三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

積水ハウスが昨期末分、今期予想共に微増配


スポンサードリンク

積水ハウス (1928)が本決算発表を行いました。

直近の第3四半期時点での予想と比較して、純利益でプラス4.1%とわずかに上振れです。

また、去る1月に権利確定した期末配当を38円から40円へ増配し、

今期の予想配当は、昨期の年間77円から79円へ増配となりました。

昨期の期末配当を増配してくれるとは思いませんでしたが、今期の配当予想は希望の80円には届きませんでした。

ただし、昨期末に上乗せしてくれた2円を今期に乗せれば81円になるので、

総じて言えば期待通りの還元だったと言えそうです。

 

そして肝心の今期の予想業績ですが、かろうじて増収増益という数字となりました。

ただし、いずれも1-2%という微々たる幅ですし、

結構な幅の増配を続けてくれた、ここ数年の良い流れからは変調してきた感じです。

明日の株価は皆目わかりませんが、まあ大幅下落と思っておけば安全でしょう。

 

今日の相場は、リコーリース (8566)の大陰線逆行安が響いて、ポートフォリオはマイナスに。

最近のリコーリースは、上下問わず指数に逆行することが多い気がします。

 

ウチヤマホールディングス (6059)がマイナス2.81%で、やや含み損に傾いてきました。

長期的な大相場到来に期待してやれやれ売りを自制したものの、

もしこれで再び塩漬けコースになってしまったら、後悔してもしきれないことになりそうです。

欲張らずに25万円を回収しておけば良かったと。

買付余力がほとんど無くなっている現状なので、尚更です。

 

こちらも握力を強めて頑張っているカワタ (6292)。

高値圏で1ヶ月以上もみ合っていて、下に振れそうな場面でも踏みとどまってきました。

この値固めの後、更にもう一段上放れてくれると嬉しいのですが。