三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

14時から急転直下


スポンサードリンク

朝にニューヨークの結果を見た時は、今日も下がるぞと思ってわくわくしたのですが、

前場から後場寄りまでの様子を見て拍子抜けし、

引けてから確認した時には、14時以降の急落にたまげました。

結局のところ、朝の時点での見込み通りになったということですが、紆余曲折があって踊らされました。

 

積水ハウス (1928)は、マイナス1.21%でやばいチャートを維持し、

昨日決算発表のオリックス (8591)も、ここまで売られなくても、と言いたくなるマイナス3.87%。

昨日ストップ高だったカワタ (6292)は、9時半頃に一瞬だけプラス圏に跳ねるスパイクがあったのですが、

結局はマイナス6.87%に沈みました。

今回のストップ高劇場が尻すぼみになってしまうのかどうか、明日以降に注目です。

 

一方で、月曜日の決算発表を受けたエクセディ (7278)は、昨日今日と続伸でした。

こちらはいい形のチャートではありますが、

2日とも陰線で、長いヒゲも上下に伸びているので、不安定で波乱含みな雰囲気が感じられます。

 

今日の救世主だったのは、昨日決算発表だったキヤノン (7751)。

プラス2.50%の逆行高で、引けにかけての暴風雨にも、あまり影響されませんでした。

この反応は意外でしたが、来期の見通しが好感されたということなのでしょう。

 

KDDI (9433)は、第3四半期決算発表と同時に、0.87%分という(ささやかな)自社株買いを発表しました。

第3四半期の純利益はプラス4.1%で、進捗率は86.8%です。

順調だと思いますが、例によって、これだけでは明日の株価は悲観的だと思われます。

自社株買いがどれくらい効くのか次第ですが、厳しいような気も。

もし安値を更新するようなら、1,100株目のナンピンを検討したくなってしまいそうです。

 

あおぞら銀行 (8304)は16時に決算発表。

業績の数字も、第3四半期の配当額も順当といったところなので、明日は急落でしょうか。