えているということで、

本来ならば、浮かれずにはいられないような状態であってもよさそうなものなのですが……。

日経平均には惜敗。TOPIXには完敗。

昨日今日と、TOPIXの方が圧倒的に強いのが印象的です。

ただ、日経平均は年初来高値に迫ってきているのに対して、TOPIXの方はまだまだ距離がありますので、

両者の差は依然として大きい状態です。

 

ポートフィリオでは、JCU (4975)、ニプロ (8086)、

KDDI (9433)という主力どころに逆行安が相次ぎ、いまいち浮かれ切れない状態。

JT (2914)もマイナス圏に沈んでいる時間が長く、最終的にはほぼプラマイゼロで終えました。

 

そんな中で、奮闘してくれたのがあおぞら銀行 (8304)。

今日で4連続陽線となり、一気に4,000円を回復しました。これは結構うれしいです。

水面まではあと1%程度なので、十分射程圏内に。

来週25日に迎える配当権利確定前の含み益転換も期待してしまいますが、

やれやれ売りはしないと決めているので、このまま1,000株分の配当金を頂くことになるのは確実です。

権利落ちに備えて、あと3日間で少しでも貯金を作っておければ、などと考えたりもしてしまいますが、

そもそも、まだ含み損が解消された訳でもないので、とんでもなく甘い皮算用です……。

 

ダブルインバースを主力とするスイング用の松井証券口座は、青い数字を直視できなくなってきました。

今日はマイナス11万円弱。

個別株のSBI証券の方がプラス24万円ちょっとだったので、

ヘッジとしてうまくバランスしていると言えば、そう言えるのかもしれません。

もっとも、前者が含み損状態でなければの話ですが……。

 

松井証券口座では、ウチヤマホールディングス (6059)がぎりぎり含み益に転換したのは、うれしい結果でした。

指数とはほとんど連動しない銘柄なので、この上昇気流を捉えられないことは覚悟していますが、

なんとか値固めをして、常時含み益ゾーンで推移して欲しいと切に願っています。