三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

JCUが通期業績予想を上方修正


スポンサードリンク

今日はJCU (4975)の第1四半期決算発表があり、

通期予想の売上~純利益をそれぞれ4-5%くらい上方修正しました。

決算発表直前だった今日の相場では、マイナス1.56%とまとまった下げでしたが、

この業績に素直に反応して、明日はこれを取り戻してくれるかどうか。

 

昨日、大規模な自社株買いを発表した日産車体 (7222)は今日もプラス2.40%と続伸です。

しかし、いかんせん含み損が大きすぎて(まだマイナス11.23%)、

この流れのまま一気に水面へ、という妄想は現実味がありません。

ちょっとずつ上がっていって、なんとか暴落が来る前に片付けば。

配当利回りも低いので、この銘柄はやれやれ売り上等です。

 

一昨日の決算発表受けて、昨日大幅高だったオリックス (8591)も、プラス1.44%と続伸しました。

これで7月6日の高値を抜き、緩やかながら上値を切り上げる上昇トレンドになったかもしれません。

 

お祭りに入って5日目のサカイ引越センター (9039)は、プラス3.80%でした。

爆騰した高値圏で値固めをするどころか、更に上値を伺っているように見えます。

レイティングの変更もあったそうなので、その影響かもしれません。

中途半端な材料に依った思惑含みの祭りではなくて、

確固たる業績の数字と、今後の業界内での立ち位置について明るい見通しを伴っている祭りなので、

すごいチャートになりそうな期待が高まります。

 

積水ハウス (1928)が、

「分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして」というリリースを出しました。

表題からして不穏な印象だったのですが、その中身は、積水ハウス自身の不祥事という最悪のものではなく、

詐欺のような被害にあって、63億円を騙し取られたとのこと。

このお金が返ってくるかどうかはわかりませんが、通期業績予想の修正はしないそうです。

通期の純利益予想は1280億円で、そのうちの63億円なので5%くらいですか。

積水ハウスの脇が甘かったのかどうかはわかりませんが、

この金額がそのまま損失になったら、結構痛い気がします。

 

日経平均は20,000円前後でずっと横ばいですが、

22,000円とか23,000円とかいう威勢のいい声はほとんど聞かれなくなり、

マイナス材料の話題が多くなってきた気がします。

こういう雰囲気になる前、皆が総楽観状態の時に暴落が来るのだと思っていましたが、当てが外れました。

次の自民党総裁選では、石破総理誕生かという話題も上がっていますが、

もしそうなった場合には、市場の反応はどうなるのでしょうか。

経済政策的にはアベノミクスとは全然違うらしいので、その真価はともかく、まず初動としては売られそうです。