三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

まるパクリのテレビ番組


スポンサードリンク

よゐこの「無人島」シリーズが大好きなのですが、

年末特番の続きが放送されるということで、「地球征服するなんて」という番組を先日初めて見ました。

 

無人島」の続きの放送が終わったあとに、別の内容が始まったのですが、

その企画が、以前の他局のものをまるパクリしていたのでびっくりしました。

かなり前になりますが、桜 稲垣早希さんを一躍有名にした「ロケみつ」中の「ブログ旅」そのままの企画です。

 

以前から感じているのですが、テレビの世界では、

他局が成功した例を真似ることをマイナスとは捉えないようです。

それどころか「真似ないのは怠慢だ」くらいに開き直っている節すらあります。

 

「細かすぎて伝わらないモノマネ」によって、ネタの直後に落下する演出の威力が明らかになった後には、

フジテレビが「レッドカーペット」で、横に流れていくという二番煎じを講じました。

確かTBSだったと思いますが、上から鐘が降りてくるという変法もありました。

これらはまるパクリしているという訳ではないですが、

それでも制作側のプライドは無いのかなあと思ってしまいます。

因みに、このネタ後のはけ方は、元祖である「細かすぎて」の圧勝に終わり、

他の二番煎じ案はキレ味が遠く及ばずに淘汰されていきました。

 

「ブログ旅」については、そのヒットの要因は出演者である桜 稲垣早希さんに依るところが大きく、

企画そのものが秀でていた訳ではなかったと思っています。

番組の後半に「ブログ旅」を据えた上で、前半ではいろいろな企画を試していましたが、

結局、2番目のヒット企画は生み出せずに終わっていました。

 

よゐこのお二人にしてもそうですが、特に「笑わせよう」という番組の場合は、

出演者に好感が持てることが絶対的な必要条件だと思います。

いけ好かない人間がどんな行動をしたとしても、笑うことはできませんので。