三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

決算発表と軟調地合のぶつかり合い


スポンサードリンク

複数の決算発表と、久しぶりの軟調地合が重なった今日。

各銘柄の陰と陽がこれほど分かれるもの珍しい気がします。

 

まずカワタ (6292)が、正午に第3四半期決算発表。

前場から不気味に爆騰げしていて、後場が心配になっていました。

少し前に上方修正があったので、好業績は既に折り込み済みだったと思いますが、

結果はなんと、恐れていた行って来いになるどころか、後場を通してストップ高に張り付き(プラス25.32%)となりました。

期末配当が6円から9円に増配されましたが、それがこれほど材料視されるとも思えず、

狐につままれたような気持ちです。

100株しか保有していませんので、増配分は気持ちだけではありますが、

今後の株価の更なる飛躍を期待させる値動きとなりました。

 

もう一つの陽は、昨日の引け後に決算を発表したエクセディ (7278)。

通期予想を上方修正する好決算でしたが、今日は素直にプラス5.75%となりました。

 

また、今日の引け後に決算を発表したルネサスイーストン (9995)ですが、

何故か、発表前のザラ場でプラス3.98%の大幅高となりました。

通期予想の上方修正はありませんでしたが、第3四半期時点での達成率が107%という怪決算。

情報漏れだったんでしょうか。

 

陽はこの3つで、陰は続々と……。

 

JCU (4975)がマイナス6.79%、

オリックス (8591)がマイナス2.53%、

積水ハウス (1928)がマイナス2.32%、

リコーリース (8566)がマイナス1.73%、などなど。

 

JCUに至っては、その下落幅と出来高を見ると、何か悪材料が出たのかと見紛うレベルです。

積水ハウスは、配当権利落ち後の2日目ですが、

ここ3日間の下落チャートは、まるでgがかかっているような見事な放物線を描いています。

この調子だと、明日は2,000円を切って200日線に到達しそう。

リコーリースも、決算を無事に通過と喜んだのも束の間、結局時間差で下に走ることになりました。

 

キヤノン (7751)は本決算発表を行いました。

前回の第3四半期に上方修正した予想と比べると、売上高はほぼ一致で、営業利益と純利益は微減です。

すっかり忘れていましたが、キヤノンは今期の配当予想を発表しないのでした。

前期の記念配をそのままスライドした年間160円は最低ラインだと、株主は皆思っている筈。

来期業績の予想は、売上高がプラス5.4%、純利益がプラス15.7%。

まあ順当な数字なのではないかと思いますが、

そもそも明日の相場環境が未知数ですので、株価の反応は予想すべくもありません。

 

NTTドコモ (9437)は、通期予想の変更もなく無風だと思われます。

 

オリックス (8591)は、決算短信にクセがあって、

通期業績の「予想」ではなくて「目標」となっていて、売上高などは省いた純利益のみの開示です。

第3四半期までの達成率は85.5%なので、本決算では上振れて着地でしょうか。

 

明日は主力どころで、あおぞら銀行 (8304)とKDDI (9433)が決算発表予定です。

KDDIは、この軟調地合に脆くも飲み込まれて、反騰ムードが消し飛んでいます。

明日の決算発表が起爆剤になってほしいところですが、むしろ逆に転ぶ方が現実味があって怖いです。