三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

衝撃のずれ!


スポンサードリンク

昨日の9月配当権利落ちを経て、

昨日と今日の株価を日経平均とダブルインバースのグラフにプロットしてみると、

確かに一昨日までの点とは明らかに乖離しています。

 

f:id:santekigon:20170928163345j:plain

 

昨日と今日の株価を用いて、日経平均とダブルインバースの現在の相関を計算してみたのですが……。

ダブルインバースの買値1,879円に対する日経平均は、なんと18,531円!!!

一昨日までの相関では、19,100円近くまで到達している筈でしたので、500円もの減価です。

あくまで二日間だけの株価に基づいた試算であり、その直線は一昨日までの直線と平行になっていないので、

いくらか誤差はありそうですが、それにしても衝撃的な数字。

3月と9月、年に2回もこんな減価に見舞われるとなると、由々しき事態です。

ダブルインバース作戦の今後について、再考が必要になってきました。

どうしたものか。

 

そのダブルインバースの含み損は元気に過去最高を更新し、

その裏では、個別株口座の時価総額も過去最高を更新しました。

ただ、ダブルインバース減価のショックで喜びは吹っ飛びました。

 

今日は気持ち悪いくらいに上昇している銘柄が散見されています。

カワタ (6292)は、ストップ高になって1,000円を超え、一気に2倍株となりました。

後場に突然噴火しましたが、原因は不明です。

電気自動車関連らしく、3週間くらい前から動意付いていました。

ヤマシンフィルタみたいにならないかなと妄想してしまいますが、

100株を5万円弱で購入しただけですので、仮に10倍になっても、利益はたかが知れてはいます。

 

リコーリース (8566)、ニプロ (8086)などは、配当権利落ち分を回復してきました。

願いが通じたのか(!)、あおぞら銀行 (8304)は、権利落ち後の続落で買値が見えてきました。

含み損になるなら、買い向かう所存です。

 

昨日のWTI原油価格が小動きだった原油ETFは、日中に少し揺れましたが、結局高値引け。

あと10円、0.44%の上昇で損切り注文が約定します。

明日はいけるかも。