三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

いくらなんでも遅すぎる


スポンサードリンク

アメリカの関税執行で、派手な反応になるかと期待していたのですが、完全に裏をかかれました。

これも「出尽くし」というやつなのでしょうか。

更に悪かったのは、ポートフォリオは相当な逆行だったこと。

主力銘柄の多くが、まさかの逆行安に沈みました。

積水ハウス (1928)、ニプロ (8086)、リコーリース (8566)、キヤノン (7751)、あおぞら銀行 (8304)。

東証1部の8割は値上がりだったので、私のポートフォリオがピンポイントで被弾しているようです。

気分の悪い週末だこと。

 

気を取り直して明日の朝、羽生竜王の直筆品の販売がネットで開始されます。

駒が100万円、掛け軸は20万円、扇子は8万円。

たぶん抽選に近い状況になると思いますが、販売開始の7時7分に扇子に挑戦。

この資金も、将棋会館建設の足しになるのかもしれません。

直筆の価値プラス寄付と思えば、この金額も全然無駄使いではないです。

 

死刑執行のニュース。

判決が確定してから10年以上も経っているようです。

他の裁判で証言させる必要が生じる可能性があるからという言い分のようですが、

これ以上生きる権利無しと認定した人間を10年以上も税金で養うのは無駄遣いも甚だしいです。

 

歴代の法務大臣は、刑執行の署名をするのに随分ともったいをつけますが、

刑が確定しているのに執行を逡巡する理由が理解できません。

仮に私が法務大臣になったとしたら、サービス残業してでも就任初日に全て署名します。