三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

一年で一番幸せな時期


スポンサードリンク

夏が大好きな私は、梅雨明けした直後のこの時期が一年で一番好きです。

 

陽炎でゆらめくアスファルトも、

そこに夕立が降った後の独特な匂いも、

耳をつんざくようなクマゼミの鳴き声も、

全部うっとりとしてしまう至福の要素。

夕暮れに鳴くヒグラシの声も、郷愁を誘ってまた絶品です。

 

あまりに夏が好きすぎて、季節レベルでの「サザエさん症候群」に毎年見舞われます。

甲子園でのベスト8進出の勝ち名乗り、

ツクツクボウシの鳴き声、

といった秋の気配とともに、かなり憂鬱になるのが常。

 

秋は秋で、夜のコオロギやスズムシ、アオマツムシの大合唱も気持ちが落ち着いて好きなのですが、

これらは、もう秋もだいぶ深まってからの音ですので、その頃には、ある程度落ち着きを取り戻しています。

 

一方でツクツクボウシの声は、夏の後ろ姿と完全にリンクしてしまっていて、

彼らには申し訳ないのですが、鳴き声に対する個人的な印象はすごく悪いです。

 

今の子供は虫捕りなんてしないのでしょうか。

私は小学生時代、虫や魚を追いかけて、公園や森林、池などを駆けずり回っていました。

小学生でいる時代は、中学受験なんかに時間を費やすのはもったいないくらいに、

その時にしかできないことがたくさんあると思います。

この時期に夢中になって集めた情報や知識は、スポンジのように頭に吸い込まれ、そして恒久的に刻み付けられますから。

黄金時代の貴重な時間は、やらされるしょうもない勉強などではなくて、自分の好きなことに費やすべきです。

好きなことといっても、テレビゲームとかでは何の糧にもならないと思いますが……。