三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

明光ネットワークジャパンは何処(いずこ)へ


スポンサードリンク

悲惨な業績を発表してから3営業日目の明光ネットワークジャパン (4668)。

2日目だった先週金曜日は、一旦落ち着いたかとも思える値動きだったのですが、

週が改まった今日は、再び下へと鳴動を始めた大陰線となりました。

 

つい半年前に、底無しの下落地獄だったKDDI (9433)が鮮やかに思い出されます。

KDDIの場合は、落ちるナイフ上等でナンピンをし続け、合計で1,200株まで買い込みましたが、

今回の明光ネットワークジャパンについては、嬉々として買い向かう勇気を持ち合わせていません。

あえなく含み損銘柄に沈没しましたが、ナンピンは一切せず、行く末を見守ります。

 

一方、なんとかナンピンを決行して買値を下げたいのがみちのく銀行 (8350)なのですが、

こちらはまた上昇してしまい、機を逸しました。

虎穴に入らずんば、ということで、慎重になりすぎるのもよろしくないかもしれません。

 

今日は、リコーリース (8566)、DCMホールディングス (3050)、吉野家ホールディングス (9861)といった、

直近で結構下落していた銘柄で、目立つ陽線が立ちました。

果たして、底打ちとなるかどうか。

底打ちならば、それで良し。

再び日経平均と共に下がるなら、それでも良し。

 

現水準での推移では売買できる見込みが薄いこともあって、最近は株価の変動があまり気にならなくなってきました。

局面が大きく動くまで、のんびり待つことにします。