三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

携帯電話銘柄が総崩れで、歳末セールの到来か


スポンサードリンク

NTTドコモ (9437)が、今日もマイナス4.60%と荒れました。

ただ、KDDI (9433)はマイナス6.65%、

ソフトバンク (9984)はマイナス2.39%、

そして楽天 (4755)はマイナス5.49%なので、この中では、まあましな方ですか。

 

あと1回今日くらい下がれば、一気に買値に達しますが、

絶好の買い場にしか見えませんので、一足早いお年玉として、来週早々にでも是非お願いしたいです。

 

いや、よく見ると、株価水準という点ではKDDIの方が狙い目かも。

配当利回りNTTドコモに劣りますが、グルメ品の優待がありますし。

年の瀬の思わぬバーゲンセールに心が躍る、実に久しぶりなこの感じ。

やっぱりたまにはこういう展開がないと駄目で、全体が騰がっていくだけでは面白くありません。

 

一方、ポートフォリオは例によって日経平均の倍近く下がりました。

後場日経平均が一時プラ転した際、

ポートフォリオの損益は全く前場と変わっていなかったので、思わずお茶を吹きそうになりました。

まとまった株数を持っている主要どころの下げがきつかったので、どうしようもありません。

リコーリース (8566)は、トレンドを破って更に下に走りそうな雰囲気になり、戦々恐々です。