三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

まだ治らない


スポンサードリンク

甘めに出していた(出した時点では、やや辛めのつもりだった)KDDI (9433)のナンピンが約定してしまいました。

これで1,100株。

冷静に考えれば、ファンダメンタルに関係のない暴落は、バーゲンセール以外の何物でもありません。

保有株では、まだ含み損に転落する新顔が出ていませんが、大いに期待しています。

 

昨日の値動きも、一度日経平均1,600円安を見てしまうと、終わってみれば拍子抜けという感じです。

皆さんが指摘しておられますが、

相当に膨らんだ売買代金、長い下ヒゲ、

そして、日経平均の下ヒゲが200日線の少し上で止まっていることから、

昨日がセリクラではないか、という気もします。

 

もっともっと押していって欲しいというのが本音ですが、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)がストップ安、しかも張り付いたまま引けたというのはびっくりしました。

原油ETFの含み損との相殺も、あえなくマイナス9万円に転落しております。

 

あとは、積水ハウス (1928)。

今回の暴落の直前に、1月の配当権利落ちをきっかけとして既に暴落していたのですが、

ほぼ同じ幅の二段落ちになっていて、さすがに凄惨なチャートになっています。

 

ニューヨークは、現在はややマイナスですか。

今日の東京も、まだ波乱含みのようです。

反省を生かして、今度は本当に辛めにKDDI指値して静養することにします。