三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

信じていいのか 、KDDI


スポンサードリンク

逆行高を演じると、なんとなく本当の底打ちっぽい気がしてくるKDDI (9433)。

めちゃくちゃ力強い右肩上がりのザラ場となり、

手数料の分だけ、画面上ではまだ青字ですが、一気に買値ちょうどまで上昇しました。

まさかこんなに早く回復してくれるとは。

問題は明日以降の動きですが、急騰の今日も出来高は全然膨らまなかったので、

買ったのは機関投資家ではないのかも、という一抹の不安材料は頭をよぎりますが。

 

カワタ (6292)がプラス8.65%でしたが、後場寄りに一旦大きく騰げ幅を縮めた後、

再び高値圏に盛り返すという、力強い日中の動きでした。

474円という低位の買値や、動意付いた後の動きなど、

昨年に時代の寵児となったヤマシンフィルタ (6240)の再来だと、根拠のない期待をしています。

 

ヤマシンフィルタは、497円で200株を持っていたのですが、

動意付く前の2016年3月28日に、まず510円で100株を売ってしまい、

噴火の胎動が始まった直後の2016年10月18日に、626円で残りの100株を手放してしまいました。

そこがまさに大相場の始まりで、その後1年と少しの間に株価はなんと15倍に。

 

カワタは、動意付いてから5ヶ月くらいで3.5倍になっていますが、

ここからもっと上へ駆け上がっていくのか、それとも元の木阿弥になるのか。

今のところは、利益確定する気には全くなっていなくて、静かに推移を見守っています。

 

ポートフォリオと指数との関係性の傾向がだんだん見えてきて、

相場が大幅高の時は、たいてい指数に負けますが、

方向感に乏しい時や、全体が安い時には勝機が出てくるようです。

 

昨日決算発表だった安川電機は、文句無しの好決算だったみたいですが、

それ以上の期待を織り込んだ株価になっていたということで、今日は大幅安でした。

前回の決算発表も同じ轍だったものの、結局は買い戻されて、再び上昇軌道に乗ったそうです。

今回もそうなれば、まだ先高期待が大きい証ですが、

もし戻りが鈍いようならば、相場変調の兆しになるかもしれません。