三太夫の「おれのいうことは正しい」

「株式投資」「将棋」「野球」「動物」をこよなく愛する頑固なひねくれものの世迷言

凪にも飽きたという贅沢


スポンサードリンク

もうかれこれ2ヶ月以上も高値圏での「凪」状態で、最後の下落らしい下落からは3ヶ月になります。

さすがに「時化ってどんな雰囲気だったっけ?」という平和ボケ症状に。

最後に個別銘柄を買ったのは4月17日なので、以来3ヶ月は新規買い無し。

これは過去最長の間隔ではないかと思います。

 

再来週からは、第1四半期決算発表のラッシュに入ります。

通期業績や配当の予想修正はまだほとんどないでしょうが、新年度のスタート具合は気になります。

特に注目はキヤノン (7751)です。

7月27日に中間決算発表がありますが、先日の欧州への罰金の件についてどんな見通しなのか、

そして、第1四半期に続いて通期予想の上方修正があるかどうか。

完全に上目線になってしまっていますが、もちろん下振れる可能性もあるかもしれませんので、

緊張しながら待ちたいと思います。

 

さて、待ちかねていた井上靖の小説「蒼き狼」が手元に届きました。

モンゴル帝国の歴史に対する興味はいや増すばかりです。

チンギス・ハーンに限らず、もっと後までの流れも知りたい。

遊牧民の文化にも興味津々で、モンゴル料理も食べてみたくなっています。

 

キングダムも、もうすぐ最新刊発売だと思いますので楽しみです。

一方、キングダムの末裔の国家に関しては、目に余る言論統制にあきれるほかありません。

分類するとすれば、明らかにブサイク刈り上げくんの国と同じ穴のムジナにしか見えませんが、

そんな国家のくせして先進国を気取ったり、国連安保理常任理事国になっているのですから、とんだ笑い話です。

その国の国民に生まれなくて、ほんとに良かったです。

北方の大国(国土の広さが)も含めると、5つの常任理事国のうち、

非民主主義国が2つも含まれているのは異常というべきではないかと常々思っています。