三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

気味が悪いほどの軟調さ加減、KDDI


スポンサードリンク

今日は手痛くやられて、日経平均の3倍以上もの下落。

保有銘柄には、日経平均採用銘柄が比較的多い筈ですが……。

 

コメダホールディングス (3543)は、昨日の上げ幅以上に下がり、

イオン (8267)は、決算発表の後で中1日おいてから謎のマイナス3.97%。

 

そして昨日の今日ですが、KDDI (9433)が2,800円を突破して下に抜けてしまいました。

2,780円、そして2,760円の注文まで約定してしまい、とうとう900株ホルダーに。

もうここまで来た以上、3月の権利日までにあと100株買い足して、

優待のグレードが上がる1,000株にするのは決定事項となりました。

という訳で、買付余力がほとんど払底してきています。

この相場状況でフルポジションが視界に入ってくると、なかなかの緊迫感が。

 

幸いながら、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)の含み益 > 原油ETFの含み損

という状態は保てていますので、どうしても買付余力を工面しなくてはいけない時には、

両者を相殺して200万円ちょっとを調達することは可能です。

ただし、金の卵をまだまだ産んでくれそうなチャーム・ケア・コーポレーションを手放すとなると、

それなりに納得出来る使い道でないといけません。

 

3月決算企業の第3四半期決算発表も迫っていますし、KDDIはなんとかそれまでに態勢をたて直せるでしょうか。

反騰してくれとまでは言いませんので、せめて下げ止まって欲しいです。