三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

快調な原油価格は嬉しいけど


スポンサードリンク

今日は優待3銘柄の決算発表がありました。

 

どれも目新しい数字は無かったように思いますが、

イオン (8267)とコメダホールディングス (3543)が好調なのに比べて、

明光ネットワークジャパン (4668)は悲惨な数字が並んでいます。

 

今回は第1四半期の決算でしたが、この見通しを3ヶ月前に発表した際に急落し、

そのままずっと底を這ってきましたので、ここから更に下を見に行く展開は無いと思いたいですが……。

元々、事業内容には食指が動きませんので、厳しい業績もむべなるかなと感じますが、

これでもまだ連続増配を続けていくのでしょうか。

優待が廃止されないことを祈ります。

 

日経平均が61円安なのに、ダブルインバースが2円しか上がってないのが納得しかねますが、

ポートフォリオには逆行高の銘柄がいくつかあり、今日は指数に勝てました。

 

原油がかなり騰がっていますので、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)の含み益のリードが10万円を超えました。

しかし悲しいことに、WTI原油価格は、3年近く前に私が原油ETFを買った時の値段を回復したのに、

現状の原油ETFはマイナス37%の含み損!

凄まじいまでの減価!

 

ダブルインバースについても同じ懸念がありますし、

こちらは配当が出る度の減価も義務付けられていますので、リスクは原油ETF以上かもしれません。

日経平均が2万円を切るような大暴落が早く訪れますように……。