三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

ウチヤマホールディングスの勢いは本物か


スポンサードリンク

指数が下落する日には、各銘柄の現在の強さ(弱さ)がよくわかります。

 

積水ハウス (1928)やJT (2914)は、ザラ場での弱々しい推移を経て、指数以上に下がりましたが、

ウチヤマホールディングス (6059)は、マイナススタートから底堅く盛り返していきました。

結局微マイナスではありましたが、中長期的にはもっと上へ行けそうな力強い感じ。

ややもすると「含み益のあるうちに」と売ってしまいそうになりますが、

3月の権利日が近くなるまでは様子見に徹したいです。

もし権利日通過後に含み損に逆戻りしそうな状態であれば、権利日前に薄利で撤退しておき、

一方で権利落ちに耐えられそうなくらい貯金ができていれば、

今年も配当とお米券をもらった上で、さらなる上昇による一攫「十金」くらいを狙うと。

 

一方で、JTをふらっとナンピンしてしまいました。

もうちょっと慎重に待とうと思っていた筈なのですが……。

買付余力が、いよいよやばいことになってきました。

 

現時点では、まだ少しだけ余裕がありますが、

もしNTTドコモ (9437)が含み損に転落してナンピン可能になった場合には、悩ましい状況になりそうです。

NTTドコモが買えるのであれば、KDDI (9433)を持っている理由は無くなってしまいますので、

それこそKDDI損切りしてでも、乗り換えるべきかもしれません。