三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

好決算+好今期予想のチャーム・ケア・コーポレーションが大幅高


スポンサードリンク

昨日、チャーム・ケア・コーポレーション (6062)が本決算発表を行い、

売上高と経常利益は僅かに届かなかったものの、純利益は予想を上回って着地しました。

また、今期については純利益で45%の増益予想です。

更に、配当は昨期の年間5円から7.5円に大幅アップ予想。

配当性向は昨期の実績で11.1%、今期の予想で11.7%と、かなり低く抑えられていますが、

これは継続した成長への投資に回されていると見るも良し、今後の増配余地が大きいと見るも良し。

とにもかくにも、成長性を持続していることを印象付ける、文句の無い発表内容でした。

 

これを受けて、今日の株価はプラス15.35%。

ザラ場の高値からはやや落ちましたが、十分な上昇でした。

 

先週の金曜日に、共に無難な第1四半期決算発表を行っていたJCU (4975)と全国保証 (7164)。

JCU (4975)は、昨日は過剰反応に見えるくらいの大幅高でしたが、

今日は一転して、昨日の騰げ以上に下げる時間がありました。

終値では少し回復しましたが、それでも、昨日の騰げは完全に無かったようなローソクの並びになっています。

更にひどいのは全国保証の方で、昨日の大暴落に続いて今日も陰線で続落。

決算発表を挟んで、4日連続陰線で続落となり、底の見えない急落展開です。

75日線も200日線も派手にぶち抜いてしまったので、下げトレンド入りが濃厚。

これが、典型的な材料出尽くしというやつでしょうか。

 

優待の権利確定後、75日線や200日線で下げ止まってほしかった日本マクドナルドホールディングス (2702)も、

今日の大きめな陰線で完全に200日線をも割り込み、1年以上に渡って持続した信じられない上昇相場の終焉を告げています。

 

あおぞら銀行 (8304)は、昨日から含み損に転落していますが、今日のナンピン注文は約定しませんでした。

ちょうど現在の水準が、ここ1年間の明確な底になっているので、

また跳ね返るのであれば絶好の買い場であり、

ここを割って更に下に転げ落ちるのであれば、我慢のしどころということになります。

どっちが正解なのか、皆目わかりません。

運を天に任せて注文を出すのみです。