三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

積水ハウスの権利落ちは倍返し


スポンサードリンク

今日は、積水ハウス (1928)の配当権利落ち日でしたが、

窓を開けて寄り付いた後にだだ下がりと、なす術がありませんでした。

マイナス3.25%となりましたが、年間の配当利回りが3.62%なので、

その半分と考えると、配当の2倍近く下がっています。

これが一時的なものであれば不平はないのですが、一気に75日線を割り込んでしまったのは嫌な感じです。

先週の金曜日もフライング気味に下がっていたのですが、

今日よりも金曜日の方が出来高がかなり多いというのはどういうことなんでしょう。

 

リコーリース (8566)は、前場まではプラマイゼロ付近でしたが、

こちらは後場から急に下り坂一直線となって、マイナス1.34%でした。

先週木曜日の決算発表以降、ザラ場の値動きが激しくなっている気がします。

 

ここのところ、値動きが一番気になっているKDDI (9433)は、

寄り付きこそ水面から大きく顔を出していましたが、

その後は下落の一途で、マイナスに転落する瞬間まである始末。

すんなり上昇気流には乗ってくれないようです。

 

プラス材料はと言うと、

今日の引け後の16時に決算発表を予定しているエクセディ (7278)が、プラス3.33%と大陽線でした。

いったい誰に弄ばれているのか。

明日の展開は容易に想像できますが……。