三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

年俸33億円


スポンサードリンク

ボックス相場中の下落フェイズではないかと思しきリコーリース (8566)。

5日連続の陰線で7%ちょっと下落しましたが、その5日間の最後の1日では下ヒゲを引き、

今日は前場のマイナスから切り返して下ヒゲを引いた陽線となりました。

株価的にはもう少し下まで行きそうな感じではありますが、何となくひと段落したような気配でもあります。

この下落期間で含み益が30万円近く減少しましたが、1,000株保有していると短期的な値動きで随分楽しめ(?)ます。

 

今日は、KDDI (9433)やNTTドコモ (9437)が軟調でしたが、通信株への逆風が何かあったのでしょうか。

そういえば、サッカーの大物選手が来日することになったそうですが、その球団の親会社は楽天 (4755)だそうです。

3年契約で、年俸は何と33億円とのこと。

確か野球の楽天イーグルスの方は、球団が親会社の広告塔という位置付けではなくて、

単体での黒字経営を目指していたような気がしますが、

サッカーの方は、巨額な広告費で補填する旧来型経営に回帰したのでしょうか。

記事によると、この選手は真面目で人柄が良いらしいので、

「成績不振プラス素行不良」という詐欺まがいの年俸泥棒になるようなタイプではなさそうです。

ただ、それを差し引いても、もし株主だったらあまりいい気分にはならなさそうなニュースです。

 

改めて楽天のチャートを見てみると、まだ長期の下落トレンドが続いています。

さほど急ではないものの、淡々とした下落で安値更新が延々と続いていくというのは、真綿で首を絞められている感じでしょうか。

株主じゃなくて良かった。