三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

2年前の夏は、日経平均2万円から一気に……


スポンサードリンク

てっきり活気の無い横ばいの日かと思っていたら、2段階に分けて垂直に騰がる景気のいい日になりました。

しかし、日経平均が20,300円あたりの壁を突き抜けて騰がっていくとも思えないので、

ダブルインバースを買い込むべきは、やはりこのあたりの水準なのかもしれません。

 

日米ともに政権がぐらついてきています。

昨年11月からトランプラリーで激しく騰がってきた時に期待していた要素は、まだ持続しているのでしょうか。

大規模な公共投資とか、大型減税といったキーワードは最近のニュースではとんと耳にしませんが、

たぶんまだ実現はしていないのだと思われます。

全てが絵に描いた餅だったと皆が思い始めれば、株価も11月の水準に巻き戻るのかも。

 

翻って日本。

私が株式投資を始めてから、まだ総理大臣が交代したことがありません。

前回の野田→安倍の交代劇の時は違いましたが、もし今、総理大臣が交代となると株価は下がりそうです。

高すぎて個別株を何にも買えない、ダブルインバースが含み損まみれ、という状況にはいい加減飽きてきましたので、

ここいらで久しぶりに日経平均が18,000円を切るくらいの下落があっても、大いに結構。

 

お盆の最中に激しく下落したのは2年前でしたか。

チャートの形と価格帯は、当時とちょっと似ていますが……。