三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

三井物産がリーマンショック以来の高値


スポンサードリンク

今日は薄商いの中、ポートフォリオはほぼ全面安です。

32銘柄中、赤いのは4つのみ。

 

昨日、第3四半期の決算発表を行ったDCMホールディングス (3050)が、マイナス6.45%と売られました。

良くも悪くもなく、特筆することのない数字だったように見えましたが、

激しく売りたたかれてしまいました。

ここ1ヶ月半くらいでかなり騰がっていたことによる利益確定売りのせいか、

ちょうどその騰げ幅がほぼ帳消しになっています。

 

今日の数少ないプラス銘柄の一つが三井物産 (8031)ですが、長期のチャートを見てみたところ、

リーマンショック以降の高値を更新していました。

私が最初に買ったのは2014年6月でしたが、その直後の9月にかなりの高値をつけたという印象が強く残っていました。

ところが、2015年半ばから下落し始め、更に原油価格下落もあいまって低迷期に入ってしまったので、

今度は「株価が全然振るわない保有銘柄」という印象に。

今般の上昇相場でも、そんなに高値になっているという感覚は無かったので、

2014年9月の高値を抜いたというのは意外でした。

 

長期のチャートを見た時に気がついたのですが、リーマンショックの際には、

その直前に高騰していたこともあって、株価が4分の1以下になっていました。

暴風雨時の景気敏感銘柄は恐ろしいです。

 

あとは明日1日となりました。

キヤノン (7751)とKDDI (9433)が反発して、気持ち良く年越しといきたいものです。

 

1月3日に、NHKで将棋の特番が放送されるようです。

ずいぶん前、投了局面から棋士に挑戦する「大逆転将棋」を正月に放送していたのですが、

いつのまにか終了してしまっていました。

将棋がいつになく話題になった年に復活ということでしょうか。

飯野愛さんも出演されるようですので、楽しみです。

もちろん、この番組には欠かせない神吉七段も。