三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

指数は3連敗で、3月権利確定まであと4日


スポンサードリンク

薄商いの中で指数は下落となったものの、意外としぶとい陽線となりました。

もっとずるずる下がるかと期待していたのですが。

 

先週の金曜日に日経レバを売ったのは、今のところ吉と出ています。

この先にしても、騰がりそうな雰囲気には乏しいので、売れるものは売っておいた方が良さそうではあります。

 

みちのく銀行 (8350)は、日毎に赤くなったり青くなったりを繰り返していますが、

優待に目が眩む頬を叩いて、3月の権利を取らずに売るべきかどうか。

ある程度の貯金を作って権利落ちを迎えるというシナリオは、もはや崩れていますので、

選択肢としては、塩漬け上等で今年の優待をもらう、

あるいは、権利確定前に売り、来年以降の優待をもらうために権利落ち後に安く買い戻す、のどちらか。

前者を選択した場合、権利落ちに加えて、もし地合が更に悪化したら、ものすごい含み損になりそうです。

しかも業績も苦しいので、当分回復は見込めなさそう。

などと書いていたら、売った方が絶対得策だという気がしてきました。

猶予はあと4日。

 

ウチヤマホールディングス (6059)は、今日の寄り付きの時点では、

ここ3週間ほど続く一定の下落ペースをきれいに維持しており、淡々と75日線を割り込んでしまいましたが、

結局は下ヒゲを引いて75日線で跳ね返った陽線になりました。

権利落ちという要素が加わってきますが、来週にかけて反騰体勢に転じるかどうか。

仮にまた水面に出た場合、そこでやれやれ売りをするかどうかが再燃してきますが、

そこまで回復したとすれば、これまでの上昇基調を死守したと言えそうですので、やはり我慢のしどころなのだと思います。

現段階では、あくまで「取らぬ狸の……」に過ぎませんが。