三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

リコーリースの第3四半期決算発表、無事に通過


スポンサードリンク

これだけ下げ慣れないと、日経平均マイナス271円でも一瞬どきっとしますが、

チャートを見ると高値圏での横ばいの域を出ていません。

 

昨日、折角力強く水面に出たKDDI (9433)ですが、今日の状況では仕方がありません。

しかしNTTドコモ (9437)は、わずかながら逆行高していましたので、

あわよくばKDDIもと思いましたが、そんなに甘くはありませんでした。

マイナス0.76%というのは日経平均よりはましでしたので、まだ反騰の勢いが持続していると信じつつ。

 

今日は14時にリコーリース (8566)の第3四半期決算発表がありました。

今期の純利益予想は、もともと前期比で微マイナスですが、大体その通りで無風のようです。

しかし、これだけ巷で上方修正々々々々言われていると、

「予想通り」の決算内容では激しく売られるのを覚悟せねばなりません。

結果は、14時直後に瞬間的に上下に激しく振れた後、何もなかったようなチャートに戻りました。

プラスとマイナスの受け止めが交錯した結果、互角だったようで、

まあ悪くはない決算通過劇だったと言って良さそうです。

 

決算発表の本番は来週から。

第3四半期なので、いまいち盛り上がりには欠ける気がしますが、今期の期末配当増配の発表があるかもしれません。

これだけ原油価格が上がっているので、三井物産 (8031)は当然増配してくれる筈……。