三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

上放れるか、リコーリース


スポンサードリンク

リコーリース(8566)が、100億円分の社債を発行するというリリースがありました。

原理として株価にどう影響するのかを理解していませんが、

結果はプラス0.63%の逆行高となり、ほっと胸をなでおろしました。

リコーリースのチャートは、ここまで2ヶ月近く絡んできた200日線をやや上放れ、

その上に走る75日線に接してきました。

200日線は、わずかながら上向き。

75日線の方は、ここ2ヶ月の間はかすかな上向きと下向きを繰り返す横ばいですが、現在は下向き。

このまま75日線を上に抜ければ、同時に75日線が上向きになって、楽しみな展開になりそうです。

全ては、来週木曜日の決算発表次第。

 

KDDI (9433)は、マイナス0.27%ながら、ローソク足は2日連続で陽線になりました。

ここら辺りで、いよいよ底を固めているのでしょう(願望)。

日経平均は下がって欲しいが、KDDIは上がって欲しいというジレンマ。

両方同時は無理だけれども、どちらか片方は満たされるというヘッジが効いた状態を是としましょう。

 

オリンピックへの参加という、地政学的見地からはしょうもないとしか形容しようのないことを盾にとられて、

肥満醜男に恐喝されている韓国には、あやうく憐憫すら感じてしまいそうです。

 

前大統領を失脚させた時に、何かとてつもない偉業を成し遂げたかのように狂喜乱舞する国民や、

そういうレベルの国民におもねるために、国際社会において無頼になることすら厭わない政府。

上の方から下々まで、それぞれの立場でもっと研鑽を積むべきだと思います。