三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

キヤノン、第2四半期業績も好調持続!


スポンサードリンク

第1四半期の時点で増配発表なんて、安川電機がうらやましいなあと思っていたら、

来週の正式発表に先駆けて、キヤノン (7751)の業績観測記事が出ました。

 

いきなりの上方修正でスタートした第1四半期の勢いを持続できているようで、

今回も上方修正が期待できるとのこと。

配当に関しては、どんどん増配を期待するというよりは、

今の高水準を安定してキープして欲しいという控えめな気持ちです。

株価の方は、先日の罰金報道で下がった分を完全に回復しました。

こちらも、4,000円を超えてどんどん上を目指して欲しいとまでは欲張らず、

このあたりの水準を維持してくれれば、安心して見ていられます。

 

明光ネットワークジャパン (4668)が、今週の4日間だけで突然10%近く上昇して動意付き、

事実上の上場来高値を更新し続けています。

何も材料は出ていないと思いますが、15分足のチャートを見ると、

4日間とも寄り付きの最初のローソクが巨大な陽線になっていて、いかにも意味深です。

100株しか持っていないので売る訳にはいかず、実益はありません。

 

一方、クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)は、

金曜と火曜で急騰した分を、急速に消しにかかっています。

値固めして欲しいところでしたが、一時の花火になってしまうかもしれません。

 

テイクアウトについて問い合わせていたコメダから、返事がありました。

実際にはテイクアウトは可能で、従業員が勘違いをしてしまったらしいとのこと。

3人で相談していましたし、何をどう勘違いしたのか、狐につままれたような気分ですが、

ちゃんと今後はテイクアウトができるのなら、今回の無駄足くらいは良しとしましょう。

 

因みに、この件の返事メールの文面に誤字脱字がありました。

また先日、ある企業の決算短信を見ていたら、やはり誤字脱字があり、

さらに、WordファイルをPDFファイルに変換した時にありがちな、文字の重なりもありました。

コメダの返事メールはまだしも、決算短信に不注意なミスが出るようでは、

その企業を信頼することはできませんし、株主にもなろうとは思えません。