三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

これが「祭り」というやつか


スポンサードリンク

先日来のライザップ祭りを羨ましく横目で見ていましたが、

なんと我がポートフォリオにも「祭り」っぽいと形容できそうな日がやってきました。

 

昨日の業績発表を受けて、

今日は、一時的には、3銘柄が東証1部の値上がり率トップ10に入るという華やかな1日になりました。

最終的には5位、9位、11位です。

 

まず5位はデクセリアルズ (4980)で、プラス13.89%。

こちらは期待通りの跳ね具合で、一時は一気に含み損が無くなって水面に顔を出してしまいました。

65万円くらいを拘束されているので、やれやれ売りしてしまいたいのもやまやまなんですが、

業績の流れを考えると、少し欲張って利益を狙っていってもいいかなという気がします。

とりあえず、月曜日の動きに大注目です。

これが打ち上げ花火に終わることはないと思いますが……。

 

9位は、なんとエクセディ (7278)で、プラス9.15%。

昨日は「無風」の決算内容かと思ったのですが、何故か爆上げでした。

私の理解が浅かったのか、特にこの騰げの理由はないのか、

どちらなのかはわかりませんが、とりあえず嬉しいです。

年初来高値を更新しました。

 

そして11位は、まさかのサカイ引越センター (9039)で、プラス8.75%。

強い動きは継続すると期待はしていましたが、今日も続けて大幅増になるとは。

かなり心が揺れて利益確定してしまいたくなったのですが、

最新のPERを計算してみると、まだ20倍程度だったので、

今期の間はもう少し上を目指せるのではと妄想して、握力を強めました。

初級者の早売りからの脱却を目指して。

 

また今日は、昨日一昨日と連続で大幅下落していたリコーリース (8566)も反発したので、

この分も大きく寄与し、ポートフォリオ全体としての値動きは、まるで日経平均が200円以上も上昇したような雰囲気でした。

これが、たまたま相場の地合が軟調な日と重なったことで、

ポートフォリオの個人的な「祭り」の印象が、より強調される結果となりました。

ここまで指数との差が大きく開いたのは初めてかもしれません。

ポートフォリオ時価総額も過去最高を更新しました。

 

今日は、JPX (8697)とカワタ (6292)の第1四半期決算発表もありました。

共に期初の予想の範囲内だったと思いますが、

カワタは、予想通りとはいえ昨年比でかなり悪い数字だったからか、

昼休み中の発表を受けて、後場は大きく売られてマイナス2.44%と沈みました。

 

ポートフォリオをよく見ると、カワタの他にも、

チャーム・ケア・コーポレーション (6062)がマイナス3.14%、

JCU (4975)がマイナス1.91%、

日本コンセプト (9386)がマイナス1.55%、

きょくとう (2300)がマイナス1.26%、

日産車体 (7222)がマイナス1.81%と、

指数の動きと一致して、1%以上下げているものも多数ありました。

 

実に銘柄ごとの浮き沈みが激しい日となりましたが、

全体の流れ云々というよりは、個別物色中心の相場であることを象徴しているでしょうか。