三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

一瞬だけ「チャーム・ケア > 原油ETF」達成


スポンサードリンク

今日の場中で、チャーム・ケア・コーポレーション (6062)の含み益が、

原油ETFの含み損の額を上回る瞬間がありました。

一瞬、相殺してすっきりしたいという欲望がかすめましたが、思いとどまりました。

チャーム・ケア・コーポレーションは、もっと上を目指せそうですし、

早売りで生じる損度合がかなり大きくなる可能性があります。

願わくば、常に「チャーム・ケア > 原油ETF」という状態を維持しながら、

更にチャーム・ケア・コーポレーションが上を目指していくというのが理想的です。

しかしながら、特に原油ETFの水準が高値いっぱいいっぱいという感じもしますので、

そこまで望むのは厳しいかもしれません。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の目標株価が2,130円から2,070円に引き下げられたせいで、

ニプロ (8086)がマイナス2.50%と崩れました。

あおぞら銀行 (8304)も、反発からの少し一服(であってほしい)。

リコーリース (8566)は、やや上向きの200日線に4日連続で絡みついていますので、

下げ止まったと見ていいかも、しれません。

 

今日のお昼に、イーブックイニシアティブジャパン (3658)について、

インサイダー取引絡みの不祥事っぽいニュースが流れていました。

同銘柄をずっと塩漬けにしていましたが、今年の3月にめでたく処分しています。

結果的にはド天井で売れたことになっていてラッキーでしたが、

何はともあれ既に無関係の身ですので、「他人の不幸は蜜の味」ということで、どれだけ下がるか楽しみに見てみました。

ところが、僅かに下がってはいるものの、ほとんど影響無しに近い値動き。

改めて、様々なニュースに対する株価の反応は全く予想ができません。

 

性格悪いついでに、今日のRIZAPグループのチャートはなかなか笑えます。

何かあったのでしょうか。

 

昨日から第30期竜王戦の第4局が行われています。

羽生棋聖が勝てば3勝1敗となり王手、渡辺竜王が勝てば連勝で2勝2敗の五分。

どちらが勝つかによって、シリーズの流れは雲泥の差です。

解説を聞くと、現段階では羽生棋聖がややリードしているのではとのこと。

夕方から夜にかけて、勝負の行方に注目です。

 

AbemaTVの中継では、聞き手の一人が飯野愛女流1級。

よく笑い、よく寝る(!)彼女はやっぱりとても魅力的で、最近とみに好きになってきました。